テクニカルディレクター 山本久之

私は久しぶりのワクワク感を味わっている。それは、遠い過去にも一度経験したことがある。Avid Media Composer5は、今年春のNABで発表になった大きな節目にあたるバージョンだと聞いている。この歴史のあるMedia Composerの最新版を前にして、私はワクワクしている。

私が初めてMedia Composerに触れたのは15年程前になる。当時はノンリニア編集というポジションも確立されておらず、編集の王道はまだリニア編集だった頃だ。当時と大きく異なるのは、すでにFinal Cut Proにたくさんの時間を費やしており、ノンリニア編集というジャンルもすでに業界に定着している点である。

今回Final Cut Proユーザーの視点で、新しくバージョンアップしたMC5を客観的に見て欲しいというリクエストが来た。当初は不慣れなため読者の方々に訴求できるようなものが、的確に書けるかどうか大きな不安があった。しかし、非AvidユーザーでFInal Cut Proユーザーという視点から見ることで、そこに新鮮なポイントを見いだせるのではないかと考え直した。

yamaq01.png

Media Composerバージョン5では、FCPユーザーへのアプローチがいろんなところに見受けられる。シーケンスウインドウのタイムコード表示が左側に移動したり、新しく採用したスマートツールなどがそれにあたる。トグルボタンをトラックの左側に配置して、Avidでは御法度だったトラックを直接ドラッグしてタイムライン上を移動できるようになった。かたくなに守っていたAvidエディティングのしきたりを譲歩してきたところにも、このMC5での意気込みが感じられる。

yamaq03.png

FCPを制作者が好んで使う理由のひとつに、ProRes422コーデックがネイティブで読み書きできる点がある。QuickTimeのデコーダ・コンポーネントは無償で配布されているので、Windowsでも最近はProResコーデックを素材の搬入で利用している話はよく耳にするようになった。これまでのMC4では、残念ながらProResファイルを直接編集のタイムラインへ持ち込むことができなかった。歴史がありユーザーも多いAvidでありながら、あえてFInal Cut Proを編集で選択した背景にはこんな理由があった。

AMA Avid Media Access

yamaq04.png
FileメニューからAMAのVolumeかFileを選択

MC5ではこれまでのフラストレーションを払拭するために、AMA Avid Media Accessが搭載された。AMAはProRes形式に限らず、REDのR3D形式、EOSのH.264など今後登場する未知のファイル形式も含めて、Media Composerで標準で対応している形式以外を積極的に取り込むための新機能である。FileメニューからAMAのVolumeかFileを選択するだけで、Media Composerが対象ファイルへのリンク情報を管理し始める。AMA実行時には一切のレンダリングや取り込みの待ち時間は発生しないので、この段階での非生産的な時間は必要ない。

yamaq05.png
AMAでリンクしたファイルに関しては、黄色に識別される
yamq06.png
さまざまなコデックが読み込み可能

AMAでリンクしたファイルに関しては、VTRからキャプチャやインポートしたファイルと区別するために、Binウインドウ内で黄色く色分けされている。現状ではAMAリンクしたファイルからのXML書き出しができないなど、いくつかの制限事項があるので、AMAリンクなのかどうかをエディターははっきりと認識しながら編集作業を進めることが求められる。ここまでのちょっとした仕組みさえ理解しておくだけで、これまで涙を飲んで諦めていたProResファイルをストレスなく編集で使うことができる。

実際にProRes422HQの素材を使って簡単なタイムラインを編集してみたところ、特にスクラブ時に引っかかる感じもほとんどなく、FCPのタイムラインと大差なく編集できる印象を受けた。AMAは常時オリジナルファイルからのデコード処理をバックグラウンドで処理するはずなので、CPUに対するそれなりの負荷が予想される。試しに、16コアの最新MacProと、一世代前のMacBook Pro3.0GHzでタイムラインを使ってみた。

当然MacProの方がレスポンスは若干良い印象は受けたが、MacBook Proでもシーケンス内のクリップ数が多くなければ、現実的に使えるレベルだと感じた。さらにMac版MC5の利点として、FCS3がインストールされているという前提はあるものの、MCのシーケンスからProResコーデックへの書き出しも可能なのだ。これはMCユーザーには朗報なのではないだろうか。

今回検証したMacBook Proでは、Mac OSX10.6.4、FCS2010、がインストールしてあった。これにより、/Library/QuickTimeディレクトリ内には、ProResコーデックの エンコーダ・コンポーネントが導入されているのだ。このようにMedia Composer5がProResコーデックを正式にサポートしたことにより、これまでエディター泣かせだった未対応フォーマットへの対応が実現する。素材がProResだったために、わざわざビデオテープに書き出してからMCにキャプチャーしおていた面倒から開放されるのである。

WRITER PROFILE

編集部

PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。