©2010「SPACE BATTLESHIP ヤマト」制作委員会

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」を支える脅威のVFXを体感せよ!

昨今、メジャー大作映画の作品性や質の低下が問われているが、映画産業にとって年に何度か上映されるこうしたブロックバスター作品は、実は業界でも重要な役割を果たしている。こうした作品は時として劇内で協賛スポンサーのコマーシャリズムに過剰に走っていたり、スポンサードするTV局の宣伝でイメージが歪んだり、有名俳優の誇張などで、作品に懐疑的になり、結果、興ざめで質も低くみられるという問題も多いのは事実。

しかし、こうした作品にしかできない部分として、例えばこれをきっかけに普段は映画館で映画を観ない人がまた映画館に足を運んだりするし、こうした大作に関わることで製作スタッフやキャストも名声を得たり、仕事が増えたりする。興行収入が見込めない新人監督や単館上映作品は、こうした作品へのスタッフ、キャストの関わりをきっかけに他の作品への興味につながったりすることは多い。映画産業そのものを根幹から支えているのは、やはり大作だったり有名作品だったりするのである。

©2010「SPACE BATTLESHIP ヤマト」制作委員会

今年公開された邦画におけるブロックバスター作品の中でも重要な位置を占めると思われるのが、12月1日に公開された「SPACE BATTLESHIP ヤマト」。1974年に放映されたTVアニメ「宇宙戦艦ヤマト」が原作であり、その後の映画作品で日本中に大ブームを巻き起こした。初回のTVアニメ放映から36年の時を経て、ついに実写映画化された。これこそが、40代のお父さん世代はリアルタイムを経験している視点から回顧的な感覚で楽しめ、その子供たち(特に男子)は夢と勇気と希望をくれるSF作品として楽しめる、木村君目当ての女子観客はもちろんのこと、まさに男女世代を超えて楽しめる娯楽作品だ。そして現役の制作スタッフである20〜30代の世代は、この作品で観られるハリウッドにも肉薄する日本のVFXレベルの高さに驚かされるだろう。

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」は、あの「ALWAYS 三丁目の夕日」2作や、「K-20 怪人二十面相・伝」「BALLAD 名もなき恋のうた」の山崎 貴監督、主演はSMAPの木村拓哉。そして全編のVFXを担当したのは白組のVFX&CGチームだ。

この作品をこのチームが手がけた、という意味は大きい。彼らはこれまでの作品で、ブロックバスター作品の作り方を充分に経験してきている。万人が興味を持てる作品の、各々の臨界点を知っているからだ。こうした作品を作るにはやはり経験値が最も大きな役割を果たす。この実写版ヤマトでもどこまでを忠実に再現し、どこまでを脚色するか?何を省いて良いのか、悪いのかなど、2時間強という作品時間の制限の中で、この妥協点を見極めつつ、クオリティを維持するのは非常に難しい作業。だが、本作はそれを上手くやってのけた秀作だった。

撮影期間に約3ヶ月、VFX制作期間に約8ヶ月を費やして制作されたこのSF大作のVFX/CG部分を担当した、株式会社 白組のVFXディレクター 渋谷紀世子氏と、ディレクター/シニアCGアーティストの高橋正紀氏に制作に関するお話を伺った。

WRITER PROFILE

石川幸宏

石川幸宏

映画制作、映像技術系ジャーナリストとして活動、DV Japan、HOTSHOT編集長を歴任。2021年より日本映画撮影監督協会 賛助会員。