PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2016]Day03:放送業界が変化する真っただ中で見えるコト

News

[InterBEE2016]Day03:放送業界が変化する真っただ中で見えるコト

2016-11-21 掲載

[InterBEE 2016]会場出口インタビュー

最終日3日目、少し肌寒い気もするがそれでも例年よりも暖かいようだ。NHKが先頭に立って提唱した4K/8Kは当初、映画産業で盛り上がりを見せ、デジタルシネマを加速させたという側面もあり、解像度だけでなく従来ビデオ業界では、あまりなじみのないダイナミックレンジや色域が話題になっている。

当初ビデオ業界では、ドラマなどの作りこみ可能なコンテンツ制作で注目を集めたが、一般家庭で視聴するテレビモニターがダイナミックレンジや色域に対応した、いわゆるHDR対応を売りにするようになり、制作側の対応も迫られた結果といえるだろう。もちろん、ITU-R BT.2020やSMPTE ST 2084、ARIB STD-B67といった規格化が決まったからということでもある。

こうした規格への対応は、もともとオーバースペックだったカメラやデジタルシネマ派生のカラーグレーディング、編集システムなどは比較的早く対応しており、最終的な画像を評価するモニターの機種が限られるもののソニーやEIZO、キヤノンなどから出展されている。これらは4K/8Kに限ったことではなく、今年の夏にHDも含むITU-R BT.2100という規格が決まり、今後はすべての放送がHDR対応の対象ということになるだろう。すでにネットやIPTV、CSではHDR放送を始めているところもある。

interbee2016_day03_8059 BT.2100に対応したHDR機能搭載スタジオカメラ池上通信機HDK-970 interbee2016_day03_8088 日立HDR&BT.2020対応4KカメラSK-UHD4000 interbee2016_day03_8098 キヤノン業務用24型4KリファレンスディスプレイDP-V2414によるSDRとHDRの比較デモ interbee2016_day03_8797 EIZO ColorEdge CG318-4Kと開発中のHDR対応モニター(右) interbee2016_day03_8990 プロユースにも対応した参考出品の東芝のモニターREGZA interbee2016_day03_8911 会場正面にはスカパーによる4K HDRの放送がディスプレイされていた interbee2016_day03_8917 NTTブースには、ひかりTVによるHDR対応4K-IP放送のデモンストレーションが行われていた interbee2016_day03_8916 NTTのHDR対応4K HEVCエンコーダーHC11000 interbee2016_day03_8945 SMPTE ST 2084およびARIB STD-B67、BT.2020に対応した波形・ベクトルモニターテクトロニクスWFM8300 interbee2016_day03_8960 HDRオプションを搭載した4K波形モニターリーダー電子LV5490 interbee2016_day03_9249 HDR対応のアストロデザイン4KウェーブフォームモニターWH-3206B

現場的には、HDから4K/8Kへの対応を模索しているさなかに、新たな規格の登場や対応機器の発売があり、本来ならばすべて落ち着いてから対応したいところだろうが、CSやネット配信のほかBlu-rayのような媒体が対応してくると、あまり悠長に構えていられないのが現状ではないだろうか。IP化も含めると放送は今大きな変化の真っただ中にあるといえ、過去これほどまでに急速な変化に遭遇したことはなく、次から次へ登場する新製品に業界は活況を呈しているものの、ワークフローも従来と異なるため、使いこなすためのノウハウの蓄積が必要で、2020年の本放送を目標に当分の間は落ち着かない状況が続くだろう。

interbee2016_day03_8348 クレッセントHDR対応DCP/IMFマスタリングシステム interbee2016_day03_8715 SR Live for HDR制作ワークフローを用いたライブソリューション。ソニー4K HDR/HD SDR同時ライブ伝送 interbee2016_day03_8740 ソニーは他社のビデオ機器メーカーとIP接続実証テスト

放送局などの設備系機材は、今までのようにビデオメーカーの製品だけでなく、ネットワークスイッチなどIT系の製品が必要になってくる。同じメーカーの機器でシステムを組めば問題になることがほとんどなく、何かあってもメーカー側で対応してくれるという安心感があった。ビデオメーカーでは、動作確認済のネットワークスイッチなどを推奨機器として挙げており、ソニーではそうした機器も含め、ほかのビデオ機器メーカーとIP接続実証テストをブース内で行っていた。こうした試みは今後も頻繁に行われるようになるだろう。もちろん実際に設備設計を行うSIが重要な役割を果たしていくことになると思う。


Day02 [Inter BEE 2016デイリーレポート] Day01

[ Category : , ]
[ DATE : 2016-11-21 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2016]エーディテクノブース:フィールドモニターやコンバーターなど、出力~中継・伝送~表示までを可能にする製品を展示

エーディテクノは、フィールドモニターやスキャンコンバーターのほか、分配器や延長装置などを出展。新製品は、5型タッチパネルを装備したアナライザー機能を搭載したアップ/ダウン/クロス対... 続きを読む

[InterBEE2016]ATOMOSブース:ついに発売となったSHOGUN INFERNOを中心に、これからの映像制作に必要な機能を搭載した製品群を展示

ATOMOSブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザ... 続きを読む

[InterBEE2016]EIZOブース:HDR表示対応のColorEdge CG318-4Kや、開発中のHDRモニターを展示。HDR制作環境の方向性を示す

EIZOブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

[InterBEE2016 360°VOYAGE]360°全天球動画でInterBEE会場をご紹介!

厳選360°全天球動画ブースレポート InterBEE2016の会場内で360°全天球動画をお届け!InterBEE2016に参加できなかった方も、会場の雰囲気を少しでも感じてい... 続きを読む

[InterBEE2016]Avidブース:AdobeユーザーがAvidの制作環境へアクセス可能なシステムや、4K/HDR対応ソリューションを展示。ユーザーによるデモや講演も開催

Avidブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

[InterBEE2016]ヒビノ/ヒビノインターサウンドブース:取扱いメーカーのマイクロホンやアンプ、ミキサーなどを一堂に展示

ヒビノグループは同社が扱っているマイクロホンやアンプ、ミキサーなどのオーディオ製品をプロオーディオ部門2箇所と、映像制作/放送関連機材部門1箇所に出展したほか、INTER BEE ... 続きを読む

[InterBEE2016]コペックジャパンブース:スペイン生まれのモバイルリグShoulderpod初参戦

InterBEEは、国内最大の放送機器展ではあるが、時代の変化に即した様々な新規企業の出展も見受けられる。中でもiPhoneカメラの進化は凄まじく、iPhoneで映像制作を行うユー... 続きを読む

[InterBEE2016]NIXUSブース(動画)

InterBEE2016のNIXUS(北海道日興通信)ブース動画です。 ... 続きを読む

[InterBEE2016]SIGMAブース(動画)

InterBEE2016のSIGMAブース動画です。 ... 続きを読む

特集記事

NAB2017 NAB2017
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2017 NAB Showをレポート。
SXSW2017 SXSW2017
米国テキサス州オースティンで開催された、SXSW(The South by Southwest:サウス・バイ・サウスウエスト)をレポート。
CP+2017 CP+2017
カメラと写真の総合展示会、CP+2017をレポート。
CES2017 CES2017
世界最大の国際家電見本市、2017 International CESをレポート。
PRONEWS AWARD 2016 PRONEWS AWARD 2016
2016年は映像業界にとってどのような年だったのか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2016 Inter BEE 2016
千葉幕張メッセにて開催されるInterBEE2016をレポート。
InterBEE2016の歩き方 InterBEE2016の歩き方
目的に合わせたブースをピックアップし、最小限の力で最大の効果が得られる最強の「Inter BEE 2016の歩き方」を紹介。
Photokina2016 Photokina2016
2年に一度催される、世界最大のカメラ関連の展示会“Photokina(フォトキナ)”をレポート。
IBC2016 IBC2016
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2016をレポート。
SIGGRAPH2016 SIGGRAPH2016
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の学会・展示会SIGGRAPH2016ををレポート。
QBEE2016 QBEE2016
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
InfoComm2016 InfoComm2016
イベント系オーディオビジュアル機材+コンテンツ制作関係などの専門総合展示会 InfoComm2016をレポート。
Digital Cinema Bulow III Digital Cinema Bülow V
映画撮影機材の専門展示イベント「Cina Gear Expo 2016」のレポート。デジタルシネマのいまを探っていく。
After Beat NAB SHOW 2016 After Beat NAB SHOW 2016
放送が始まった4Kやそれに伴うHDRなどのトレンドを中心として各メーカーの出展製品をみていく。
NAB2016 NAB2016
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会 2016 NAB Showをレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE2016]Day03:放送業界が変化する真っただ中で見えるコト