デンバー地区では4月2日(土)は快晴で風の強い一日でしたが、気温の方は急上昇してこの日の最高気温がなんと華氏84度(摂氏29度)となりました。 この時期でこの気温は1996年に記録した華氏76度(摂氏26.5度)を超える新記録で、それも8度も上回ったので真夏を思わせる陽気となりました。

それまで相対湿度で5%から15%という異常と思える程の低湿度、乾燥状態が続いていたところでこの強風を伴った高気温は野火(Wildfire)の発生拡大に好条件となって、デンバーの北のWeld郡のGreeleyの町の周辺を始めとしてあちらこちらで大規模な草原をなめ尽くす野火火災が発生して通常の消防車だけでなく森林警備隊も出動すると言う大忙しの一日となりました。

おかげでそれぞれ広大な地域を焼失しましたが、人畜には被害が及ばず家屋の焼失についても人が住んでいないモービルホームが2軒焼失したのみで済みました。

ところが、この土曜日の暑さが収まらないその日の晩には、今度は「気温が急激に下がって日曜日の午後からは降雪の可能性があり、2インチ(5cm)ほどの量の降雪となる見込み。」との天気予報が報じられて、皆が一様に「本当かいなあ!」と思っていました。

そして、地元新聞のDenver Post紙では日曜日の朝刊の記事でその見出しを「Hot! Don’t put away snow shovels yet.」そして「This is not unusual at all for this time of the year.」として土曜日の気温が記録的な暑さだったのと対照させている紙面となっています。

デンバー地区の春雪(1)
春の雪が降った翌日の朝の我が家の前から見た様子です。前日の記録的な高温で地面が暖まっており、道路はそのまま解けてしまっています。新緑の新しい葉が出始めている芝生の上は一面真っ白となっています。

雪の方は予報で知らされた様に日曜日の午後一時半頃より降り始めて夕方6時半頃迄降り続きましたが、地面が暖まっていたところへの降雪でしたので道路面の雪はすぐに融けてしまい月曜日の出勤の車の交通渋滞は有りませんでした。 気温の方は月曜日の明け方の最低気温は氷点下となって日替わりで温度差の非常に多い気候となりました。


デンバー地区の春雪(2)
「山は大雪、麓は小雪」、ロッキー山中では例年を大幅に上回る大雪のこの冬でしたが、麓のデンバー地区ではこの冬はとうとう大雪が見られませんでした。そして、地球温暖化を思わせる様な暖かい日が続いたロッキー山脈の麓です。

なんとも変化の激しいコロラドの気象ですが、この冬はロッキー山脈の特に北部山岳では例年に比べて大雪でしたが、デンバーなどの在る東山麓の平野部では非常に降雪量の少ない冬で平均してかなりの暖冬だったと言えます。


山に雪が多かった事から、その雪解け水を大きないくつものダムで貯水して夏の水道水や灌漑用水に使っているコロラドですが、USDA (U.S. Department of Agriculture)農務省のNatural Resources Conservation Serviceの調査レポートによりますとロッキー山脈を水源とする河川別のこの冬の積雪量を例年と比較してみると、下記の様になっています。

河川名 例年平均との比較 2010年春との比較
Colorado River 130% 172%
South Platte River 123% 149%
North Platte River 135% 182%
Arkansas River 103% 99%
Rio Grande River 76% 66%
州全体の平均値 113% 128%

と言う事で、下流のグランドキャニオンへ水を供給しているコロラド河は昨年に比べて172%と非常に豊富な水量となりそうですし、コロラドの北のホートコリンズの町を通っているNorth Platte川も182%と多いことからこれが暑い陽気で一気に解けると洪水となるのではないかと心配されています。

デンバー地区への水の主要供給源であるSouth Platte川は丁度良い豊富な水量ですので今年の夏の渇水の心配は無さそうです。

デンバー地区の春雪(3)
夜間に気温が急降下したためでしょうか、木の枝に付いていた雪が氷となっています。
デンバー地区の春雪(4)
我が家の前の通理に面した所に建っている2本のメイプルツリーのうちの一本です。既に新芽が出かかっていますが、この雪の影響は無く急激に新しい葉が出てくる時期となって来ました。
デンバー地区の春雪(5)
物干竿の代わりに我が家では太めの針金を吊ってベッドカバーやテーブルクロスなどの大きすぎて乾燥機に入らないものをここに吊るして日光浴をさせています。針金に付着した雪が朝方の気温低下で凍り付いていました。
デンバー地区の春雪(6)
木々の枝が凍り付いてまさに樹氷、この後急速に回復した天候で僅かな間にこの景観は消えてしまいました。

WRITER PROFILE

萩原正喜

米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。