デジタルサイネージジャパン2010(DSJ 2010)が6月9日から3日間、千葉市幕張メッセで開催された。昨年から、同時開催のIMC TOKYOの1部門から独立して専門イベントとして開催されたDSJだが、今年は初日午前中から展示フロアに来場者があふれ、カンファレンスも満席になるなど、昨年以上にデジタルサイネージへの関心が高まってきていることをうかがわせるものとなった。

今回のDSJは昨年までとは大きく変わり始めたように感じた。昨年まではサイネージ機器やソリューションを中心に、サービスの提供スタイルを紹介しているものが多かったが、今年は実際にサイネージ運用が始まったり、試験提供に向けた具体的な提案であったりと、機器そのものよりもサービス/運用面をアピールする提案が多くなっていた。サイネージ環境をどう構築するのかではなく、サイネージを設置する場において、どのようなサイネージでどのようなコンテンツを流すのが効果的か。来場者がビジネスに沿って検討しやすいような具体例を紹介し始め、デジタルサイネージ市場が成熟期を迎え始めているようだ。

それでは会場内で目についたものを紹介していこう。

大規模サイネージや次世代型の関心も高まる

●シャープ

DSJ 2010の会場で、最も大きなサイネージを出展したのがシャープだ。インフォメーションディスプレイPN-V601は、ディスプレイ間フレーム幅6.5mmを実現した60V型ワイド液晶パネル。i3Wallとして、横6面×縦5面の壁面30面と、横6面×奥行4面の床面24面での表示を組み合わせてデモを行った。パネル1枚の最大解像度は1,366×768だが、壁面30面では8,196×3,840解像度での表示が可能になる。このパネルを使用して、NHKが制作したスーパーハイビジョン8K映像を表示していたが、生々しさが伝わって来るものだった。

DSJ2010_SHARP.JPG DSJ2010_SCALA.JPG

●SCALA

SCALAは、自由度の高いサイネージ表示をアピール。サインウォールとして展示したのは、斜めに配置した小型の液晶ディスプレイ18面を使用して、連続したサイネージが出力出来ることをアピールしていた。ディスプレイの解像度や配置方法に依存しないサイネージコンテンツを構築できる


●日本サムスン

日本サムスンは、エヌジーシーと共同で出展。ブース正面には46型ディスプレイを縦置きで菱形状に9面配置してサイネージ表示していた。また、縦横3面合計9面に配置したマルチディスプレイシステム「Samsung UD(Ultra High Definition Display)」を使用して、共同ブース出展の製品/ソリューション紹介を行った。ディスプレイ間フレーム6.7mmで、階段状の配置などにも対応していることを紹介した。このほか、52型裸眼立体液晶ディスプレイも参考出展した。

DSJ2010_SAMSUNG_NGC.JPG DSJ2010_SAMSUNG.JPG

●デジタルサイネージ特設ラウンジ

インテル、マイクロソフトが協力したデジタルサイネージ特設ラウンジには、世界に3台しかないというインテル インテリジェント・デジタルサイネージが設置され、関心が集まった。縦置きHDパネルと半透明のホログラフィックパネルの組み合わせで、サイネージ上部にあるカメラでサイネージ前に立つ人の特徴を解析、性別や身長などに応じてホログラフィックパネルに表示される情報をコントロールする。ホログラフィックパネルの先に見える製品をジェスチャーをもとに認識、詳細情報を表示することもできる。

DSJ2010_Intel.JPG

WRITER PROFILE

秋山謙一

映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。