PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. コラム
  4.  > 
  5. 江夏由洋
  6.  > 
  7. [POST HDを考える]Vol.01 大判センサーカメラを理解する~新しいジャンル・デジタルシネマ~
Column

Vol.01 大判センサーカメラを理解する~新しいジャンル・デジタルシネマ~

2011-11-11 掲載

ポストHDを支える新しい技術

enatsuFS01.jpg

ポストHDの位置付けで、二眼式一体型の3Dカメラが続々と発表・発売。写真はPanasonicのAG-3DA1

ビデオカメラによる「HD」の映像技術が充実の時代へ突入し、いよいよポストHDのステージが始まった。私が最近考えるポストHDの分野は、大まかに4つあると考えている。それは「4K」「3D」「WEB放送」、そして「大判センサー」だ。HDの4倍の表示面積をもつ高解像度の4Kや、HDの映像を2枚で構成する3D映像は、技術的なスペックをHDから発展させた新しい映像表現だ。またUSTREAMといったWeb放送メディアを通じて作られるインターネットの新しい世界も、非常に多くの可能性を秘めている。

enatsuFS02.jpg

4Kで撮影ができるRED ONE。デジタルシネマの時代を切り開いた一台

ところが、今最も熱い分野は「大判センサー」だろう。正直な話、「4K」や「3D」は機材や編集のワークフローはコストのかかる業務レベルの分野であることは間違いなく、撮影や再生環境がいまだ特殊であることは否めない。もちろんUSTREAMといったNEWメディアも将来的に大きなマーケットになる可能性はあるものの、発展途上であるといっていいだろう。そんな中ビデオカメラによるHD撮影の時代から、まず最初に火がついた技術が「大判センサーを使った映像撮影」である。その火付け役となったカメラが2008年に発売になったCanon EOS 5D MarkⅡだ。このカメラの登場は映像制作の世界をひっくり返すこととなっただけでなく、多くのクリエーターに「デジタルシネマ」という引き出しを与えてくれた。デジタル一眼レフカメラによる動画撮影という新しいコンセプトは発売から3年が経ち、大判センサーの映像は爆発的に一般映像制作の市場に進出することになったのだ。センサーサイズが飛躍的に大きくなったことで得られる数々の新しいデジタル映像表現は、当時は夢のような話でもあった。何せ今までフィルムカメラでなければ捉えることのできなかった映画のような映像が、デジタルで、しかも安い価格で手にできることになったからだ。

大判センサーの意味

enatsuFS04.jpg

フルサイズセンサーと呼ばれるEOS 5D MarkIIのセンサー。36㎜×24㎜もの大きさがある。今あるファイルベースのカメラでは最大のセンサー

従来のHDの動画撮影というのは大変小さなセンサーによって支えられていた。テレビ局などが使用する業務用のENGカメラであっても、2/3インチサイズのもあればセンサーのサイズは十分に大きいとされていた。小型のディレクターカメラともなれば、その大きさは更に小さくなっていく。ところがCanon EOS 5D MarkⅡのセンサー面積は、ビデオでも大きいとされていた2/3インチサイズの約15倍もの大きさがあるのだ。この36㎜×24㎜のセンサーはフルサイズセンサーとも言われ、現在ファイルベースの動画撮影ができるカメラの中で最大だ。ちなみに映画で撮影されるフィルムカメラの多くはスーパー35㎜サイズといわれるセンサーサイズで、面積にして5D MarkⅡの約半分しかない。このカメラの登場は、映画の撮影をはるかに超える規格でいきなり世間をアッと言わせることになったのだ。

5D MarkⅡはもともとスチルカメラとして開発されたものだったため、大型の印刷にも耐えうるデータを撮影するためにこれほどの大きなセンサーを搭載していたのだが、まさかこのセンサーで1秒間30枚のフルHD動画が撮影できるまでになるとは誰も予想すら出来なかった。ところがキヤノンの技術がそれを可能にし、デジタル一眼レフという意外な場所からポストHDのエポックメイキングが始まることとなった。

enatsuFS05.jpg

センサーサイズの比較。ピンク色の5D MarkⅡにくらべ、従来のビデオカメラのセンサーサイズは最大でもオレンジ色の2/3インチだ。映画のスーパー35㎜も5D MarkⅡの約半分の大きさしかない

美しさの鍵は絞りのコントロールによる「ボケ足」

enatsuFS06-1.jpg

5D MarkⅡで撮影した映像の切り抜き。被写界深度が浅いと、手前や奥がボケる。まさにフィルムライクな映像だ

もともとHDサイズの映像を捉えるためには1/3インチサイズもあれば十分に解像度を担保できると言われているため、センサーがフルサイズの大きさになったところで映像がきれいに映るようになるとは一概には言えない。しかしまずセンサーサイズが大きいと撮影感度が上がる。これは物理的に光を捉える部分が大きくなるため15倍もの面積をもつ5D MarkⅡは暗部の撮影に大変威力を発揮する。そしてもう一つ、ビデオカメラでは撮影できない大きな違いを捉えることができる。それが「浅い被写界深度」だ。

この浅い被写界深度こそが、映像が「フィルムのような」質感になる大きな理由の一つだ。もちろん映画の撮影よりも大きなセンサーで撮影することになるので、ある意味映画より映画っぽくとらえることができる。見せたい被写体にフォーカスが合い、その前後はボケている、という映像にはなぜか温かみがあるものだ。今までのテレビカメラの映像は「パンフォーカス」と呼ばれる被写界深度の深い画が主流であったため、このような画作りはなかなかお目にかかれなかった。これはセンサーサイズが大きいとテレ側のレンズを使うことが出来ることから起因しているのだが、絞りを自在に操ることで被写界深度をコントロールできるというのは大きな魅力になる。

enatsuFS07.jpg

5D MarkⅡにCANON EF14mm F2.8L II USMをつけて撮影した映像の切り抜き。ビデオカメラでは絶対に捉えきれない画角

更にデジタル一眼レフにはスチルカメラで培われた星の数ほどのレンズを使用することができ、超広角の画角や、明るいレンズなど、その選択肢は無限大だ。従来のビデオカメラのほとんどはレンズを交換するという考えはあまりなくズームレンズによる画作りが基本となっていたことに対し、デジタル一眼レフの撮影の理想は、明るい単焦点レンズを撮影中に何本も変えることで自分の思い描く被写界深度の演出を行うことだ。これらの「新しい」撮影方法がすべてファイルベースで行えるようになり、カメラのサイズも小さく、ノンリニア編集のワークフローに簡単に組み込めることで一気にデジタル一眼レフの動画撮影に火がついたのだ。これこそがデジタルシネマの始まりといってもいいだろう。

そして大判センサーを持つビデオカメラの登場

そして当然のように各社がこぞってデジタル一眼レフに動画機能を搭載した。もちろんフルサイズは5D MarkⅡに限られたが、APSサイズや3/4インチなど様々な大きさのセンサーサイズにおいて、デジタル一眼レフカメラで動画の撮影機能は当たり前になったといってもいいだろう。それだけ「ボケ足」豊かなシネマライクな映像は人々の心を惹きつけ、さらにはレンズ交換が生み出す新しい映像表現に多くの人が飛びついた。

しかしもともとスチルカメラとしてデザインされているため、デジタル一眼レフの動画撮影においての欠点もいくつかある。特にユーザーの多い5D MarkⅡは、カメラとしての魅力が大きいがゆえに多くの改善点が挙げられた。例えば音声収録はその顕著な例だ。音の収録がよくないだけでなく、記録中のモニタリングはおろか、液晶画面にレベルメーターすら表示されない。更にはHDの出力機能がなかったり、タイムコードが入らなかったり、様々な部分で問題を抱えている。そこで要望の声が高くなったのは「ビデオカメラの筐体+大判センサー」という需要だ。

映画を意識したスーパー35㎜相当のセンサーが主流

enatsuFS08-2.jpg

フォーサーズのセンサーを搭載するPanasonic AG-AF105。マイクロフォーサーズのマウントのため、マウントアダプターを介して数多くのレンズを装着できる

そんな需要に応えるべく大判センサーを搭載したビデオカメラが、PanasonicとSONYから発売になった。Panasonicは自社のスチルカメラのマウントを踏襲してマイクロフォーサーズサイズのAG-AF105を投入。一方でSONYはAG-AF105の対抗機ともなるスーパー35㎜相当のセンサーを搭載したNEX-FS100Jと、更にはPLマウントを装備したPMW-F3の2台のカメラを制作した。これらのカメラは大判センサーでレンズ交換が可能な上、記録部分は従来のビデオと同じような機構となる、正にデジタル一眼レフとビデオカメラの両方の特徴を持つハイブリッドカメラである。市場が待ちに待っていたカメラといえるだろう。

enatsuFS09-1.jpg

スーパー35㎜相当のセンサーを搭載するSony NEX-FS100J。NEX-FS100JはF3と同じセンサーが採用されている

特にAG-AF105とNEX-FS100Jは価格も安く設定されており、5D MarkⅡユーザーが望んでいた音声収録やHD出力といった機能が充実している。さらに収録コーデックはAVCHDなので、汎用的なノンリニア編集ソフトウエアで簡単に編集できる点も大きな魅力だと言えるだろう。また特筆すべき点はNEX-FS100Jのセンサーは映画撮影で使われるスーパー35㎜のセンサーが搭載されているということだ。

確かに5D MarkⅡよりサイズは小さいかもしれないが、キヤノンのCinema EOSシリーズやRED、ALEXA、あるいはSONY F65といったハイエンドのデジタルシネマカメラはどれもスーパー35㎜相当の大きさのセンサーを搭載している。これからのデジタルシネマカメラの基準はスーパー35㎜相当のサイズが基準となってくるようだ。そういった意味でも。実売50万円を切る価格で同等のスペックを手にできるNEX-FS100Jには大きな可能性が秘めているのかもしれない。ファイルベースのカメラでフィルムカメラと同じ質感の映像を、誰にでも手にできる時代になったということだろう。


WRITER PROFILE

江夏由洋 デジタルシネマクリエーター。8K/4Kの映像制作を多く手掛け、最先端の技術を探求。兄弟でクリエイティブカンパニー・マリモレコーズを牽引する。


[ Writer : 江夏由洋 ]
[ DATE : 2011-11-11 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

WRITER PROFILE

江夏由洋 デジタルシネマクリエーター。8K/4Kの映像制作を多く手掛け、最先端の技術を探求。兄弟でクリエイティブカンパニー・マリモレコーズを牽引する。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
株式会社フロンティア 映像事業室 室長 プロデューサー・ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所代表。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
猿田守一
企業向け動画、番組制作、CM、動画配信、各種ステージ記録など撮影から編集まで行い、地域に根ざした映像制作活動を行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。専門分野は「人を描く」事 。広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。イージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会まで、フィールドは問わない。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。修士(芸術) 博士課程芸術専攻
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
ノダタケオ
ソーシャルメディアとライブ配信・動画メディアが専門のクリエイター。2010年よりスマホから業務機器(Tricasterなど)まで、さまざまな機材を活用したライブ配信とマルチカメラ収録現場をこなす。
山本遊子
山本遊子(やまもとゆうこ) フリーランスの映像ディレクター。1999年からテレビ、WEBなど様々なメディアで映像を作り続けている。うぐいすプロ
渡辺健一
映画録音技師/テクニカルライター(ペンネーム:桜風涼)著書「YouTuber/ビデオグラファーのための『完全録音マニュアル』」
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
千葉孝
収録が3/4テープの撮像管カメラ時代から長きにわたり映像に携わる。カメラマン歴33年。ドキュメンタリーからMV、ドラマ、映画、CMまで様々なジャンルで活動している。最近ではカラリストとしても数々の広告作品に参加。趣味はゲームとバイクと車。日本人で最初のiPhone購入者というのが自慢。
VISIONGRAPH Inc.
イノベーションリサーチに基づいて未来像 {HOPE} をつくる専門会社。様々な領域の未来を予報します。 SXSW Japan Officeも担っています。著書『10年後の働き方』発売中!
小島真也
Blackmagic Design認定トレーナー、写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
リリーヒルワークス代表。銀一株式会社にて映像機器・写真用品のセールス・マーケティングを経て独立。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。2019年6月SXSW Japan Officeを設立。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
小林基己
MVの撮影監督としてキャリアをスタートし、スピッツ、ウルフルズ、椎名林檎、リップスライム、SEKAI NO OWARI、欅坂46、などを手掛ける。映画「夜のピクニック」「パンドラの匣」他、ドラマ「素敵な選TAXI」他、2017年NHK紅白歌合戦のグランドオープニングの撮影などジャンルを超えて活躍。noteで不定期にコラム掲載。
染瀬直人
映像作家、写真家、VRコンテンツ・クリエイター。2014年、ソニーイメージングギャラリー銀座にて、VRコンテンツの作品展「TOKYO VIRTUAL REALITY」を開催。YouTube Space Tokyo 360ビデオインストラクター。Google × YouTube × VR SCOUTの世界的プロジェクト"VR CREATOR LAB”でメンターを、また、デジタルハリウッド大学オンラインスクール「実写VR講座」で講師を勤める。著書に「360度VR動画メイキングワークフロー」(玄光社)など。VRの勉強会「VR未来塾」を主宰。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
20年以上にわたり映像系ジャーナリスト/アドバイザー/プランナーとして活動、2016年よりHOT SHOTを創刊、同編集長としても活動中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。
  1. トップ
  2.  > 
  3. コラム
  4.  > 
  5. 江夏由洋
  6.  > 
  7. [POST HDを考える]Vol.01 大判センサーカメラを理解する~新しいジャンル・デジタルシネマ~