PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [Stereoscopic 3D 第3章]Vol.01 3DカメラAG-3DA1とKiProで実現する3D撮影の押さえどころ(撮影編)

News

[Stereoscopic 3D 第3章]Vol.01 3DカメラAG-3DA1とKiProで実現する3D撮影の押さえどころ(撮影編)

2010-08-19 掲載

1 2
株式会社マリモレコーズ 江夏由洋(FILTER KYODAI)

史上初、業務用二眼カメラの登場

marmo0101.jpg
3D撮影の大きな話題のPanasonic AG-3DA1。誰でも「簡単に」3D映像撮影が可能になった。キャリブレーションなしで普段のカメラのように撮影ができる注目の一台

今回は早速AG-3DA1を使って撮影を敢行した!さてこの3DA1はとにかく使い勝手がいいという印象だ。なんといっても2つのHD-SDI出力を左右映像に確保できるというのは、うれしいところ。もちろん内蔵のSDスロットで、LRの映像をAVCHDコーデックでフルHD記録できるのも相当な魅力ではあるが、外部収録機器を用意すればハイエンドワークフローを組むことができる。

marimo2ren.jpg

今回はなるべく「高解像度」な3D映像制作のワークフローを組みたいと考えているため、このHD-SDI出力をAJAのKi Proを2台使って左右の映像を収録することにした。Ki ProはQuickTimeのProRes422で記録できる外部収録機器。SDカードにAVCHDで記録する映像より高画質であるだけでなく、編集作業においてもFinal Cut Proとの親和性が非常に高いためストレスのない環境が実現する。この場合SDカードに収録されるデータはバックアップとして使うことができるので、非常に効率的だ。UDRのような機器で非圧縮記録するのも手だが、Ki Proを使う3D撮影というのはコストパフォーマンスを考えても一番理想的だろう。

キャリブレーション要らずの素晴らしさ~「コンバージェンス」で立体調整

con1.jpg
コンバージェンスポイントより前の被写体はスクリーンの前に表現され、奥の被写体はスクリーンの奥に表現される

筆者は3D撮影を1年以上前から行なっているが、3D撮影において、やっかいで時間がかかるのが「キャリブレーション」作業だ。キャリブレーションとは3D撮影における「視差」と「コンバージェンス」を調整する2台のカメラの位置調整のことだ。物理的に立体視を実現するための大切な作業といえ、3D撮影での重要なポイントだ。視差とは2台のカメラの光軸の距離を言い、コンバージェンスとは2台のカメラの光軸が交差する点までの距離を言う。実際に1時間以上の時間をかけてキャリブレーションを行なうこともあり、撮影のカットごとに行なうとなれば相当な作業量が発生するのだ。そこに登場したのが、この3DA1。二眼一体型で、煩雑なキャリブレーション作業は一切不要という長所を持っている。 3DA1の勝因は、まず「視差」を6cmに固定したところだ。従って撮影で調整するのはコンバージェンスの値のみである。二つの光軸が交わるコンバージェンスポイント上の被写体は再生時にはスクリーン上に現れ、コンバージェンスポイントよりも奥の被写体はスクリーンの奥の表現され、手前の被写体はスクリーンの手前に表現されるようになる仕組みだ。2Dの従来のカメラは、アイリスやズーム、フォーカス、色温度などを調整して撮影していると思うが、それらの値に3DA1に、「コンバージェンス」という新しいパラメーターが加わることなる。

3DA1を使えば、普段の撮影作業に加えて「コンバージェンス」の値を調整するだけでいきなり立体映像の収録を始めることができる。とにかく便利だ。コンバージェンスの値は「C」という記号を使って、C0~C99までの範囲で調節できる仕組みになっていた(検証期間現在)。これに合わせてズームの距離もテレ側からワイド側までZ0~Z99という値が設定されている。このCの値とZの値が3D撮影では肝になるのだ。ズーム距離とコンバージェンスの値の組み合わせで様々な立体感を演出することができる。

3D映像確認のためのモニター

marimo0105.JPG
スタジオ撮影での様子。今回はKi Pro2台そしてモニターを2台用意。アストロデザイン株式会社のWM-3209 -B(8インチ)とSM-3324(24インチ)

3DA1とKi Pro2台があれば、ハイエンドな3D映像収録が可能だ。今回はアストロデザイン株式会社より2台のモニターをご提供いただいた。一台はフィールドでも使えるSDIが2系統使用可能な小型8インチモニターWM-3209-B、もう一台は偏光式の3D視聴ができる24インチモニターSM-3324である。3D制作において収録時のモニター環境を整えることはとても大切で、この2台は多くの要望をかなえてくれるモニターだ。特に8インチモニターは優秀で、左右の映像のベクトルスコープを重ねて表示できるだけでなく、映像のズレを図るための「ピクセル数計測」が可能なピクセルライン表示、あるいはアナグリフ方式による3D表示も可能で2年前から発売されたとは思えないほどの機能の充実が見られるモニターだ。Vマウントのバッテリーで使えるというのも評価が高い理由だろう。一方の24インチモニターは左右SDI信号を受けて、円偏光による3D表示が可能なモニターだ。視野角も比較的広く、操作性も素晴らしい。撮影はスタジオと屋外で行なったが、スタジオでは2台のモニターを使って3D視聴しながら波形を確認した。屋外では小型モニターだけを使用したが、アナグリフによる確認ができるので使い勝手は抜群だった。

marimo0106.JPG marimo0108.JPG
SM-3324(24インチ)は円偏光式の3D視聴ディスプレー。
視野角が比較的に広いため使いやすい
WM-3209-B(8インチ)も3D撮影現場では活躍が期待される。アナグリフ表示もでき、Vマウントもいけるのでフィールドでは重宝する。波形の確認で左右の画をそろえるのに必要

1 2

[ Category : ]
[ DATE : 2010-08-19 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

NAB2016_AJA_top

[NAB2016:AJA]カメラやIP関連機器、デベロッパー向け製品展開による新時代到来

AJAプレスカンファレンス動画 AJAブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC... 続きを読む

nab2016_press_AJA

[NAB2016]AJAプレスカンファレンス(動画)

NAB2016のAJAプレスカンファレンス動画です。 ... 続きを読む

CP2016_AJA_top

[CP+2016]AJAブース:4K対応のミニコンバーターやカメラを展示

同社はミニコンバーターのメーカーとして定評があり、数々の製品をラインナップしており、小型ビデオカメラやデジタル一眼などを使った撮影現場では必需品といえる。HD収録が始まった頃からモ... 続きを読む

interbee2015_AJA_top

[InterBEE2015]AJAブース:4K/UltraHD/2K/HDビデオレコーダー兼プレイヤー「Ki Pro Ultra」を新製品として発表

アスクは、AJA製品とともに今年はディストームと共同で出展。ライブストリーミング放送システムTriCasterシリーズのほか、Skype TXテクノロジー搭載のテレビ中継システム「... 続きを読む

nab2015_AJA_press_movie

[NAB2015]AJAプレスカンファレンス(動画)

NAB2015のAJAプレスカンファレンス動画です。 ... 続きを読む

NAB2015_AJA_top

[NAB2015:AJA]CIONのファームウェアアップデートや4K対応のミニコンバーターを発表・展示

AJAプレスカンファレンス動画 AJAブースレポート AJAは昨年出荷を開始したカメラCIONの最新ファームウェアバージョンや、HD-SDI×4からSTファイバー、... 続きを読む

cp2015_AJA_top

[CP+2015]AJAブース:CIONやKi Pro Quad、ミニコンバーターなどを展示

AJAは同社初のカメラ「CION」や、業界でいち早く4Kに対応したデジタルビデオレコーダーKi Pro Quad、業界定番ともいえる各種ミニコンバーターシリーズを展示。 CI... 続きを読む

inter bee-2014-aja-01

[InterBEE2014]AJAブース:4Kプロダクションカメラ 「CION」が待望の国内初展示

4K収録は ProRes 444やProRes 422に対応、AJA RAWの出力も可能 CIONについて話を聞かせて頂いたAJA Video Systemsのプロダクトマー... 続きを読む

[NAB2014]AJAプレスカンファレンス(動画)

NAB2014のAJAプレスカンファレンス動画です。 ... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2016 Inter BEE 2016
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2016をレポート。
InterBEE2016の歩き方 InterBEE2016の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2016の歩き方」を紹介。
Photokina2016 Photokina2016
2年に一度催される、世界最大のカメラ関連の展示会“Photokina(フォトキナ)”をレポート。
IBC2016 IBC2016
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2016をレポート。
SIGGRAPH2016 SIGGRAPH2016
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2016ををレポート。
QBEE2016 QBEE2016
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
InfoComm2016 InfoComm2016
イベント系オーディオビジュアル機材+コンテンツ制作関係などの専門総合展示会 InfoComm2016をレポート。
Digital Cinema Bulow III Digital Cinema Bülow V
映画撮影機材の専門展示イベント「Cina Gear Expo 2016」のレポート。デジタルシネマのいまを探っていく。
After Beat NAB SHOW 2016 After Beat NAB SHOW 2016
放送が始まった4Kやそれに伴うHDRなどのトレンドを中心として各メーカーの出展製品をみていく。
NAB2016 NAB2016
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2016 NAB Showをレポート。
SXSW2016 SXSW2016
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2016 CP+2016
カメラと写真の総合展示会、CP+2016をレポート。
Digital Cinema Bülow IV Digital Cinema Bülow IV
パナソニックの新たなシネマカメラ・ラインナップ「VARICAM LT(AU-V35LT1G)」をレポート。
CES2016 CES2016
世界最大の国際家電見本市、2016 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2015 PRONEWS AWARD 2015
2015年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。

トップ > 特集 > [Stereoscopic 3D 第3章]Vol.01 3DカメラAG-3DA1とKiProで実現する3D撮影の押さえどころ(撮影編)