PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > ヒマナイヌ > [ライブ配信手帖]Vol.19 ジンバル一体型4KカメラOsmoのアプリはどうだ?

News

[ライブ配信手帖]Vol.19 ジンバル一体型4KカメラOsmoのアプリはどうだ?

2015-10-30 掲載

kawai_18_top

Osmoは撮影中にアプリでどんな調整が出来るのか?

大注目のカメラジンバル一体型4KカメラのOsmoだが、飛べないドローンを飛ばしてみた!試作機による街歩きなど製品デリバリー前にいち早くお伝えしてきた本シリーズ。気になる外部マイクによる実験も行った。

短期集中連載 DJI Osmoを知りたくて!

Vol.16 DJI OSMO日本最速(たぶん)レビュー〜新しいカメラの時代へ(前編)
Vol.17 飛べないドローンOsmoの浅草低空飛行!(後編)
Vol.18 ジンバル一体型4KカメラOsmoに外部マイクはどうだ?

いよいよ最終回である。今回は、要のアプリについてである。Osmoはカメラ制御をグリップとスマホで行う。今回はスマホのアプリ部分を詳細に見ていきたい。DJIのドローンを使ったことがある人なら見慣れた画面かもしれないが、OsmoがDJI商品としては初めてという人に向けて書いていきたい。最初にお断りしておくが、今回のテストもOsmoは、発売直前の市販機で、アプリはiOS9に対応しておらずiOS8バージョンだった(10/30現在無事iOS9にアップグレード)。そして簡単なスターターガイドしかない!これはもう直接トライアンドエラーしかない!

まず気になるスマホのプレビュー画面のディレイだが5フレから10フレくらいといったところだろうか?カメラに向けてパン!と手を叩くと開いた瞬間にスマホの画面でパン!と鳴る、そんな感じだ。この感じはWi-Fiプレビュー系として特別遅くも早くもない感じだ。

kawai_18_IMG_4651 Osmoの制御アプリであるDJI GOはこんな画面だ

この画面に表示されているアイコンやボタンは消すことは出来ない。常に表示されているのでスマホからHDMIにスルーアウトさせてもクロップしないとライブ配信などでは使えない。このあたりはぜひ2本指タップで表示を消去など今後のアプリアップデートで実現して欲しいところだ。

この画面での基本操作は2つある。ひとつがタッチして露出補正で黄色い四角が表示される。次にタッチするまでその位置の適正露出にロックされる。自動露出に戻したい場合は黄色い四角の右端にある×をタッチする。

kawai_18_IMG_4679

もうひとつはジンバルの向きの制御である。これは長押しすると青い丸いマークに変わりそのままドラッグするとカメラの向きが変わる。ただ画面の幅分しか動かせないので長く継続してカメラを回したい場合は本体グリップにあるジョイスティックを使うことになる。露出補正のロックとは両立する。

151030_IMG_4653

黄色い枠が露出補正なので外に合わせるとこのように画面が暗くなる。オーバーレイされている表示が見やすいのでこの露出でキャプチャーして引き続き機能を解説していこう。

まず左端に並ぶアイコンを見ていこう。

151030_IMG_4654

左の一番上のアイコンは動画と静止画の切替えだ。静止画についての機能詳細はまた別の機会にしたい。上下にフリックすると切り替わる。これはグリップに動画専用ボタンと静止画専用ボタンがついているので基本は動画にしておくのがいいだろう。その下にフィルムを模したモードボタンがある。AUTOとSとMがある。Sにするとシャッター速度とEVが選べる。

151030_IMG_4657

MにするとISOとシャッター速度とEVが動かせる。ISOは最低100、シャッター速度は最低1/30となっている。蛍光灯のフリッカー対策などにも有効だ。

151030_IMG_4660

逆にISOの最高は3200、シャッター速度の最高は1/8000となる。動きの早い主観移動やエクストリームなスポーツは高速シャッターで捉えることが出来る。

次に画面の右端にあるアイコンを見ていこう。

kawai_18_IMG_4661

画面右上のカメラアイコンはジンバル機能切替である。画面右真ん中の矢印アイコンはグリップにあるトリガー2度押しと同じ初期位置に戻るである。画面右下の鍵アイコンはカメラヘッドの固定である。自分でカメラワークをしていく場合にタッチするとカメラヘッドはヌルヌル動くのをやめる。トリガースイッチではなく、スマホを通してリモートでジンバル機能切替ができることは便利かもしれない。

151030_IMG_4662

画面右中のAWBを選択するとホワイトバランスの選択になる。AWBは、いわゆるオートホワイトバランスのことであるがDJI的にはAWBをアイコン化するくらいなのでオートを進めているのだろう。ホワイトバランスはケルビン値での設置はないものの、オートと曇天、晴天、蛍光灯、太陽、白熱球が選べる。

次は画面右下にある歯車アイコンの設定メニューを見てみよう。

151030_IMG_4664 大きく項目は3つでカメラ設定、ジンバル設定、一般設定がある。 151030_IMG_4665 カメラ設置にはビデオ解像度、ビデオフォーマット、オーディオの録音オンオフ、ビデオ規格、動画字幕がある。 151030_IMG_4666_2

ビデオ解像度は解像度とフレームレートの組合せがあり、かつわかりやすく選べるのでありがたい。ビデオカメラにありがちなメーカー独自の録画フォーマット名などがないのもいい。2Kまでは60fpsで撮れる。2.7Kや4Kになると24fpsや30fpsとなる。スローモーションは2Kの120fpsとなる。

151030_IMG_4669 151030_IMG_4670 静止画の画像フォーマットはJPEG以外にもRAWさらにはJPEG+RAWも選べる本格派だ 151030_IMG_4671 タイムラプス機能に関しても動画だけ残すか動画と静止画を両方残すかも設定できる 151030_IMG_4673

グリッド表示は4つから選べるが、特にグリッド+ダイアゴナルは便利だ。消失点を把握しながら主観移動するときに役に立つ。キューブリック映画などのステディカムショットを見直したくなる。

151030_IMG_4674

グリッド+ダイアゴナル表示をオンにするとこのようになる。線の色や薄さは選べないが最近のスマホの高精細な画面だと非常に見やすい。ちなみに今回の記事のキャプチャーはすべてiPhone5sで撮っている。

Osmoは撮影前にアプリで何を調整しておくべきなのか?

撮影モードなどもかなり細かく選べることがわかったが、撮影前には何をしておくべきだろうか? Osmoのバッテリーは60分しか持たないが、このアプリと連携させている時もジンバル部分は動き続ける。調整するときは机の上に立ててジンバルが動かないようにして電力を節約したい。

ちなみにスマホホルダーがついてるとOsmoは自立しない。ホルダーごとはずしてこのようにスマホを手元で操作する場合は自立させても大丈夫。しかし本体だけで立てておくのはドテッと倒れそうで精神衛生上よろしくない!DJI社展示用ベースのようなものをオプションとして発売して欲しいところである。

dai

撮影前にOsmoの電源を入れてスマホと連携させ調整しておくべき項目としてはジンバルの調整がある。画面右下の設定からジンバル設定に入るとこのような項目が現れる。

151030_IMG_4675 151030_IMG_4676 151030_IMG_4677 151030_IMG_4678

ジンバルの動きやジョイスティックの動きを細かく調整できる。水平校正やジンバル自動キャリブレーションなどで調整したあとに細部を追い込んでいくのがいいだろう。

Osmo 公式サイト:DJI
Osmo 購入サイト:ePROSHOP

WRITER PROFILE

ヒマナイヌ 頓知を駆使した創造企業


[ Writer : ヒマナイヌ ]
[ DATE : 2015-10-30 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

kawai_23_top

[ライブ配信手帖]Vol.23 擬似空撮!都市でドローン風映像を撮影するには?〜DJI OsmoとZ-Axis

txt:川井拓也 構成:編集部 一脚で簡単に撮れるドローン風映像の擬似空撮は都市部にぴったり! 「どうも、川井拓也46歳です」 DJI Osmoの発売時にこれ... 続きを読む

InForcus_03_top02

[In Focus]Vol.03 新進気鋭の映像プロダクション「エルロイ」が挑む、骨太なチーム作り&制作環境の革新とは!?

今年上旬、中目黒の駅から歩いてすぐの場所に、映像プロダクション「エルロイ」の新オフィスがオープンした。話題の広告や様々なジャンルのムービーを数多く制作してきた同社は、まだ設立5期目... 続きを読む

koderatop

[小寺信良の業界探検倶楽部]Vol.48 After NAB Showでみかけた気になる4製品

txt:小寺信良 構成:編集部 5月19、20日の両日、秋葉原UDXにて恒例のAfter NAB Showが開催されました。年を追うごとに来場者も増え、通路には人が溢... 続きを読む

360exp_09_top

[360°Encyclopedia]Vol.09 バーチャル・リアリティ産業を牽引するのはアダルトコンテンツなのか?

txt:茂出木謙太朗 構成:編集部 アダルトコンテンツに牽引されるかもしれないバーチャル・リアリティ産業について考えてみる 2016年はバーチャル・リアリティ(以下:V... 続きを読む

tsuchimochi101_top

[土持幸三の映像制作101]Vol.11 基本に戻れ!三脚の重要性

txt:土持幸三 構成:編集部 どうやればプロのような映像が撮れますか? 映像ワークショップなどで「どうやればプロのような映像が撮れますか?」という究極の質問をされるこ... 続きを読む

WRITER PROFILE

ヒマナイヌ 頓知を駆使した創造企業


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、映画「血族」のプロデュースを経て、現在は、映像を通じて人と人をつなげるドキュメンタリー作りに没頭している
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > ヒマナイヌ > [ライブ配信手帖]Vol.19 ジンバル一体型4KカメラOsmoのアプリはどうだ?