PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [SXSW2016] Vol.1 ITトレンドを生むSXSWは、毎年その形態が変化する

News

[SXSW2016] Vol.1 ITトレンドを生むSXSWは、毎年その形態が変化する

2016-03-29 掲載

SXSWのメイン会場であるオースティンコンベンションセンターは期間中大混雑となる
txt:坂口亜莉子・編集部 構成:編集部

領域を越えムーブメントを生むSXSW

毎年3月にテキサス州オースティンにて開催されるSXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト:以下SXSW)。地元の音楽をどうプロモートしていくかを発端にしたSXSWは、Film、Interactiveのカテゴリーを加え30年後には$317M(2015年発表、sxsw.comより引用)の経済効果をもたらすイベントに成長している。今年も3月11日から20日まで開催された。SXSWの詳しい概要についてはPRONEWSの過去記事を参考にしてほしい。

[SXSW2015]Vol.00 SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)とは一体何なのか?

コンベンションセンターを中心に周辺のホテルがセッションの会場となり、レストラン、バー、空き地などが企業のプロモーションハウスに変わる

SXSWは先にも述べた通り、「Interactive」「Film」「Music」の大きく3つのカテゴリーが合わさったカンファレンスであり、期間もFilmは9日間通して行われるが、Interactiveが前半5日間、Musicが後半の5日間と分かれている。参加するためのバッジもそれぞれのカテゴリーで購入するのが普通で、プラチナは全カテゴリー、ゴールドはInteractiveとFilmに参加できるバッジとなっており、これまではそれぞれ独立したイベントという印象が強かった。

しかし2015年より「Convergence(コンバージェンス)」プログラムが追加された。それぞれユニークな領域であるInteractive、Film、Musicの参加者たちが分かれたままの状態はもったいない、別の分野だからこそ一緒に議論して、もっと面白いことを起こそうという考えたに基づき、InterativeバッジであってもMusicやFilm寄りのセッションに参加できるプログラムとなっている。例えば、エンターテインメントやスポーツ、ファッションなどに関することはConvergenceプログラムに分類される。この流れは加速していて、去年よりもConvergenceプログラムが一段と増えていた。ビジネスカンファレンスでありながら、MusicやFilmなどのカルチャー的な文脈も取り入れた、世界でも類を見ないイベントであることは確かだ。

パブリックイベントとしてのSXSW Gaming ExpoやSXCreate(サウスバイクリエイト)

Gaming Expoのスポンサー企業は毎年変わっており、過去にはNintendoも。今年はTwitchとRazorといった新興企業になったことも変化としては面白い

世界85ヶ国から約10万人が参加すると公式には発表されているが、高額なバッジを購入しなくても、アーティストのライブに参加できるリストバンドや入場無料のイベントもある。特にGaming ExpoとSXCreateの二つはSXSW公式のパブリックイベントだ。Gaming Expoはその名の通りゲームの展示会、SXCreateはSXSW版のメーカーフェアといえる。どちらも日本で開催されるものに比べるとまだまだ規模的には小さいが、熱気は十分感じられる。

パブリックイベントを設けることによって、地元や周辺の地域から子ども連れの家族や中高生もオースティンに集まってくる。これによりSXSW期間中のオースティンは、人種・国籍・性別・年齢が全く関係ない人たちがミックスされる。

Gaming Expoは去年までInteractive期間中に3日間コンベンションセンターとは別会場で開催されていたが、今年は後半のMusic期間中にコンベンションセンターで開催された。後述するVR/ARトラックとも同時期に開催され、実験的に開催時期や場所、プログラム内容が変化する。

■Gaming Expoで特に熱気があったのは「Twitch(トゥイッチ)」

Amazonが提供するゲームのソーシャルビデオプラットフォーム/コミュニティであるTwitch。170万人以上の配信者、毎月1億人以上のアクティブユーザーを抱える巨大サービス。会場の一際大きなエリアにステージを作り、eスポーツやゲーマーマーケティングについてのセッションやゲーム実況プレイなどを行い、ストリーミング配信していた。会場に入るなり「Twitchだ!」と叫ぶ子どもたちがとても印象的。

■eスポーツなどのトーナメント戦に熱くなる

interactive期間中はセッションが行われている会場が、ゲーム対戦の会場に変わる。決勝戦ともなると、会場の外に設けられたモニターの前で、子どもから大人まで地べたに座って真剣に試合の行方を見守っている。

■日本からはソニック25周年を記念してゲームクリエイター中裕司氏がゲスト講演

今年25周年を迎えるSEGAのソニック、それを記念してGEEK STAGEでは記念講演が行われた。中裕司氏、飯塚隆氏がステージに呼ばれると会場中から拍手と歓声が湧き上がった。会場の外まで長蛇の列ができ、中に入れない人が続々。ソニック25年間の軌跡をモデレータが紹介しつつ、開発秘話を2人が語るという形式。ゲームのタイトルが発表される度に、歓声が起こっていた。

新しく設けられたVR/ARトラック、“体験”をいかにつくるか

今年からConvergenceプログラムとしてVR/ARが新たにトラック(=SXSWにおけるカテゴリー的な意味)に加わり、3月16日から集中的に3日間行われた。実はVR/ARトラック期間が始まる前、interactive初日からSamsungがコンベンションセンターすぐ隣の会場で大々的にVRイベントを行い話題をさらった。VR/ARは体験としてわかりやすいためデモを体験した人たちがTwitterなどでその感動を伝え、口コミで評判になりいつまでも絶えない列をつくることになった。

■Samsung Gear VR Loungeで近未来を体験

毎年SamsungはSXSWで大規模なプロモーションを行っている。今年はコンベンションセンター目の前にSamsung Studioを建て、日中はGalaxyとVRの体験ラウンジ、夜はThe Strokes、Sia、ColleGrove(2 Chainz and Lil Wayne)といった人気アーティストのライブを行った。常に1、2時間待ちといった状況で、会場周囲をぐるっと列が囲んでいた。SXSWイベントの常連だけに、ツボを抑えきったイベント作りで、完全に話題をさらっていった印象だ。

■日本からは世界で初の8K VRシアターが登場!
SXSW2016_01_pro7

VR/ARトラックの開催期間には、コンベンションセンター隣の第2会場ともいうべき、Hiltonホテルのワンフロアがその会場となった。その一角にNHKエンタープライズ・NHKメディアテクノロジーによる8K VRシアターが登場した。8K 3D映像と22.2ch立体音響による新しい体験を提供していた。世界初の8K VR作品「Aoi −碧− サカナクション」を上映。感動した人たちにはリピーターが続出していた。

■体験しなきゃわからない!暗がりのVRエクスペリエンスルームで未来を感じる

VR/AR Experienceラウンジが3日間設けられ、暗がりの会場にはVRのスタートアップが所狭しとデモを行っていた。会場の中をゴーグルをつけた体験者がふらふらと歩く姿は、奇妙でもあるが未来を感じさせる1コマだった。

SXSWはConvergenceプログラムもそうだが、毎年柔軟にイベントの形態を変え、人々が注目するトピックを色濃くさせ、別領域を掛け合わせて化学反応を起こさせてようと試行錯誤を試みるイベントだ。それがSXSWの特徴でもあり、毎年ビギナー参加者を混乱させる原因でもある。1度だけではなく、毎年参加して変化を楽しみ、何が1番熱気を帯びているのか体感するのがおすすめだ。

txt:坂口亜莉子・編集部 構成:編集部
[SXSW2016] Vol.02

[ Category : , ]
[ DATE : 2016-03-29 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[SXSW2017]Vol.04 次のSXSWを作るか?水面下で期待が集まる「ストーリーテリングの未来」を支えるFILM部門

txt:Issei Nishikiori 構成:編集部 SXSW2017、今一番暑いのがFilm部門 海外のSXSWトレンドウォッチャーからは「未来の議論がされきってし... 続きを読む

[SXSW2017]Vol.03 しのぎを削るビデオオンデマンド業界で、進化するNetflix

txt:久喜里美(Gengo) 構成:編集部 SXSWで揃い踏みした、ビデオオンデマンドの雄たち 今回のSXSWでは、ビデオオンデマンドサービス(以下:ODTV)の各社... 続きを読む

[SXSW2017]Vol.02 未来の生活をSXSW2017から想像する

txt:西村真里子 構成:編集部 インタラクティブでもっとも注目された「ディープ・マシーン・ラーニング」とは? Googleジャガードプロジェクトは繊維にセンサーを... 続きを読む

[SXSW2017]Vol.01 “デジタル遊園地”としても楽しめるSXSW2017

txt:西村真里子 構成:編集部 変わりゆくSXSW、「Interactive」「Film」「Music」の壁を越えて PARCOはVRコンテンツを展示。店頭で展示... 続きを読む

[CP+2017]Vol.03 百花繚乱〜光を呼び込むレンズの世界

カメラ本体とレンズのジレンマ CP+は写真中心のイベントのため、とうぜん写真用のカメラやレンズ、アクセサリーの出展が圧倒的に多い。今年は各社ともカメラの新製品は控えめな印象だ... 続きを読む

[CP+2017]Vol.02 今年はレンズに注目!〜CP+の会場から

今年はコンパクトデジカメだけでなく一眼の新製品も全体的に数が少なかったという印象だった。昨年までに出尽くしたともいえるし、2020年のオリンピックに向けて隠し玉があって最後の追い込... 続きを読む

[CP+2017]Vol.01 カメラの祭典CP+開催~コンパクトデジタルカメラが独自に進化をはじめた年

毎年恒例、カメラの祭典 毎年恒例となっているカメラと写真映像のワールドプレミアショーが、パシフィコ横浜において2017年2月23日から26日までの4日間開催されている... 続きを読む

[CES2017]Vol.07 総括:クラウドの波に押し流されるコンシューマの世界

txt:小寺信良 構成:編集部 戦い終わって感じるCES2017 PRONEWS取材班として、筆者が毎年CESの取材に来ていたのは、プロの映像クリエイターにも役に立つ製... 続きを読む

[CES2017]Vol.06 スマートフォン活用で激変する取材スタイル

txt:小寺信良/編集部 構成:編集部 新しい取材スタイルを実践導入するのが恒例。さて2017では? 今年のCESでも取材として多くの写真を撮り、多くの動画を撮影したこ... 続きを読む

特集記事

After Beat NAB SHOW 2017 After Beat NAB SHOW 2017
東京秋葉原のUDXにおいて開催されたAfterNABshowで今年のNABの総括を考える。
NAB2017 NAB2017
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2017 NAB Showをレポート。
SXSW2017 SXSW2017
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2017 CP+2017
カメラと写真の総合展示会、CP+2017をレポート。
CES2017 CES2017
世界最大の国際家電見本市、2017 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2016 PRONEWS AWARD 2016
2016年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2016 Inter BEE 2016
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2016をレポート。
InterBEE2016の歩き方 InterBEE2016の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2016の歩き方」を紹介。
Photokina2016 Photokina2016
2年に一度催される、世界最大のカメラ関連の展示会“Photokina(フォトキナ)”をレポート。
IBC2016 IBC2016
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2016をレポート。
SIGGRAPH2016 SIGGRAPH2016
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2016ををレポート。
QBEE2016 QBEE2016
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
InfoComm2016 InfoComm2016
イベント系オーディオビジュアル機材+コンテンツ制作関係などの専門総合展示会 InfoComm2016をレポート。
Digital Cinema Bulow III Digital Cinema Bülow V
映画撮影機材の専門展示イベント「Cina Gear Expo 2016」のレポート。デジタルシネマのいまを探っていく。
After Beat NAB SHOW 2016 After Beat NAB SHOW 2016
放送が始まった4Kやそれに伴うHDRなどのトレンドを中心として各メーカーの出展製品をみていく。

トップ > 特集 > [SXSW2016] Vol.1 ITトレンドを生むSXSWは、毎年その形態が変化する