PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 江夏由洋 > [DigitalGang!]Shoot.24 待望の4Kデジタルシネマカメラ「SONY PXW-FS7」登場。4K/60pの圧倒的な実力

News

[DigitalGang!]Shoot.24 待望の4Kデジタルシネマカメラ「SONY PXW-FS7」登場。4K/60pの圧倒的な実力

2014-09-12 掲載

newDG_top

遂にSONYから登場、4Kの本命カメラ

DG_vol24_01_1

このタイミングでこの記事を執筆できるとは非常に光栄だ。本日9月12日付でSONYから新しい4Kのカメラが発表になった。それが「PXW-FS7」だ。このカメラに込められたデザイン、UI、スペック、価格、すべてが次世代の規格で、これからの4K制作においてメインストリームを担うカメラになるといっていいだろう。今回、PXW-FS7のサンプルフッテージを制作する機会があり、テスト版の実機で撮影を行ったのだが、その描写力・使用感は「素晴らしい」の一言に尽きる、というのが実感だ。

DG_vol24_01_2 DG_vol24_01_3 カメラの外観。筐体は小さく、重さも2kgちょっとだ。美しいデザインに高機能が詰まっている http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2014/09/DG_vol24_02.jpg 撮影からの切り抜き(4K)。解像感といい、質感といい、息を飲むばかりだ
※画像をクリックすると拡大します

2012年にSONYからPMW-F55が発表になったときは、4K時代の幕開けを感じた。デジタルシネマの撮影をターゲットにしつつ、60pのフレームレートや4Kのライブ出力といった「4K放送」という次世代のテレビが求める規格を持っていたからだ。正に4K市場のすべてを視野に入れた一台であると誰もが感じたのではないだろうか。大判センサーがこれからのカメラのスタンダードになるという予想が形になったと瞬間でもあったといえよう。

DG_vol24_03 4Kの時代を切り開いたPMW-F55。シネマだけでなく放送という分野でも活躍している

しかしF55は、その価格やPLマウントの規格を見ると誰もが使えるカメラとは言い難い。それなりの予算が見込める現場だけでなく、カメラマンにも操作の慣れが求められる一台だ。システムがそれなりに大きくなることと、捉える映像があまりにも美しいがゆえに、F55がハイエンドに位置づけされてしまったことは逆に少々残念なことでもあった。正直4Kの撮影をもっと身近に求める声も相当あったのではないだろうか。

満載のスペックに期待が高まる

あれから約2年の月日を経て、待望の4Kカメラが発表になった。それが今回のPXW-FS7である。本体の価格は100万円を切る設定で、汎用のEマウントを採用したスーパー35mm相当のセンサーを搭載。基準感度をISO2000とした高感度センサーで、なんとS-LOG3のLOGガンマで撮影を行える。一番の注目機能は4K/60pの撮影を本体内蔵のXQDカードにXAVCで行えるということだ。スロットは2基用意されており、リレー記録などにも対応している。現時点では4KはUltraHD(3840×2160)のみの収録ではあるが、来年早々にはDCI4K(4096×2160)の記録にもファームアップで対応する予定だそうだ。

DG_vol24_04 4K/60pの撮影がXAVCで可能 http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2014/09/DG_vol24_05.jpg S-Log3での切り抜き。14Stopのダイナミックレンジを実現

NEX-FS700では8秒間のHD/240pの撮影が行えたが、今回はHD/180pの記録を無制限に行えるようになっている。HDも同様にXAVCで収録が行えるのだが、ハイスピードを狙う以外は殆どの場合4Kで撮影することになるだろう。今回の撮影は全て4K/60pで収録を行い、24pタイムラインでのハイスピード再生(2.5倍のスロー)で演出をした。

DG_vol24_06 HDで秒間180コマの撮影を無制限にできるというもの素晴らしい。ハイスピード機としても活躍が望まれる

筐体の機能的なデザインとハンドグリップに注目

DG_vol24_07 丸みを帯びたデザインは肩や胸でホールドしやすくなっている

まずカメラの第一印象として、何よりも筐体のデザインに評価が集まるのではないだろうか。丸みを帯びたリアの形状は非常に使いやすい。完全にバッテリーが本体内に収まる形になっており、丸みの形が肩や胸に当ててホールドするのに抜群で、安定した手持ちの撮影を行える。重さもレンズのない状態で2Kgちょっとと、非常に軽い。操作パネルは左側面に集中しており、大体の操作は従来のカメラと同じだ。

また音声入力となる2系統のXLR端子や、SDIとHDMIといった映像の出力端子も右側面にカメラと並行してつけられ、ケーブリングのとり回しが楽に行えるのも嬉しい。ちなみに4KはHDMIのみ対応しおり、2基のSDIはHDのダウンコン出力となる。SDIにはLUTをかけて出力させる機能も搭載されており、現場でのシステム構築ではいろいろな選択肢を与えてくれるだろう。

DG_vol24_08

今回デフォルトで同梱されるハンドグリップも特別に良さを感じた。カメラ右前の菊座に取り付けられるハンドグリップは様々な角度でオペレーションを可能にしてくれる。グリップは「人間工学」に基づいたデザインを踏襲しており、最高のにぎり心地だ。特にショルダーにカメラを載せた際に、丁度いい塩梅で筐体をホールドできるため、おそらくリグなどの周辺機器を使わずしてハンディ撮影に挑めることになるだろう。

DG_vol24_09_01

ハンドグリップにはRECボタンはもちろんのこと、アサイン可能なダイヤルやボタン、十字キーなどが搭載されており創造を超えたスタイルでカメラワークをデザインできる。今回の撮影ではグリップはほぼつけっぱなしで、70-200mmのような長いレンズを付けた状態でも安定したショルダースタイルでの収録が行えた。ジョグダイアルには絞りのコントロールをアサインし、アサインボタンには拡大フォーカスの機能を登録させ、驚きのフットワークで4Kのワンマンオペレーションが可能になった。

DG_vol24_09_02 注目のハンドグリップ。FS7の代名詞にもなる最高のグリップだ。驚きの機動力を実現する

ちなみに同梱されるLCD液晶モニターも視認性が非常に高い。3.5インチの大きさに QHD(960×540)約156万画素の解像度を持っている。自由にアングルを変えられるフレキシブルアームスタイルで、カメラマンのホールドの位置によって、ハイアングルからローアングルまで、さまざまな角度でモニタリングが可能である。さらにEVFキットを取り付ければEVFとしても使えるため、その自由度は多彩だ。ゼブラやピーキングのアサインボタンも真横に用意され、おそらく誰もが満足する仕様であると言っていいだろう。

DG_vol24_10 モニターの視認性も高い。フレキシブルアームでいろいろな角度に調整可能

使い勝手の良いEマウントで快適レンズ運用

DG_vol24_11 スーパー35mmのEマウントは汎用性抜群

Eマウントも非常に使い勝手がいい。今回はαレンズやPLレンズも使用したため、あらゆるマウント変換を行った。Eマウントはフランジバックが18mmという短さなので、いろいろなマウントを使うことができる。撮影ではE 10-18mm F4 OSS(E-mount)、Sonnar T* E 24mm F1.8 ZA(E-mount)、50mm F1.4(A-mount)、Planar T* 85mm F1.4 ZA(A-mount)、70-200mm F2.8 G SSM II(A-mount)、Sony CineAlta PL Lens 35mm(PL-mount)の6本を使用した。スーパー35mm相当なので、そのあたりの汎用性はFS700と全く同様で、MatabonesのSpeedboosterなど使ったEFレンズでの運用なども実用的かもしれない。またNDフィルターもClear、1/4、1/16、1/64と搭載しており、快適なレンズワークが保障されている。

DG_vol24_12 NDフィルターのつまみは非常に調整しやすい仕組みだ。最高で1/64まで減光できる

Cinema EIモードで撮影

LOGの撮影に関してだが、FS7はSLOG3のS-Gamut3.cineという最新のカラースペースを使うことができるのだ。このS-Gamut3.cineはREC.709の色域をそのまま大きくしたような形になっており、REC.709に大変合わせやすいといわれている。グレーディングの作業も考えると非常に使いやすいため、今回はこのカラースペースを使って撮影をした。

DG_vol24_13 Cinema EIモードを使えばS-Gamut3.Cineを選べる。Rec.709と似た三角形の色域だ

FS7でS-Gamut3.cineを使いたいときは「Cinema EIモード」を使用することになるのだが、その際の色温度は3200K、4300K、5500Kの3つからしか選べないことに加え、収録は全てISO2000に固定される。ISOのつまみで値を変えると、疑似的にモニター上でEIモードのイミューレーションが施される。その際はポストプロダクションで増感や減感といった補正を行う必要がある。特にノイズが出るとされる増感の際は注意が必要で、EIモードでのモニタリングは慎重に行うべきであろう。

http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2014/09/DG_vol24_14_01.jpg http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2014/09/DG_vol24_14_02.jpg
ノーライトで撮影したシーン。ISO2000から3200EIに増感した2枚の比較。少しノイズが多くでるため、モニタリングは慎重に
※画像をクリックすると拡大します

実際に室内の撮影で、3200 EIという増感での撮影を行ったが、多少のノイズは見られたものの気になるほどではなく、ポストプロダクションでのノイズリダクションで調整できる範囲だ。基準感度ISO2000という高感度センサーを搭載しただけあって、暗部におけるパフォーマンスには目を見張るものがある。ちなみに従来のように、自由に色温度を変えたり、ISOを物理的に変えたりした撮影を行う場合は、カスタムモードを選べばよい。その際はSlog3、S-Gamut3.というカラースペースでの撮影になる。

高価なXQDカードを採用~64GBで4万円弱

DG_vol24_15 XQDスロットは2基。リレー記録に対応

FS7で採用されたメディアはS×Sカードではなく、XQDカードである。4KのXAVCのビットレートは60pで大体600Mbpsという軽さなため、64GBのXQDカードに約13分程度の収録を行える。XQDのスロットはリレー記録に対応した2基あるので、長回しする際は上手にスワッピングをするといいだろう。まだXQDカード自体の価格が高いため、このあたりは少々我慢することになるのだが、64GBで4万円弱というのが実勢価格のようだ。60pで撮影するとなるとメディア代だけで20万円ほどの出費となる。ちょうど本日128GBの容量をもつXQDカードのGシリーズ(読み出しスピードが約2倍になった)も発表になり、需要の拡大が見込まれるメディアであることは間違いないだろう。

4KのモニタリングはHDMIで~外部収録という選択肢もあり

撮影時のモニター出力はHDや4Kをケースバイケースで選択した。特にフィールドでの撮影ではSDI経由でのHDモニタリングを行い、室内やスタジオでの撮影はHDMI経由で4Kモニターに繋いだ。HDMIは実質10m程度までしか1本のケーブルでは伸ばせないため、SDIに比べ少々不便を感じる点もあるが、逆に1本で4Kを引き回せるのは利点でもある。24pで撮影する場合は10bitの4K非圧縮が、30p以上では8bitの非圧縮が4Kで出力されるため、XAVC以外での外部収録も視野に入れることが可能だ。

DG_vol24_16 現場ではPVM-X300を使って4Kモニタリングを行った

ちなみにショルダーマウントを更に強化できる拡張ユニット「XDCA-FS7」(2014年11月発売予定 250,000円+税)もオプションとして発売を予定している。これは電源ユニットとして活用できるように設計されており、Vマウント式のバッテリーを使ってカメラに給電できる仕組みになっている。また内部にはApple QuickTime ProRes422コーデックによるエンコードユニットも搭載しており、これを使うとHDの場合のみProRes422を収録コーデックとして選ぶことができるようになるそうだ。SONYのカメラでProResが使える時代になるとはちょっと嬉しいことだ。

DG_vol24_17_01 12月に発売予定のXDCA-FS7。Vマウント式のバッテリーも使用ができるほか、ProRes収録もHDで行える様になる

また既存の4KRAWレコーダーのAXS-R5をHXR-IFR5を使ってつなげることも可能だ。これはFS700と同様の仕様となっている。ちなみに内部バッテリーはEXカムと同じSONY BPシリーズを採用しており、今回はSONY BP-U60を使ったが丸一日の撮影において2本で十分に足りた。4Kであっても電源効率の良さは抜群である。

AdobeのCreative Cloudを使った快適XAVC4Kワークフロー

http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2014/09/DG_vol24_18b.jpg
SONY「テクニカルナレッジ」

そして更に驚いたのはポストプロダクションでのXAVCの扱いやすさだ。6月に新しくなったAdobe Premiere Pro CC 2014を使って4K/60pの編集を行ったのだが、さすがにフル解像度におけるプレイバックはできなかったものの、解像度を落としての再生には問題はなく、ストレスのない編集を行えた。今回はSONYがオフィシャルにリリースしているS-Gamut3.cineからREC.709のLUTを使用してカラーグレーディングを行った。SONYの「テクニカルナレッジ」内のサイトで4種類のLOOK Profileがダウンロード可能だ。


今までのREC.709変換だと、あまりにもコントラストが強くなりすぎてしまうケースなどがあったが、彩度の変換をメインにしたProfileなどもあるためインプットLUTとしては非常に使いやすいシリーズとなっている。用途に合わせていろいろと使ってほしい。

http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2014/09/DG_vol24_19.jpg After Effectsでの編集の様子。XAVCの4KワークフローはAdobeが鉄板だ

Premiere Proで3DLUTを使う場合は「Lumetri」エフェクトをかけるといい。After Effectsの場合は「カラーLUTを適用」というエフェクトで問題はない。もちろんBlackmagic DesignのDaVinci Resolveであれば、どのLUTでも一発で適用できる。基本的にはトーンカーブで色を調整したXAVCからの各種レンダリングも、予想以上に速くAdobeを使った4Kワークフローは非常に快適に行える。ネイティブで4Kがガンガン編集できる点では、ワークフローとしてはHDの場合とさほど変わらないと言っていい。ここでは詳細は割愛するが、Adobeはいろいろな意味で超効率的な作業を実現してくれるため、本当にありがたい。

総括〜「機動力」の高いカメラで実現される撮影

撮影を終えて、とにかく素晴らしいカメラがまた登場した、と心底感じている。4K/60pという規格はあらゆる4Kの現場で必要とされるもので、このような「機動力」の高いカメラで実現されることは大変うれしい限りだ。ワンマンでも十分にオペレートできる仕様であるだけでなく、このカメラが捉える4Kの描写能力には感動すら覚えた。10月には発売になるということだが、おそらくこのFS7こそが4Kのデファクトスタンダードのカメラになるに違いないだろう。多くの人がこのカメラで4Kのプロダクションに挑むことになると思うと、その無限の可能性に期待したい。

今回制作した作品については、準備が整い次第SONYのサイトで公開される予定である。是非その際はご覧いただきたい。また、10/8、9に銀座ソニービルにて本モデルのタッチ&トライイベントが開催されることがソニーのWebサイトにて本日告知されており、今回制作したコンテンツの4K視聴もでき、また併設のセミナーで私から今回の制作インプレッションを話させていただく予定である。ご興味のある方は事前登録制となっているのでソニーサイトのイベント情報にてご確認いただきたい。最後に、記事内で使用した外観写真、メニュー画像はサンプル機のものであり、最終的な製品と異なる可能性があるので留意いただければ幸いである。


WRITER PROFILE

江夏由洋 兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。


[ Writer : 江夏由洋 ]
[ DATE : 2014-09-12 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

newDG_top

[DigitalGang!]Shoot.28 EOS C300 Mark II〜4Kフォーカス機能の新たな時代へ〜

txt:江夏由洋 構成:編集部 4Kの最大の課題―フォーカス 4K撮影をする際にカメラマンにとって一番問題になるのは、フォーカスだ。特に4Kの撮影となればその解像度... 続きを読む

newDG_top

[DigitalGang!]Shoot.27 Adobeが描く無限の未来

txt:江夏由洋 構成:編集部 メジャーアップデートを果たしたAdobe Creative Cloud 先日六本木のEXシアターで行われたAdobe CC 2015... 続きを読む

newDG_top

[DigitalGang!]Shoot.26 SHOGUNを使った次世代の4K撮影を考える

SHOGUNとFS7&α7Sで4K収録 先日バージョン6.2にアップデートされたATOMOS社のSHOGUN。4Kからのダウンコン機能やLUTをかけてモニタリングできる機... 続きを読む

DG-extra_MANNShow_top

[DigitalGang!]Extra Shoot.03 NAMM Showって知ってますか?音と映像の関係を見る

アメリカ・アナハイムで毎年開催されるNAMM Show。1月なのに気温は20度! とっても熱い!NAMM Show! とにかく広い会場。熱気であふれております 映... 続きを読む

newDG_top

[DigitalGang!]Shoot.25 アナモフィックレンズが熱い!

最新機材がつなげる「ビデオ」と「シネマ」の世界 最近の映像のトレンドはズバリ、大判センサーによるデジタル撮影だ。科学技術が進歩するのと併せて、カメラのセンサーサイズはどんどんと大... 続きを読む

WRITER PROFILE

江夏由洋 兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、映画「血族」のプロデュースを経て、現在は、映像を通じて人と人をつなげるドキュメンタリー作りに没頭している
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 江夏由洋 > [DigitalGang!]Shoot.24 待望の4Kデジタルシネマカメラ「SONY PXW-FS7」登場。4K/60pの圧倒的な実力