7年ぶりの劇場公開

監督 本広克行 氏 (株式会社ロボット 映画部)
編集 田口拓也 氏(株式会社 バスク 執行役員常務 ポストプロダクションセンター長)
プロデューサー 村上公一氏(株式会社ロボット 映画部)

1997年から始まったフジテレビ系の人気TVドラマシリーズ「踊る大捜査線」。TVドラマの映画化の先駆けとして話題となった1998年公開の『踊る大捜査線 THE MOVE』、そして日本実写映画の興行収入記録(173.5億円)を打ち立てた、2003年夏公開の2作目「踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」から7年、ファン待望のシリーズ第3作目「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」がいよいよ7月3日から公開となった。

(C)2010 フジテレビジョン アイ・エヌ・ピー

織田裕二が演じる青島俊作巡査部長(本作で強行犯係係長職に昇進)が主人公の警察ドラマであり、これまでの「警察もの」「刑事もの」と呼ばれる一般的なアクションシーンや犯人逮捕までの謎解き風なストーリー展開が主だった従来のドラマとは異なり、日本の独特の警察機構の仕組みのなかで、署内の権力争いや本庁と所轄署の掛け引きなど、一般的な社会構造にもなぞらえた設定が人気を得た。さらに登場人物たちの人間性や、事件に接する人間的な姿を通じて様々なエピソードを描く、アクション・コメディ作品としても独自のファン層を獲得してきた。

また登場する多くの人気サブキャラクターにまつわる「群像劇」的要素が強いエンターテインメント作品であり、それが本作の魅力の一つでもある。この「踊る大捜査線 THE MOVIE」シリーズは、ドラマ内外の事件やスピンオフ作品と連動する、いわゆる「ハイパーリンク」手法を盛り込み、多くの幅広いファンとインターネットサイトなどで連動させて、観客を何度も楽しませる手法を取り入れている先駆け的な作品でもあり、今回の3作目からは新たにツイッターやネット映像などのリンクによって、日本のエンターテインメント・コンテンツの新しいカタチを牽引している作品でもある。

本作品シリーズではTVドラマの1997年から編集システムとしてAvid Media Composerが使われていることは有名で、また制作スタッフが毎回撮影の際には、最新技術を採用するなど新たな領域に常にチャレンジしている。前作では全国公開規模の大型作品では、日本で初めてデジタルシネマカメラ『シネアルタ』による撮影を敢行。そして今作でもSONY F35による撮影から、現場編集ユニットとして、Avid Media ComposerとIkegami EditcamStationHD HDE-X11を採用、現場での1080/24p収録による新たなチャレンジが試された。

常に新境地に挑む『踊る大捜査線』シリーズ

trio3od3.jpg

田口拓也 氏(左) 本広克行 監督(中央) 村上公一氏(右)

「踊る大捜査線」シリーズの世界観を亀山千広プロデューサーとともに築き上げてきた、監督の本広克行氏は、自ら海外の撮影機材展示会などへ赴くほど、撮影や映像制作技術への関心が高く、また自ら「もともとは編集マンを目指していた」と発言するほど、編集へのこだわりも強い監督だ。

今回の「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」は、2010年1月6日のクランクインから約2ヶ月間の撮影期間を要したが、その際いつも撮影チームの傍らには、ロケ現場の秘密兵器として、Avidのコンパクトな編集ユニットが設置されていた。機材構成は、HPのノートPCにインストールしたAvid Media Composerを、池上通信機のHDポータブルディスクレコーダー EditcamStationHD HDE-X11と連動させ、スタジオ用のツールカートで稼働できる比較的シンプルなユニットだ。

「今回の撮影では、そのデータを全ての現場ですぐに再生、必要ならば仮編集しながら、つないだ結果を見て、撮影を進めていくという手法を試みました。リテイクなどのための細かい芝居の確認用に、その場ですぐに撮影した部分を編集して頂きました。現場ですぐ編集できてしまうので、スタッフやキャストもとても関心が高かったようで、驚いていましたね(笑)。」(本広)
「前作OD2の2003年当時は、まだAvidの編集システムも大きなターンキーシステムが必要だったので、ワゴン車を1台丸ごと改造して、システムを組み込んだ編集車を仕立てるという随分大規模なシステムになりました。僕もロケ現場まで出向き、現場で編集をしていました。今回は、素材をソニーのF35で撮影、HDCAM-SRで収録し、同時にEditcamStationHD HDE-X11に1080/24pのAvid DNxHD 36Mbpsデータで収録し、HDE-X11のリムーバブルメディアFieldPak2に接続されたMedia Composerを使って現場で仮編集ができるシステムを導入しました。ワークテープを起こすこともなく、またそのデジタイズの手間もなく、素材が収録と同時に編集可能になり、すぐに確認ができたので、撮影での撮り逃しがなくなりました。収録と同時に確認ができるということで、照明やVEのスタッフも前後のつながりを確認するのに重宝していました。また本編集を進めている編集室ともDNxHD 36MbpsのHDプロジェクトデータを介してやりとりし、デイリーにデータをリンクさせながら編集作業を進めることができました。」(田口)
「前作ではスロー撮影の部分ではフィルムカメラを使っていましたが、今回は2.5倍速まではそのままF35を採用し、それ以上のスピードは、フルHDで2000ftsまで撮影可能なWeisscam(ヴァイスカム)HS-2を使っています。そして編集はAvid Media Composerを使うことで、今回はフルデジタル撮影を経てフルデジタル制作ができました。」(村上)
AvidCart33.jpg

コンパクトなAvid編集ユニットカート

WRITER PROFILE

編集部

PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。