PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2014]Adobe/Intelブース:355インチの大型LEDスクリーンを使ってAdobe Creative Cloudの最新映像制作を紹介

News

[InterBEE2014]Adobe/Intelブース:355インチの大型LEDスクリーンを使ってAdobe Creative Cloudの最新映像制作を紹介

2014-11-20 掲載

InterBEE2014_adobe_top

Adobe Creative Cloudを使って4K60p映像制作を紹介

同ブースで目を引いたのは、メインステージに設置された横8m、縦4mの4Kに対応した355インチの特大のLEDスクリーンだ。そのデカさと迫力は多くの人の注目を集めていた。そのメインステージでは、10月にアップデートされたAdobe Creative Cloud 2014の最新バージョンのユーザー事例講演が1日15回行われていた。もっとも興味深かったのは佐藤隆之氏と藤本ツトム氏による「インテル最新環境とAdobe Creative Cloudで実現する4K60p映像制作」だ。1秒間に1000コマ撮影できるPhantom Flex 4Kを使って4K60pの映像を短期間で制作するという講演で、インテルの最新環境とアドビのCreative Cloudの存在が大きかったということを紹介していた。

InterBEE2014_adobe_02 Phantom Flex 4Kで撮影された剣道の映像 InterBEE2014_adobe_03

紹介された剣道4Kワークフロー全体像。4Kで1秒間に1000コマ収録できるPhantom Flex 4K、6Kのフォーマットで収録できるRED DRAGON、4K HDの1秒間120コマのハイスピードで収録できるRED EPICの3つのカメラで撮影。この3つの素材を編集したのがAdobe Premiere Pro CC 2014。カラーコレクションにはSpeedGrade CC 2014。VFXと合成にはAfter Effects CC 2014。3D CGに関してはCinema 4D R16を使用。驚いたのはAdobe Premiere ProはネイティブでPhantom Flex 4K、RED DRAGON、RED EPICのRAWデータを混在編集できたとのこと。変換せずに撮ったらすぐにAdobe Premiere Proのタイムラインに並べて編集できたというのが大きかったという。

InterBEE2014_adobe_04 編集とVFXの間でGoPro CineFormという中間コーデックを大活用したとのこと。今回の制作に使用したPCはインテルのDual 10-core Xeon@3.1GHz、DDR4 64GB RAM、インテル製のSSDを使用

製品デモコーナーで強化されたAdobe Creative Cloud 2014を体験

製品デモコーナーでは、Adobe Creative Cloudの新機能の紹介が行われていた。Adobe Premiere Pro CCのアップデートでもっとも大きい機能の追加は、GoPro CineFormと中間コーデックが新しくサポートされたことだ。アップルのProResと同じ立ち位置のもので、ProResはWindowsに対応しないが、GoPro CineFormはWindowsもMacも行き来できる。今後、中間コーデックの主流になりそうだ。

InterBEE2014_adobe_05 新しく追加された「アルファ付きのGoPro CineForm」

今までAfter Effectsに付属するCinema 4D LiteはR14ベースだったが、2014年秋にリリースされたAfter Effects CCに付属のCinema 4D LiteはR16ベースに変更された。R16では、反射の機能が追加されてこれまで以上の質感を表現できるようになった。従来バージョンではカーペイントのような複雑な塗装みたいなものが難しかったが、こういったものも再現できるようになった。また、布をシミュレーションする機能がついて、デニムや絹の質感がシミュレーションできるようになった。

InterBEE2014_adobe_06 これまで再現しにくかった車のラメ塗装のような光沢が再現できるようになった InterBEE2014_adobe_07 布のような表現も再現できるようになった

[ Category : , , ]
[ DATE : 2014-11-20 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

inb2016_adobe_8362_top

[InterBEE2016]Adobeブース:様々なコンテンツ制作に必要な機能を搭載したAdobe Creative CloudとAdobe Marketing Cloudを展示

アドビ システムズは、VRコンテンツ制作の機能強化や保護機能の付加など、VRコンテンツに関する機能を始め、FacebookなどのSNSや動画共有サイトなどへの機能強化、HDRカラー... 続きを読む

interbee2015_adobe_top

[InterBEE2015]Adobeブース:注目の「Adobe Creative Cloud」シリーズ、次期アップデートについても披露

毎年大きなイベントスペースを設け多くの来場者を惹きつけているアドビは、今年もIntelと共同でブースを構えていた。今年は、Ultra MAGIC・Ultra COLOR・Ultra... 続きを読む

NAB2015_Adobe_top

[NAB2015:Adobe]Adobe Creative CloudやAdobe Primetimeのデモを展示。メジャーアップデートも発表

Adobeは毎年ブースの大半を製品のデモ解説を行うスペースに当てており今年も同様なスタイルでブース展開を行っていた。今年は、Adobe Creative Cloud映像制作ツールや... 続きを読む

InterBEE2014_autodesk_top

[InterBEE2014]オートデスク/ビジュアルグラフィックス/エヌジーシーブース:世界レベルのアーティストによるフィニッシングデモやFlame Premiumの実機デモを実施

Flame Award最優秀賞受賞アーティスト、ビーコ・シャラバニ氏のスペシャルセッションを実施 今年のオートデスクブースは、オートデスクの販売代理店のビジュアルグラフィックスと... 続きを読む

InterBEE2014_Avid_top

[InterBEE2014]Avidブース:4Kに対応したMedia ComposerやJaprsとの連携をアピール

新メディアコーデックのDNxHRによって編集機は従来のまま4Kに対応可能 ブース最大の注目は、4Kに対応したMedia Composerの新バージョンだ。デモでは、プロジェクト解... 続きを読む

InterBEE2014_RAID_top

[InterBEE2014]RAIDブース:MoVI M15や4K支援システムSmallHDなど、話題の製品を一挙展示

ソニーPMW-F55での運用も可能なMoVI M15が登場 注目の新製品はFreeflySystemsのMoVI M15だ。MoVI M10はカメラの許容重量が5.44kgだ... 続きを読む

InterBEE2014_TEAC_top

[InterBEE2014]ティアックブース:DR-70DなどのDSLR向け新製品を多数展示

PCMレコーダーは民生機を初めとして様々な製品が市場に出回っている。ステレオマイクを搭載したタイプはCDクオリティを超えた収録が行えるのが当たり前となり、すでにデジタル一眼用など特... 続きを読む

InterBEE2014_OTARITEC_top

[InterBEE2014]オタリテックブース:GENELECのSmart Active Monitorシリーズの新ラインナップを展示

スピーカー、ミキサー、プロセッサーなど様々なオーディオ製品を扱うオタリテックは、新製品としてモニタースピーカーとして定評のあるGENELECのSmart Active Monito... 続きを読む

InterBEE2014_yamaha_top

[InterBEE2014]ヤマハブース:音の入口から出口までをカバーする製品を展示

ヤマハは今年もグループ会社であるSteinbergやNEXOとともに音の入口から出口までをカバーする数々の製品を出展し、ライブサウンドからブロードキャスト、ポストプロダクションに至... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2016 Inter BEE 2016
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2016をレポート。
InterBEE2016の歩き方 InterBEE2016の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2016の歩き方」を紹介。
Photokina2016 Photokina2016
2年に一度催される、世界最大のカメラ関連の展示会“Photokina(フォトキナ)”をレポート。
IBC2016 IBC2016
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2016をレポート。
SIGGRAPH2016 SIGGRAPH2016
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2016ををレポート。
QBEE2016 QBEE2016
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
InfoComm2016 InfoComm2016
イベント系オーディオビジュアル機材+コンテンツ制作関係などの専門総合展示会 InfoComm2016をレポート。
Digital Cinema Bulow III Digital Cinema Bülow V
映画撮影機材の専門展示イベント「Cina Gear Expo 2016」のレポート。デジタルシネマのいまを探っていく。
After Beat NAB SHOW 2016 After Beat NAB SHOW 2016
放送が始まった4Kやそれに伴うHDRなどのトレンドを中心として各メーカーの出展製品をみていく。
NAB2016 NAB2016
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2016 NAB Showをレポート。
SXSW2016 SXSW2016
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2016 CP+2016
カメラと写真の総合展示会、CP+2016をレポート。
Digital Cinema Bülow IV Digital Cinema Bülow IV
パナソニックの新たなシネマカメラ・ラインナップ「VARICAM LT(AU-V35LT1G)」をレポート。
CES2016 CES2016
世界最大の国際家電見本市、2016 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2015 PRONEWS AWARD 2015
2015年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。

トップ > 特集 > [InterBEE2014]Adobe/Intelブース:355インチの大型LEDスクリーンを使ってAdobe Creative Cloudの最新映像制作を紹介