去る、6月24~26日の3日間、東京・池袋のサンシャインシティにおいてケーブルテレビショー2010が開催された。今年は「地デジ移行まであと400日!ケーブルテレビならもっと楽しい」をテーマに昨年までの会場である東京ビッグサイトから以前開催されていた池袋サンシャインシティに会場を移し、一般の来場者も取り込むべく土曜開催も復活させている。

CATV(Community Antenna TeleVision)は、当初難視聴地域対策として地上波の再送信設備として発達したもので、山間部などテレビ電波が届かない地域を中心に高層ビルなどが立ち並ぶ都市部でも普及が拡大していった。また、単なる地上波の再送信だけでなく、自主放送やCS、BSさらにはインターネットや電話など様々なサービスを提供できるように発達してきた。それに伴いケーブルも同軸から光ファイバーに、伝送方法もアナログからデジタルに、さらには、地デジへの対応とともにハイビジョンや3Dへの対応が今年最大の課題になっているといえよう。

CATV局、既存の放送を再送信するだけでなく、自主放送といわれる独自の番組を制作して配信している局もある。これらは、地域に密着した内容であったり、CATVは放送電波のように一方向だけでなく、双方向通信が可能なため、そうした特性を生かした番組であったりそれぞれの工夫があるようだ。

制作系機材編

制作系の機材としては、カメラや三脚のほか、中継システムやスイッチャーなどがあるが、各社から小型ビデオカメラに対応した三脚が発売されたこともあってかヴィンテン、ザハトラー、マンフロット、昭特製作所といった三脚メーカーの出展があった。撮影システムとしてはソニーが各種小型カメラを中心とした制作システム全般を、パナソニックは3D対応のカメラやモニター、スイッチャーのほかP2による制作システムを展開。池上通信機はGFCAMのほかキヤノンのXF300シリーズを出展。小型ビデオカメラをラインナップにもっていないため、ともいえるがMPEG2つながりという見方もできる。

■CATVで国内発表されたマンフロット504HD

DSC_0175.JPG



■マンフロットLANC対応ジョイスティックリモートコントロール521LX

DSC_0390.JPG

■ヴィンテンジャパンVision5AS

DSC_0241.JPG

■ ヴィンテンジャパンは同じVITECグループのanton bauerのバッテリーも取扱う

DSC_0243.JPG

WRITER PROFILE

稲田出

映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。