DSLRの動画撮影がもたらした新しいカメラの可能性

キヤノンEOS 5D MarkⅡが発売になって2年以上が経った。デジタル一眼レフカメラ(DSLR)を使った動画撮影が、まさかここまで大きな話題を呼ぶとは誰も予想しなかった出来事であろう。2010年の国際放送機器展においても、テーマの大きな柱の一つとしてDSLRムービーが挙げられていた。被写界深度の浅いフィルムライクな映像がファイルベースで手にできるという、夢の世界が映像の新しい分野を確立した。しかも長年培われてきた写真用レンズの恩恵をそのまま動画に反映できるという魅力に加えて、カメラ本体の価格の安さや、ノンリニア編集のワークフローを「簡潔」に組めるという特徴が時代のニーズにぴったりマッチして、DSLRによる動画撮影は爆発的な人気を得た。

enatsu05001.jpg

4/3型フォーサーズセンサーを搭載した、レンズ交換式カメラAG-AF105。大判イメージセンサー搭載カメラのパイオニアとなるか?

しかし、もともと写真撮影用に作られているDSLRは動画を撮影する際に不具合が幾つかある。例えば、音声収録の機能が十分でなかったり、ハンディ撮影するときに持ちにくかったり、あるいは液晶パネルに表示される情報が動画撮影には不十分であったりと、DSLRの動画撮影の現場では各々が工夫を凝らした撮影を強いられる場面が多々あるのだ。そのために専用の周辺機材がかなりの種類で発売されており、音声のインターフェースやシネマサポートキット、あるいはマグニファイア式のビューファインダーなどその数は年々増えている。もちろんそういった周辺機器の充実振りはDSLRの実力を裏付けるものであるが、やはり動画を撮影することに特化しているビデオカメラのスタイルには及ばないところはたくさんある。

そんな中、需要の声が高かったのがビデオカメラとDSLRの二つのものの特性を備えたカメラの存在だ。もちろんRED ONEやALEXAといった「デジタルシネマカメラ」という選択肢は以前からあったが、大判イメージセンサーを搭載した「ビデオカメラ」の進化系の登場を我々は待っていた。センサーが大きくなれば、感度が上がるだけではなく、被写界深度の浅いフィルムライクな映像撮影がビデオスタイルで可能になる。更にはレンズ交換式となれば、DSLRの長所を受け継ぐことになるのだ。

いよいよ登場!フォーサーズCMOS搭載のAG-AF105

enatsu05002.jpg

DSLRとビデオカメラの両方の特性を備えたこのカメラ。インターフェースは従来のPanasonicのカメラとほとんど同じである

前置きが長くなってしまったが「大判イメージセンサー」を搭載したビデオカメラ、つまりはDSLRのいいところとビデオカメラのいいところを組み合わせたミュータントが遂に登場した。Panasonic AG-AF105だ。今年の春に正式に発表になり、いよいよ2010年のInter BEEで実機がお目見えし、その勢いで先日発売となった。正直個人的にはそのスピード感に驚きを隠せないのだが、それよりもその性能には大きな可能性を感じている。

AG-AF105はフォーサーズの大きさのCMOSを積んでいる。従来のハンドヘルド型のセンサーサイズの1/3型からすると、サイズ面積にして10倍以上になった。Panasonicのデジタル一眼レフLUMIXシリーズなどもフォーサーズを採用しているが、このフォーサーズには様々な利点が挙げられる。実際にデジタル一眼レフカメラのセンサーには様々なサイズがあり、最も大きいのはCanon EOS 5D MarkⅡのフルサイズ35mmで、36mm×24mmもの大きさだ。一方でフォーサーズのCMOSの大きさは面積にしてその約4分の1の17.3mm×13mmとなっている。実はこの「大きすぎず」「小さすぎず」というセンサーが被写体を正確に捉えるミソなのだ。

レンズが作り出すイメージサークルの映像をセンサーの隅においても直角に近い角度で捉えることができるため、映像全体が均一にシャープで減光のない映像を捉える性質を持っていることで知られている。更にはセンサーが他のデジタル一眼レフよりも小さいことで、変換アダプターを使えばEFレンズやEFSレンズ、PLレンズなどといった多くのレンズマウントが使用可能なのだ。レンズ交換が可能にする映像世界は奥が深い。AG-AF105を持ってすれば従来のビデオカメラでは実現不可能であった、あおりレンズの織り成すミニチュア映像や、マクロレンズが映し出す被写界深度の浅く解けていくような映像がいよいよビデオカメラスタイルで手にすることができる。

enatsu05004.jpg

フォーサーズ規格のため、マウントコンバーターをつければ数多くのレンズを使用することができる。写真はPLマウントの変換マウント

嬉しいことは、このカメラの発売の前からフォーサーズと様々なマウントの変換アダプターなるものが既に市場に並んでいることだ。今回はPLマウントとの変換アダプターをつけてみたのだが、いきなりツァイスコンパクトプライムのレンズをつけたスタイルが実現してしまった。それだけではない、加熱するDSLRブームの中、次々と発売されるプライムレンズの数々ももちろんつけることが出来るだけでなく、CanonやNikon、Olympusといったレンズももちろん搭載が可能だ。フォーサーズのレンズ群は当然ネイティブでつけられるため、主要なレンズはほとんど使用可能となる。もちろんCMOSが他のレンズより小さいく、あらゆるレンズのイメージサークルに収まってしまうフォーサーズであるが、コンバーターを介して収録される映像の多くはは「テレ側」に寄ってしまうことは常に頭に入れたい。なるべくワイドのレンズを用意することが、コンバートして使うときの前提になるだろう。

enatsu05005XXX.jpg

レンズ交換式という大きな魅力は、様々な撮影スタイルの引き出しを与えてくれる。写真はいわゆるミニチュア撮影などが可能なアオリ効果をつけるTS-pro

AG-AF105の収録コーデックはAVCHDである。PanasonicのAVCCAMシリーズにラインアップされ、今や最も汎用的なコーデックともいえるAVCHDの形でSDカードに収録することができる。リアにある2つのSDスロットはリレー記録が可能となっており、2枚のカードを使った長時間の収録にも対応。注目なのは、インターフェースとしてHD-SDIを搭載していることだ。これによりAVCHDよりも高いクオリティで収録したい場合は外部収録機器をつなげた撮影システムを組むことができる。そしてビデオカメラでは当然だった内蔵NDフィルターや音声のXLR入力があること、そして縦長のハンドヘルドで撮影に臨めることなど、新しいジャンルを確立するこのカメラの特徴といえるだろう。面白いなと感じたのは、被写界深度が浅い収録が期待されるためのなか、フォーカスを合わせるためのフィートメーターを引っ掛けるフックがついていることや、ゲインの設定がISOとなっていることなど、今までにはなかった機能がところどころに垣間見れる。ただ、インターフェースそのものは従来のPanasonicのカメラのデザインや配置を踏襲しており、ほとんどの調整や操作はマニュアルを見る必要もなくいじることができるのが嬉しい。正にビデオカメラの進化系ともいえる逞しい形だ。

enatsu05003.jpg

内蔵記録はAVCHD方式であるが。HD-SDI出力を持っているため、外部収録器につなげれば高画質な映像記録が可能になる

そしてただの「間の子」でとどまることのない機能にも注目したい。驚いたことは、遂に1080 60Pに対応したバリアブルフレームレートを採用しているということだ。12P~60Pまでの20段階のフレームレートを選ぶことができ、オーバークランク撮影やアンダークランク撮影といった世界を手に入れることができる。更には音声記録として16bit・48KhzLPCMを選択することも可能。いやはや、すごいカメラが遂に登場してしまったというのが、率直な感想だ。

WRITER PROFILE

江夏由洋

デジタルシネマクリエーター。8K/4Kの映像制作を多く手掛け、最先端の技術を探求。兄弟でクリエイティブカンパニー・マリモレコーズを牽引する。