PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > ふるいちやすし > [東京Petit-Cine協会]Vol.55 ミニシアターから始まる映画文化

News

[東京Petit-Cine協会]Vol.55 ミニシアターから始まる映画文化

2014-07-15 掲載

モナコ国際映画祭で二年連続の受賞となった「彩~aja」「艶~The color of love」の二本の上映が決まった。

PTC55_AyaEn_A4.jpg

【東京】
9月11日(木)~15日(月・祝)16:00 / 19:00
原宿・CAPSULE(カプセル)

【京都】
9月20日(土)~23日(火・祝)11:00
木屋町・立誠シネマプロジェクト

※全回トークショーあり

どちらも30席ほどの超ミニシアターといったところだが、それぞれ独自の運営をしており、プチシネの自主上映には魅力的な施設だ。まず原宿のCAPSULE(カプセル)だが、元はキネアティックという名前で運営されており、惜しまれつつ閉館してしまった後、現在の形で復活したばかりで、レンタルシアターとして良心的な価格設定を継続してくれている。

キネアティックの時はレンタルだけではなく独自の作品選出で上映も行っていたようだが、そういうある種の「色」が文化発信には必要だと思うので、これからも期待していきたい所だ。というのは、やはり制作側、作品や監督、出演者のお客さんだけに頼るメジャーな感覚だけでは文化は育たず、ひどい時にはファンが多いからという理由だけで芝居もできないアイドルが主役にねじこまれたりしている。そういう状態で上質な映像文化が生まれるはずもなく、かといって、身内だけの上映会では意味がない。できれば上映館の「色」に付くファンがいてほしい。

そこで上映する事が新たなファン獲得のきっかけになるような特別なシアターがあってほしいと思う。単館と呼ばれるもう少し規模の大きな上映館には、その「色」を持っている所もあるように感じたのだが、実際上映をかけあってみるとハードルは非常に高く、配給会社が広告戦略と予算を持ってきて初めて受け付けるといった所がほとんど。後は学生映画のように、元々ある程度のお客さんが見込めるような物でなければ相手にしてくれない。とても文化云々を語れる状況ではないのだ。

素晴らしい運営の立誠シネマプロジェクト

そういう意味では京都の立誠シネマプロジェクトは素晴らしい活動をされている。廃校になった小学校の一室を利用して上映を行っていて、建物自体もとても雰囲気があり、文化の「色」に充たされている。また、上映企画も素晴らしく、ホームページやTwitter等でも積極的に告知を行ってくれて、「立誠シネマプロジェクト」ファンも多く、今関西では大変注目を集めている。

上映プログラムの組み方も考えられており、一日のプログラムの中に入れ替え制ではあるが様々な作品を組み込んである。これは他の作品を観に来たお客さんの目に触れるチャンスであり、中には「せっかく来たのだからこれも観よう」という人もいるかもしれない。これは大きなチャンスだ。これにはスタッフ側の苦労も大変な物だと想像できるが、それをやって頂ける事のありがたさを痛感している。

また、上映方法に関しても素晴らしい。もちろんBlu-rayでの上映も可能なのだが、ここではAJA Ki Proを使ったワンランク上の映像を上映している。今回の上映に際してApple ProRes 422のデータは用意できますか?と聞かれた時には胸が高鳴った。以前、このコラムで紹介したが、私の「艶~The color of love」の上映セミナーに於いてソニー後藤氏の提案でSONY PMW-50+MXF 50Mbpsを用いてハイクオリティーな上映を実現した事があった。そこでもなんとか家庭用を上回るクオリティーを提供しなければならないという気持ちをお話ししたが、メジャー館で採用されているDCP(デジタルシネマパッケージ)には変換するだけでも大変な費用がかかるし、マイナーな上映館ではそれに対応できていない。

立誠シネマプロジェクトのような小さな上映館で、Ki Proのようなレコーダーをプレーヤーとして使い、上質なデータで上映してくれている所がすでにあるという事に驚きと喜びを隠せない。もし、どこかのメーカーがPMW-50やKi Proの半分くらいの価格で、業務用の信頼性を持った再生専用機を売り出してくれたら、ミニシアターや単館のクオリティーは上がり、新たな文化ができるかもしれない。「家で観るよりずっといいね」という声が聞こえる上映をしていかなくてはならない。原宿のCAPSULEでの上映でも何らかの形でそういう上映を試みてみようと考えている。

独自の考え方を持つミニシアター

ミニシアターから始まる文化をお話ししてきて、一つ気になる所を見つけたので紹介しておこうと思う。大阪の「天劇キネマトロン」という所だ。ここのシステムは格安の料金で制作者に場所を提供し、観客からはお金を取らない(一部有料上映も可)というシステムだ。制作者としてはとても複雑な気分ではあるが、「映画は観てもらって初めて映画」という考えからすれば、これも一つの在り方なのかもしれない。こちらのホームページを見ても、そこから口コミで作品が広がってゆく機会を作ろうという気持ちが伝わってくる。

考えてみれば私のミニシアターでの上映もポスターやフライヤーの制作費等を考えると、有料(¥1,500)にしたところで収益があがる事を期待できるものではない。であれば、こういう所を利用させてもらって、まずは知ってもらうというのも一つの考え方かもしれない。いずれにしても制作者や上映側がそれぞれの考え方で、もう一度映画文化を盛り上げようとする動きはとてもいい。さらにその動きにオーディエンスも加わってもらえるように、一つ一つ、そして一体となって頑張っていかなければならないと思う。また、そういう動きが可能になるのはグローバルフォーマットについていくだけで精一杯といった感じの大きな映画館より、自由な発想で運営が可能なミニシアターの方かもしれない。

「千年の糸姫」プロジェクト

前回話をぶちあげた「千年の糸姫」プロジェクト。いきなり話がそれてしまったようにも見えるが、ちゃんと進めていますよ。こちらははじめからチームで進めていく事を目標に、今はいろんな方々とお話しをさせていただいている。プロデューサー候補の方、キャスティングの方、広報の方、もちろん制作スタッフの方、総じて言えるのは新しいやり方でやっていこうという気持ちを持っておられる方々にお会いして、その可能性を話し合っている。

正直、問題だらけなのだが、一応に興味を示して下さっているのがとても嬉しい。それにしてもハリウッドや日本のテレビ局、配給会社や映画館が作り上げた「映画製作の常識」というのは強敵だ。そして夢がない。私は闘っていきたいと思う。そして必ず制作から上映までの筋道の立ったチームでこの映画を作りたいと考えている。できれば次回以降、この話し合いの中でそれぞれの立場の方にとって、どんな事が問題にあがり、どんな事が興味を引いているかをお知らせしていきたいと考えている。期待して下さい。


WRITER PROFILE

ふるいちやすし 自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。


[ Writer : ふるいちやすし ]
[ DATE : 2014-07-15 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

petitcinetop2013

[東京Petit-Cine協会]Vol.74 プチシネ流映画祭出展への道のり

txt:ふるいちやすし 構成:編集部 映画「千年の糸姫」いよいよこれから映画祭への挑戦 映画「千年の糸姫」の英語字幕も完成し、いよいよこれから映画祭への挑戦を始めるところだ... 続きを読む

petitcinetop2013

[東京Petit-Cine協会]Vol.73 短編「歴史の時間」、沖縄国際映画祭で披露

txt:ふるいちやすし 構成:編集部 行き渡るエンターテインメント魂、沖縄国際映画祭 去年、吉本興業と埼玉県飯能市のプロデュースで作らせてもらった短編「歴史の時間」とい... 続きを読む

petitcinetop2013

[東京Petit-Cine協会]Vol.72 映像製作の地産地消を目指す

txt:ふるいちやすし 構成:編集部 現地での試写会に感謝 映画「千年の糸姫」がどうにか形になり、撮影でお世話になった群馬県下仁田町の皆さんに感謝の意味も込めて、最初の... 続きを読む

petitcinetop2013

[東京Petit-Cine協会]Vol.71 「あなたはなぜ今、映画を作らないのですか?」

txt:ふるいちやすし 構成:編集部 映画について深く考える夜 今、撮影旅行で西日本を回っている。その途中、PRONEWSでもおなじみのプロデューサー、山下ミカ... 続きを読む

petitcinetop2013

[東京Petit-Cine協会]Vol.70 作品を上映するための長く険しい道

txt:ふるいちやすし 構成:編集部 「千年の糸姫」は無事完成したが… 「千年の糸姫」の粗編集が完了した。ここからまだまだ調整やダイエットを施し、磨きあげていく... 続きを読む

WRITER PROFILE

ふるいちやすし 自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、映画「血族」のプロデュースを経て、現在は、映像を通じて人と人をつなげるドキュメンタリー作りに没頭している
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > ふるいちやすし > [東京Petit-Cine協会]Vol.55 ミニシアターから始まる映画文化