PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2015]EIZOブース:「映像制作に最高のクオリティとパフォーマンスをEIZO×BOXX最強コンビネーション」をテーマにトーワ電機と共同出展

News

[InterBEE2015]EIZOブース:「映像制作に最高のクオリティとパフォーマンスをEIZO×BOXX最強コンビネーション」をテーマにトーワ電機と共同出展

2015-12-02 掲載

interbee2015_eizo_top

EIZOは、米BOXX Technologies社の国内正規代理店であるトーワ電機株式会社と共同で「映像制作に最高のクオリティとパフォーマンスを EIZO×BOXX最強コンビネーション」というテーマで出展。

EIZOは4K表示に対応した広色域モデル「ColorEdge CG318-4K/CG248-4K」と「ColorEdge CG277」、参考出展としてHDR対応モニターを出展したほか、ネットワーク経由で複数のモニターを管理することができる「ColorNavigator Network」といったソリューションなどのデモも行われた。

interbee2015_eizo_0237 参考出展のHDRモニター。放送業界向けにHybrid Log-γ形式のHDR映像をリアルに再現できる開発中のモニターを展示していた(発売時期、価格未定)。意外と奥行があったが、現状はバックライトの冷却のために必要だという。画面の均一性などは画面の複数箇所で細かに制御しており、画面全域にわたって均一な表現が可能となる。発売が楽しみだ

BOXX Technologiesは、NVIDIA Quadro M6000や、CPUに36コア/72スレッド動作のIntel XeonプロセッサーE5-2600 v3を搭載した映像制作業界向けに特化した高性能ワークステーション「APEXX5」や、NVIDIA Quadro M5000を搭載した「APEXX4」シリーズをEIZOのモニターとともに展示。映像制作やCGなどでは高速なCPUとGPUを搭載したマシーンが必須とされており、業界で定評のあるBOXXとの共同出展になったようだ。

interbee2015_eizo_0206 ブース正面には「マルチディバイスのグレーディング色基準に」というタイトルの下に民生用の4K液晶TV、ColorEdge CG318-4K、ソニーの有機ELマスターモニター、NVIDIA Quadro M6000を搭載したBOXX TechnologiesのワークステーションAPEXX5があり、「映像制作に最高のクオリティとパフォーマンスをEIZO×BOXX最強コンビネーション」というテーマを象徴していた interbee2015_eizo_0240 interbee2015_eizo_0241 「ColorNavigator 6」のエミュレーション機能は、テレビやモニターなどの表示をエミュレーション表示することができる。同コーナーにはソニーの業務用有機ELマスターモニターと民生用の4K液晶TVがあり、こうした最終色基準となるデバイスがある制作フローにおいて、その表示をColorEdgeで疑似再現できることの利点をデモしていた

ColorEdge CG318-4Kは、31.1型のIPSパネルを採用しており、DCI 4K(4096×2160)の解像度を持っている。入力は、DCI 4K60pの表示が可能なDisplayPort 1.2×2系統と4K30pまで対応したHDMI×2系統を搭載しており、デジタルシネマに用いられる規格であるDCI-P3をほぼ忠実に再現できるほか、Adobe RGBも99%をカバーしている。放送規格であるRec.709、EBU、SMPTE-Cは100%カバーしているという。特に人の目が敏感に捉えやすいグリーン方向の色領域が広く再現できるようになっていることから、人肌や青空、新緑などの繊細で鮮やかな表現が可能なようだ。

放送系でも4Kによる制作が一般的に行われるようになり、作業を行うPCモニターの表示も今まで以上に注目されるようになってきた。一昔前までは色編集などで使うソフトを搭載しているベクトルモニターなどで管理することが多く、表示色の確認は最終的にマスターモニターで確認するフローだった。PCモニターは単に作業用として使っていて、色などは全く信用していないというわけだ。

ColorEdge CG318-4K/CG248-4Kは、Rec.709、EBUといった色域対応だけでなく、3D-LUTを活用した正確な色表示や画面全体における輝度や色度のムラを極力無くした設計となっており、今までのPCモニターとマスターモニターという作業スタイルから1台のモニターによるシンプルな作業スタイルを実現できる。

モニターの調節というとカラーバーを表示して見た目で調節するのが一般的で、プロープや専用測定器を使った調節を行っているのは、高価なマスターモニターだけという方も少なくないかもしれない。ColorEdge CG318-4K/CG248-4Kはキャリブレーションセンサーを内蔵しており、無償の専用カラーマネージメントソフトウェアColorNavigator 6/NXを使い簡単に高精度なキャリブレーション行うことができるようになっている。

実際に会場ブースで実演していたが、ソフトを起動すると内蔵されているプロープが自動的に画面に出てカラーパッチを読み取って調節するため、使用者は何も行う必要がない。また、こうしたキャリブレーションは定期的に行う必要があるが、これもあらかじめ決めたスケジュールで自動で行うことができるという。

interbee2015_eizo_0226 「ColorEdge CG248-4K」に内蔵されたキャリブレーションセンサー。キャリブレーションを実行すると自動的にカラーパッチが画面に表示される interbee2015_eizo_0228 キャリブレーションの経過は画面に表示されるようになっている

さらに、モニター管理ソリューション「ColorNavigator Network」を使うことで、複数のモニターを遠隔で一括管理でき、定期的なキャリブレーション実行やその結果などを表示してくれる。

interbee2015_eizo_0208 モニター管理ソリューション「ColorNavigator Network」により、複数のモニターを一元管理できる interbee2015_eizo_0217 キャリブレーションを行った日時や経過時間などのログを表示 interbee2015_eizo_0221 個々のモニターのシリアルNo.や使用時間、管理場所などの詳細情報を遠隔で一覧表示 interbee2015_eizo_0223 個々のモニターのキャリブレーション対象となるカラーモードの詳細設定が可能

UHD放送を意識したRec.2020での運用

UHD放送への過渡期にあたる現状では、UHD放送を意識して撮影データを広色域のRec.2020で運用するケースも増えている。このときRec.2020データが、現行放送の色基準Rec.709で放送される場合に、どのように見えるか確認する必要がある。ColorEdge CG318-4K/CG248-4Kには、Rec.709の範囲を超えた部分をグレイアウトしたり、クリップしたりして表示する機能があり、色域外の色の有無や、色変換された場合に違和感がないかどうかを確認することが可能だ。あらかじめこの機能を使ってプレビューすることで、どこをどの程度補正する必要があるかあたりを付けることができるだろう。

interbee2015_eizo_0209 Rec.709色域外警告機能が搭載された「ColorEdge CG318-4K」 interbee2015_eizo_0214 画面右側がRec.709色域外警告を表示をしたところ。この映像ではグローブの赤色の一部分がグレーで表示されているが、ここがRec.709色域を超えた部分 interbee2015_eizo_5971 色域の違いのみならず、最近のカメラはLog記録が可能なものが当たり前となってきているので、カラーグレーグレーディング作業におけるモニタリング環境がますます重要になってくるであろう

[ Category : , , ]
[ DATE : 2015-12-02 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

NAB2016_EIZO_top

[NAB2016:EIZO]これからの4K、HDR制作に欠かせないモニターやソウフトウェアを展示

EIZOブースレポート デジタルシネマにおけるDIはもちろんのこと最近ビデオでもHDR対応が盛んに謳われるようになってきたが、こうした作業を行う上で重要な役割をはたすのが... 続きを読む

CP2016_EIZO_top

[CP+2016]EIZOブース:モニターと写真をかんたん色合わせ!Quick Color Match付属のCS2420を出展

印刷業界ではデジタル化した画像データから最終段階の印刷まで色をきちんと管理して行わなくてはならない。写真業界でもRAWで撮影できるようになったことから印刷業界と同様に色管理が重要に... 続きを読む

interbee2015_adobe_top

[InterBEE2015]Adobeブース:注目の「Adobe Creative Cloud」シリーズ、次期アップデートについても披露

毎年大きなイベントスペースを設け多くの来場者を惹きつけているアドビは、今年もIntelと共同でブースを構えていた。今年は、Ultra MAGIC・Ultra COLOR・Ultra... 続きを読む

interbee2015_ginichi_top

[InterBEE2015]銀一ブース:RODE社製VideoMicro、Boompole Proなどの新規取扱品を展示。Steadicamライナップのデモも開催

銀一ブース 360°全天球動画 写真用品を中心に映画系機材を扱う銀一。特に同社が代理店を務める「Steadicam」はカメラスタビライザーの老舗であり、小型カメラ用から35m... 続きを読む

interbee2015_atomos_top

[InterBEE2015]ATOMOSブース:SHOGUNをほとんど全ての現行カメラで試すことができる多様な展示

多様なカメラに対応するSHOGUN ATOMOSは、例年通り各カメラメーカー新商品とATOMOSレコーダーの組み合わせをずらりと並べ、同社の商品名にちなんだ忍者によるステージショ... 続きを読む

ITB2015_STARCOM_top

[InterBEE2015]スターコミュニケーションズブース:無線HDライブ伝送装置TVUPackの新製品「TVU One」が登場

スターコミュニケーションズでは、「Inter BEE 2015の歩き方.tv」でも使用している無線HDライブ伝送装置TVUPack。今回は、新製品「TVU One」が展示されていた... 続きを読む

ITB2015_GPR_TOP

[InterBEE2015]GoProブース:HERO4 Sessionや360°VRデモを実施

GoProブースでは、この夏に発表した新モデル「GoPro HERO4 Session」を中心に展示。毎年元気なGoProだが、今年はおとなしい展示だった。やはり新しい製品の発表が... 続きを読む

interbee2015_RAID_top

[InterBEE2015]RAIDブース:WEAPON DRAGONやSmallHDなど、カメラからスタビライザーまで幅広い製品群を一挙展示

株式会社RAID(株式会社小輝日文グループ)は、InterBEE直前の11月12日に国内正規販売代理店契約を締結したRED Digital Cinema社のWEAPONをはじめとし... 続きを読む

interbee2015_hibino_top

[InterBEE2015]ヒビノ/ヒビノインターサウンドブース:映像・放送関連機材とプロオーディオの部門に分けて出展

ヒビノは今回、映像・放送関連機材の部門とプロオーディオの部門で並んで別々のブースで出展した。映像・放送関連機材部門では、Gefenなどのビデオ切り替え器などを扱うヒビノインターサウ... 続きを読む

特集記事

QBEE2016 QBEE2016
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
InfoComm2016 InfoComm2016
イベント系オーディオビジュアル機材+コンテンツ制作関係などの専門総合展示会 InfoComm2016をレポート。
Digital Cinema Bulow III Digital Cinema Bülow V
映画撮影機材の専門展示イベント「Cina Gear Expo 2016」のレポート。デジタルシネマのいまを探っていく。
After Beat NAB SHOW 2016 After Beat NAB SHOW 2016
放送が始まった4Kやそれに伴うHDRなどのトレンドを中心として各メーカーの出展製品をみていく。
NAB2016 NAB2016
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2016 NAB Showをレポート。
SXSW2016 SXSW2016
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2016 CP+2016
カメラと写真の総合展示会、CP+2016をレポート。
Digital Cinema Bülow IV Digital Cinema Bülow IV
パナソニックの新たなシネマカメラ・ラインナップ「VARICAM LT(AU-V35LT1G)」をレポート。
CES2016 CES2016
世界最大の国際家電見本市、2016 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2015 PRONEWS AWARD 2015
2015年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2015 Inter BEE 2015
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2015をレポート。
InterBEE2015の歩き方 InterBEE2015の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2015の歩き方」を紹介。
CEATEC2015 CEATEC2015
日本で最大のIT・エレクトロニクス先進技術の展示会 CEATEC JAPAN 2015をレポート。
IBC2015 IBC2015
オランダ・アムステルダムのRAI国際展示場で開催された、欧州最大の国際放送機器展 IBC2015をレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE2015]EIZOブース:「映像制作に最高のクオリティとパフォーマンスをEIZO×BOXX最強コンビネーション」をテーマにトーワ電機と共同出展