PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [CP+2017]平和精機工業ブース:デジタル一眼と望遠レンズを組み合わせた展示。HFMPのタッチアンドトライコーナーも

News

[CP+2017]平和精機工業ブース:デジタル一眼と望遠レンズを組み合わせた展示。HFMPのタッチアンドトライコーナーも

2017-03-02 掲載

以前は写真用の三脚も手掛けていた同社だが、ビデオ用の三脚に力を入れ始め、現在ではビデオ業界でLibecのブランド名を知らない人はいないほどだ。最近は三脚を中心にスライダーやビデオ用の一脚なども開発しており、ヘッドや三脚と有機的にシステムアップできる製品を開発している。

従来三脚メーカーとスライダーなどの開発メーカーは異なっていることが多かったが、そうした周辺機材もシステムとして設計することで、操作をする上での一体感が実現でき、スムーズな移動撮影を可能としている。同社が得意とする小型ビデオカメラ用のこうした製品はデジタル一眼による動画撮影にも適しており、そうした用途としてすでに多くのユーザーが存在するが、スチル撮影にも適した特徴も備えている。

写真用の三脚ではカウンターバランスやドラッグが装備されていないのが普通で、望遠レンズなどを装着した撮影のときには重量バランスをとることができない。サッカーのように常に被写体を追いかけるような撮影の場合は、ビデオ用の三脚のような機能は必要ないかもしれないが、ビデオ用の三脚のように水平が取れるようになっていたり、カウンターバランスが装備されていた方が一般的な撮影には適しているのではないだろうか。

また、最近のデジタル一眼はライブビュー機能により背面のLCDモニターで映像の確認が行えるようになっているし、もっと大きな画面の外部モニターを接続することもできるようになっている。そこにはファインダーにはない利点もあり、一眼レフカメラによる撮影スタイルも変わりつつあるといえよう。そうした啓蒙の意味もあって、ブースにはデジタル一眼に望遠レンズという組み合わせにより、タッチアンドトライができるようになっていた。

デジタル一眼に望遠レンズという組み合わせで、写真ユーザーにビデオ用三脚の魅力をアピールしていた ALX Sスライダーは水平垂直、斜め移動の撮影に最適。静止画も動画も両方撮影するユーザーは重宝するだろう 自立できる一脚HFMP。根元のロックを足で操作することで自由に角度調節や回転をすることができる HFMP用に用意されたヘッドTH-X。デュアルヘッド仕様のヘッドになっており、65mmボール径の三脚やフラットベース三脚、スライダーやスケータードリー等に取り付けて使用することができる

平和精機工業ブース 360°全天球動画

RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

[ Category : , ]
[ DATE : 2017-03-02 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CP+2017]プロ向け動画エリア:デジタルシネマ系カメラやオーディオ製品など、各社ビデオ製品を展示

プロ向け動画エリアに変動アリ デジタル一眼による動画撮影が盛んになった数年前、CP+2013会場では初の試みとして「プロ向け動画エリア」を新設し、DSLRムービーはもちろん、... 続きを読む

[CP+2017]Manfrottoブース:三脚やLEDライト、バッグなどを中心に、取扱いブランド製品も多数展示

マンフロットは、写真用三脚やビデオ用三脚のほか、LEDライト、バッグなど写真関係の機材を中心に、同社のもつGITZOやAvenger、Colorama、Lastoliteなどのブラ... 続きを読む

[CP+2017]Adobeブース:フォトグラファー向けツールLightroomやPhotoshopを展示

カメラがデジタル化され、カメラマンもフィルムからデジタルへ移行して久しいが、そうした業界でPhotoshopは一般に使われており、無くてはならないツールとなっている。CP+には毎年... 続きを読む

[CP+2017]銀一ブース:Really Right Stuff製品を国内初公開!ATOMOSレコーダーも各社カメラと組み合わせて展示

銀一は国内外の各種映像機材販売およびレンタルのほか、撮影スタジオ設計・施工、撮影、DTPシステムの販売など幅広く手掛けているが、同社のオリジナル輸入商品以外を取り扱うコーナーとして... 続きを読む

[CP+2017]ケンコー・トキナーブース:カメラ、レンズ、三脚などスチル製品が勢揃い

カメラやレンズのほか三脚やフィルターなど各種写真用品を総合的に扱っているケンコー/トキナーは今年も数多くの新製品を出展した。また、主にプロフェッショナル向けの商品を扱う関連会社KP... 続きを読む

[CP+2017]コシナ/カールツァイスブース:Milvus、Otusやデジタルシネマカメラ用レンズも出展

コシナは、同社が扱うCarl ZeissおよびVoigtländerブランドをブース左右対称にしたコーナーに分け、各種レンズの新製品を出展した。Voigtländerブランドでは参... 続きを読む

[CP+2017]ソニーブース:α6500やα99 II、Gレンズ新製品を展示

ソニーはカメラなどの製品だけでなく、こうした機器に不可欠なCMOSセンサーの有力メーカーの一つとなっているが、昨年初めに発生した熊本地震により、同社のデジタルカメラや監視カメラ向け... 続きを読む

[CP+2017]DJIブース:ハッセルブラッド製カメラH6D-100cを搭載したDJI MATRICE600など革新的な展示

CP+でドローンメーカー唯一の参加となったDJI。といっても現在ではジンバル・スタビライザーRONINや手持ちジンバルOsmo、そして独自に開発されたZenmuseシリーズのカメラ... 続きを読む

[CP+2017]リコーブース:360°動画の火付け役「THETA」の新シリーズが登場。ペンタックスやレンズなどの新製品も展示

ワンショットで全天球イメージを撮影できる360°キャプチャーカメラRICOH THETA SCや、新型APS-Cサイズセンサーを搭載したミドルクラスのデジタル一眼レフカメラペンタッ... 続きを読む

特集記事

SXSW2017 SXSW2017
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2017 CP+2017
カメラと写真の総合展示会、CP+2017をレポート。
CES2017 CES2017
世界最大の国際家電見本市、2017 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2016 PRONEWS AWARD 2016
2016年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2016 Inter BEE 2016
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2016をレポート。
InterBEE2016の歩き方 InterBEE2016の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2016の歩き方」を紹介。
Photokina2016 Photokina2016
2年に一度催される、世界最大のカメラ関連の展示会“Photokina(フォトキナ)”をレポート。
IBC2016 IBC2016
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2016をレポート。
SIGGRAPH2016 SIGGRAPH2016
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2016ををレポート。
QBEE2016 QBEE2016
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
InfoComm2016 InfoComm2016
イベント系オーディオビジュアル機材+コンテンツ制作関係などの専門総合展示会 InfoComm2016をレポート。
Digital Cinema Bulow III Digital Cinema Bülow V
映画撮影機材の専門展示イベント「Cina Gear Expo 2016」のレポート。デジタルシネマのいまを探っていく。
After Beat NAB SHOW 2016 After Beat NAB SHOW 2016
放送が始まった4Kやそれに伴うHDRなどのトレンドを中心として各メーカーの出展製品をみていく。
NAB2016 NAB2016
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2016 NAB Showをレポート。
SXSW2016 SXSW2016
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。

トップ > 特集 > [CP+2017]平和精機工業ブース:デジタル一眼と望遠レンズを組み合わせた展示。HFMPのタッチアンドトライコーナーも