これまでの映像編集とこれからの映像編集

UVN:大和田 弘幸

リニアでビデオ編集を行っていた時代は収録フォーマットや局納品のフォーマットなど入り口と出口はほぼ決まっていた。ベーカムやデジベで入ってきた素材を編集、インチやD2で納品といった具合だ。ドキュメンタリーやアーカイブ素材が必要など特殊な状況ではVHSやベータ、8ミリビデオ、統一Ⅰ型、アーカイブ物ではUマチックやMビジョン、MⅡなどが持ち込まれることも稀にあったが、いずれもそのまま編集することはなく、インチやD2、デジベにコピーしていた。

それが、DVが民生用を初めとして業務用にも普及し始めたころから状況が変わってきた。特に近年ハイビジョン時代になってから、というよりファイルベースになってからといった方が正確かもしれないが、ポストプロダクションを生業にしている我々でさえ全てのフォーマットを正確に把握しているかといわれると正直自信がない。

ノンリニア編集が一般化し、ワークフローがファイルベースで進められるようになった恩恵は計り知れないが、持ち込まれた素材が何者なのかを推し量る術はノンリニア編集機で読み込めるか否かが一つの指標になる。読み込めなければ、何らかの変換が必要になるというわけだ。通常素材には収録されている内容に関しての情報は添付されてくるが、カメラの型番や記録(圧縮)フォーマットなどの情報までは記載されていない。素材がテープであれば一目でわかることなので、こうした習慣がないということもあるのかもしれない。

ともあれ、ノンリニア編集で読み込めるフォーマットが多いに越したことはなく、Media Composerも今回のバージョンでApple ProResを含むQuickTimeファイルのほか、キヤノンのデジタル一眼レフカメラデータにネイティブ対応し、AVCHDファイルもダイレクトにインポートすることができるようになった。

ProResに関しては、FinalCutProとのやり取りが一般化している現状では、今や遅しと待ち望んでいたMedia Composerユーザーも多いだろう。また、ProResフォーマットで収録できるARRI ALEXAのようなカメラやAJA KiProのようなレコーダーも出現しており、今後素材として持ち込まれるケースが増えることも予想される。AVCHDは民生用カメラのフォーマットだが、ソニーやパナソニックなどが業務用のカメラでも採用しており、素材として持ち込まれる頻度が高くなってきた。Media Composerで編集する場合、今までは変換してから読み込んでいたのだが、ダイレクトにインポートできるようになったので効率アップに大いに期待が持てる。

使用したマシーンは、hpのワークステーションZ400で、業務で使うことを考えた場合、特に高性能なマシーンではなく一般的な仕様となっている。

  • Intel(R) Xeon(R) W3565 (3.20GHz)
  • Intel X58 Express チップセット
  • 8GB メモリ (DDR3 1333)
  • NVIDIA Quadro FX 1800
  • Windows 7 Professional (64bit版)

WRITER PROFILE

編集部

PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。