2010年に入った映像業界は、どこを切っても”3D”という言葉が飛び出してくる。”3D”を代名詞とした映画『アバター』の興行的成功、『アリス・イン・ワンダーランド』の全米での高い評価。またこれを受けて相次ぐ主要メーカーからの3D対応TVの発表など、このところ3Dの話題には事欠かない。しかし、3Dに関するデモンストレーションを見ると、コンテンツは何となく見慣れたものばかり。アニメ、水族館、動物園、ゲーム…。一体3Dにして何が面白いのか、内容に関して些か食傷気味だ。

3D=立体視化してどんな意味が出るのか?何が面白いのか?それを今、結論的に見出す必要はないだろうが、まず現在は、様々なコンテンツを3D化して、その意味合いを試せる環境が必要だろう。それを実現してくれるのが、年初に発表された日本ビクター株式会社(JVC)開発の業務用3Dイメージプロセッサー『IF-2D3D1』だ。

kkoramucho003.jpg

従来の2Dで撮影された映像を3D化したいという要求は強い。特にTV局や多くのコンテンツホルダーでは、これまでの映像遺産を全て3Dにできたら、こんなに便利な事は無いが、まさにこの装置は2D→3Dコンバートの機能も有している点で、いま映像業界全般から大きく注目を浴びている製品なのだ。これまでは2D→3D変換は高額な特殊編集作業を要し、しかもその完成度もあまり期待する以上のものではなかった。高額であるがゆえに簡単にトライすることも出来なかった。

しかしこの『IF-2D3D1』を使用すれば、それをいとも簡単に、しかもリアルタイムで一発変換出来てしまうという驚きのマシンだ。現在TV局等を中心にデモの依頼が殺到しているという。たった1Uのこの小さな筐体だが、その底力にこれからの3Dの可能性を改めて思い知らされた。『IF-2D3D1』の中では、一体何が行われているのか?

日本ビクターグループのポストプロダクション会社である株式会社ビデオテックで、『IF-2D3D1』の実際のデモを体験できる機会を得たので、早速レポートすることにしよう。

『IF-2D3D1』の仕組み

『IF-2D3D1』の最大の機能は、2Dで撮影された映像を3D映像に変換して記録することだ。その独自のアルゴリズムを簡単に説明すると、まず各フレーム単位で画像認識し、どういうアングルの画なのかを画像分析する。次にその分析に基づいて、『IF-2D3D1』が持ついくつかの3D化のパターンを画面の場所ごとに組み合わせ、複雑な変形パターンを組み上げて、それをベースに左右の視差を作っていく。

その結果、画面の中で人物や対象物などのハッキリした画像が画面から切り出され、それが画面内のどのポジションの距離に存在するのかを推定し配置していく。そして、背景にあるものから順次レイヤーを作り出し、ズレ幅の量を調整して、目的とする3D映像を完成させるのだ。

koramucho004.jpg

さらに『IF-2D3D1』ならではの機能として、カラーエンボス機能がある。切り出したオブジェクトはそのままだとすべて立て看板のようになってしまう。こうした書き割りのような映像となるのを避ける為に、このカラーエンボス機能は、一つ一つのオブジェクトに膨らみを持たせる事ができる。物体の丸みや人物の表情、細かな陰影など、オブジェクトに対する細かい表現が、このパラメータを調整することでリアルタイムに調整することができるのも優れた点だ。

WRITER PROFILE

石川幸宏

映画制作、映像技術系ジャーナリストとして活動、DV Japan、HOTSHOT編集長を歴任。2021年より日本映画撮影監督協会 賛助会員。