PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. コラム
  4.  > 
  5. 江夏由洋
  6.  > 
  7. [DigitalGang!]Shoot.11 PMW-F55とDaVinci Resolveで作る4K表現
Column

Shoot.11 PMW-F55とDaVinci Resolveで作る4K表現

2013-03-15 掲載

PMW-F55、いよいよ発売

PMW-F55。SONYの技術力が集結した4Kデジタルシネマカメラだ

遂に発売となったSONYの4KデジタルシネマカメラPMW-F55。公表していたスペックを発売までに搭載できなかった経緯もあったことを鑑みても、ここまで完成度の高いカメラが登場するとは個人的に驚いている。SONYが魅せた「4K」の世界には日本の高い技術力がギッシリと詰まっていることを実感せざるを得ない。無論RED Digital Cinema社が4Kカメラを投入したのが実質2008年であるため、ここまでの道のりは相当長かったのは事実だ。おそらく舞台裏では汗と涙が染み渡る試行錯誤があったに違いないし、規格の定まらない4Kへの取り組みは多くの困難があったのだろう。そういった意味でも2012年にはCanonのC500の登場も併せ、ファイルベースのワークフローが映像制作のハイエンドに挑戦した一年でもあった。そしていよいよ2013年、多くの撮影監督やクリエーターたちが待ちわびていたデジタルシネマの世界がいよいよ花を咲かせることになる。

周辺機器も含めてハイエンドの4K制作が可能だ。XAVCコーデックも素晴らしい

「4K」と「色」がデジタルシネマのテーマ

F55で撮影した映像の切り抜き。4Kという解像度は新しい世界観を生み出すだろう

個人的に、デジタルシネマという世界は2つの柱によって支えられると考えている。それが「4K」という言葉と「色」という言葉だ。具体的にはSONYとCanonが描く4Kの世界は4096×2160ピクセルである。パネルのコスト的にはいわゆるHDを4枚並べたQFHDと呼ばれる3840×2106ピクセルというサイズも4K市場ではスタンダードに成り得るのだが、現状として現場の技術者やクリエーターには、やはり4096というサイズにこだわりを持つ人も多いと耳にする。とりあえず未だ4K規格が厳密に確立されるには時間がかかるだろう。ただちょうど1年前のNAB SHOWで4Kを初めてスクリーンで見たときの衝撃は未だ記憶に鮮明に残っている。HDでは実現し得ない解像度の高い映像は、コンテンツに新しい力を与えることは明らかで、ポストHDのトレンドが求めるスペックは間違いなく4Kであると実感している。

F55はS-LOG2を使用することで14 Stopものダイナミクスレンジを得られる。LOGやRAWはこれからの収録スタンダードだ

そして忘れてはならないのが「色」だ。デジタルシネマという分野では、収録をLOGやRAWで行うことが多い。それはポストプロダクションの段階でしっかりとした色を表現するためである。REDがSONYを訴えた件で「RAW」というコンセプトが改めて注目されているが(訴訟の云々はさておき)、作品制作において色作りは非常に重要で、これからのデジタルシネマにおいて更に注力される分野である。如何に作品の色をコントロールするか、完成のイメージから逆算されたワークフローが現場では求められる。これからの制作者は自分がイメージする色を作り出すための技術的な知識を必要とされるようになることは間違いない。例えば従来現場でビデオ信号を管理していたVE(Video Engineer)と言われる職人の世界は、今後DIT(Digital Imaging Technician)とよばれるものに置き換わっていくことだろう。DITは現場のシステムを構築する一方で、RAWやLOGによる収録の色管理を行う仕事だ。

メイドインジャパンの技術がギッシリ詰まったPMW-F55

Premiere Proでの編集の様子。Totalcodeを使えばXAVCもネイティブで動く

そして今年になってPMW-F55の最終出荷版で先月ミュージックビデオの撮影する機会を得た。改めてこのカメラの捉える映像の素晴らしさに圧倒された。特にSONYが開発した新しいイントラフレームコーデックであるXAVCは4Kの運用を「より効率的」に行えるように設計されている。4K24pの映像を240Mbps程度に抑えつつも、その解像度をしっかりと保っており、ポストAVCHDのデファクトとなるコーデックになると予想されるのではないだろうか。現在ほとんどの4KカメラがRAWによるワークフローを強いられる中、このような効率的な圧縮コーデックを用意するあたりが、さすがSONYと言わざるを得ない。今回はRovi/Totalcodeというプラグインを使用することで、Adobe Premiere Proを使ってXAVCを中間コーデックに変換することなくネイティブで編集することを選んだ。

F55の4Kワークフローは実に簡単で、新型のSxS+というメディアでカメラ内部収録させ、それをPCにコピーするだけですぐに編集が始められる。ファイルベースのワークフローで、私が最もこだわる点が「ネイティブ」であり、それが4Kであったとしても変わらない。ちなみにXAVCの4K編集は通常の編集と同様の軽快さで進めることができるのも驚きだ。またガンマもS-LOG2を使うことが可能で、何とダイナミクスレンジが14 STOPというのも注目に値する。更にはグローバルシャッター機能である「フレームイメージスキャン」を搭載しているため、いわゆるローリングシャッター現象や、フラッシュバンドといった映像破たんを起こさないのも特徴だ。

新型のバッテリー、RAWレコーダー、そしてOLEDのEVF。SONYらしい技術が形になった

そして周辺機器も大変充実している。新しい規格のVマウント式バッテリーにオリビン型リン酸鉄リチウムを採用。長寿命であることに加え、なんと1時間足らずでフル充電させられるのも驚きだ。カメラ本体の消費電力も25Whとかなりのパフォーマンスで運用が可能で、今回の撮影においても一日で2本あれば十分であった。また有機ELのEVFやRAWレコーダーなども登場するなど、実に最新の技術がきっしりと詰まっていることがわかる。

DG_vol11_08.jpg
SCLシリーズのPLマウントレンズも素晴らしい。135㎜の表現力は最高だ

昨年のβ機よりもグッと使いやすさもよくなっているのだが、映像のキレも少々よくなっているような感じだ。最終的な追い込みが入念に行われているのだろう。4Kならではの解像感とシャープさは、おそらく多くの人を魅了するに違いない。更に今回カメラと同時に発売になったPLマウントのレンズ群であるSCLシリーズも素晴らしい。20㎜/25㎜/35㎜/50㎜/85㎜/135㎜の6本のラインナップで、キレ、解像感、どれをとっても4Kに相応しいクオリティで映像を捉えてくれる。今回の撮影は横浜の大さん橋で行われたのだが、大さん橋のウッドデッキと、遠くに見えるみなとみらいの建築物、そしてシンガーの表情など、4Kの解像度の魅力を余すところなく活かすことができた。

カラーグレーディングのデファクトへ~DaVinci Resolve

Premiere ProからDaVinci ResolveはXMLを介することでタイムラインを移行できる

そして今回、編集の行程でBlackmagic Design社のDaVinci Resolveを使用した。DaVinci Resolveは現在バージョン9.11で、F55のコーデックであるXAVCをネイティブでサポートしているのだ。実際のワークフローとしては、まずPCに素材をコピーし、それをそのままAdobe Premiere Proで編集。そのタイムラインの編集データをXMLで書き出して、そのXMLをDaVinci Resolveで読み込み、中間コーデックを作ることなくXAVCネイティブでDaVinci Resolveでタイムラインの再現(コンフォーム)を行った。使用した素材には4K/24pと4K/60pの2種類があったものの、問題なく60pの素材はフレームバイフレームの2.5倍スローでDaVinci Resolveのタイムラインで再現できた。当初EDLなどを使った方法もトライしたのだが、ファイルパスの問題やリール名の変更などをする必要があった。いろいろと試してみた結果、XMLでコンフォームをすることでより簡単にPremiere Proの編集情報を移行できることが分かった。

いったんDaVinci Resolve上で編集タイムラインができてしまえば、あとは色補正を行うだけである。特にF55の4K素材はS-LOG2という14ストップものダイナミックレンジをもつ10bit4:2:2の映像であるために、DaVinci Resolveでの色表現の幅を非常に広くとることができる。多少の露出ミスであったり、色温度の調整は簡単に行えるだけではなく、色補正の時の「粘り」はさすがだ。バウンディングなどの破たんも少なく、非常に思い通りの方向でグレーディングを進めることができる。XAVCとDaVinci Resolveの組み合わせは実に見事だ。

DaVinci Resolveの操作は非常に簡単だ。大切なのは色の仕組みを把握することだろう

Lite版が無料ということもあり、目下DaVinci Resolveは多くのユーザーにその扉を開いている。32bit浮動小数点演算のハイエンドグレーディングが可能ということもあって、今年は更にその市場を拡大し、色補正ツールとしてはデファクトスタンダードの位置に上り詰めることは間違いないだろう。ただ、確かに「高精細」で「最高」のグレーディングツールであるにも関わらず、少なからずとも「やってみたいが難しそう」という印象を強く持っている人もいることは確かだ。しかし、このソフトウエア、実に簡単で、UIなどの操作はおそらく2日もあれば大体の構成は把握できる。時間がかかるのは色そのものを理解することのほうなのだ。デジタルシネマにおいて色補正は作品に命を吹き込む作業だと思う。それ故にこの色補正の行程は最高に楽しく、そして最強に奥が深いのだ。

今回の作品で目指したカラーグレーディンクの方向は「高精細」「ハイダイナミックレンジ」だ。そのため適度なコントラストを持ちつつ、多くの情報を映像に残すことを心がけた。やや彩度が薄めである一方で、4Kのもつライブ感を活かす画作りとなった。作業の最初に行うことは「露出の調整」と「コントラスト」である。輝度とコントラストは後で行うと結局色全体が転がってしまうので、最初にある程度決めておかなければならない。

セカンダリーの操作も簡単・高機能

セカンダリーの様子。QualifierとWindow,そしてTrackingで差別化

全ての作業をここで記すことはできないのだが、最もこだわったのが顔色だ。DaVinci Resolveの特質するセカンダリーの機能として「Qualifier」と「Window」、そして「Tracking」を組み合わせた範囲指定の方法がある。10bitの素材は1024のスケールでYRGBの補正を行えるのだが、QualifierはHSLのスケールで補正したい色範囲を細かく決めることが可能だ。

基本的に補正させたい色をピッカーで選んで、あとは細かくHSLスケールを調整して範囲を限定させていくだけだ。これの機能が非常に優れていて、他の色とのアイソレーションがとても簡単に行える。そして更にオーバルやスクエア、ポイントなどの「Window」でマスキングを施せる。今回は顔ということで、出演者の顔をWindowでマスキングした。マスクのぼかしなども非常に簡単で、効率的に場所を狙えるのだ。そしてそのWindowの場所を、クリップを通じてTrackingできる。このTrackingが非常に高性能で、X-Yの位置だけでなく、Z方向やローテーションも解析してくれるため、被写体がカメラに向かって走ってくるようなショットであっても確実に場所や大きさをトレースしてくれるのだ。

DG_vol11_13.jpg
フェイストーンのビフォア&アフター

どうしても彩度を上げたくないカットは、顔色が「病的」になってしまうため、今回は女性のカットは全て顔色を中心に色をグレーディングした。あとはDaVinci Resolveの最高のUIでもある「Hue VS」の色補正をメインに、歌のシーンはパッキリとした印象に、女性のシーンは柔らかいトーンで作業を進めた。

4KをYouTubeへ!

DG_vol11_14.jpg

After EffectsやPreimere Proから直接H.264の4K/24pファイルを書き出せる

ワークフローとしてはDaVinci Resolveからは10bitの4K/DPX連番で書き出して、それをAfter Effectsに載せて、最終的なコンポジットを4Kで行った。

実はAfter Effectsから4K/24pのH.264ファイルを書き出せるのをご存じだろうか?書き出した4Kファイルは、何と4096×2304までの4Kをサポートしており、それを一気にYouTubeにアップロード可能だ。YouTubeはすでに4Kに対応しているため、簡単に4K配信を完結させることができる。これは正直すごいことだと思う。


いよいよ4Kワークフローが完成~課題はフォーカス

監視業務であるモニタリングは4K最大の課題かもしれない。少なくともフルHDは必要だ

編集をしていて一つだけ、4Kワークフローの課題にぶち当たった。それが「フォーカス」だ。一連の撮影で、フォーカスをしっかりと捉えられなかったカットがいくつかあった。HDにダウンコンすれば許容範囲のものでも、4Kで見るとぼけてしまっているものも多かった。これは一概に撮影監督のせいにすることはできず、現場のモニタリングの仕組み自体をレベルアップさせる必要があるのだと思う。

我々が撮影で使うモニターの多くは1280×720のものが多く、特にフィールドで使用するとなると、軽量やバッテリー駆動といった条件がでてくるためこのようなことが起きてしまう。フィートメーターを駆使したとしても、ちょっとしたズレがアッという間にピンボケを生んでしまう4Kは本当に恐ろしい。現実的に4Kモニタを用意できない実情を考えると、フルHDのモニターは絶対必要であり、更にはレンズとカメラの相性もしっかりとカメラテストを行って把握しておくべきである。

とはいえ、今回の作業はHDのものとそれほど変えることなく、ストレスもなく進めることができた。いよいよ4Kのワークフローが現実的となった今、新しいデジタルシネマの世界が多くの可能性を僕らに与えてくれることになるだろう。


WRITER PROFILE

江夏由洋 デジタルシネマクリエーター。8K/4Kの映像制作を多く手掛け、最先端の技術を探求。兄弟でクリエイティブカンパニー・マリモレコーズを牽引する。


[ Writer : 江夏由洋 ]
[ DATE : 2013-03-15 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

WRITER PROFILE

江夏由洋 デジタルシネマクリエーター。8K/4Kの映像制作を多く手掛け、最先端の技術を探求。兄弟でクリエイティブカンパニー・マリモレコーズを牽引する。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
株式会社フロンティア 映像事業室 室長 プロデューサー・ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所代表。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
猿田守一
企業向け動画、番組制作、CM、動画配信、各種ステージ記録など撮影から編集まで行い、地域に根ざした映像制作活動を行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。専門分野は「人を描く」事 。広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。イージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会まで、フィールドは問わない。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。修士(芸術) 博士課程芸術専攻
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
ノダタケオ
ソーシャルメディアとライブ配信・動画メディアが専門のクリエイター。2010年よりスマホから業務機器(Tricasterなど)まで、さまざまな機材を活用したライブ配信とマルチカメラ収録現場をこなす。
山本遊子
山本遊子(やまもとゆうこ) フリーランスの映像ディレクター。1999年からテレビ、WEBなど様々なメディアで映像を作り続けている。うぐいすプロ
渡辺健一
映画録音技師/テクニカルライター(ペンネーム:桜風涼)著書「YouTuber/ビデオグラファーのための『完全録音マニュアル』」
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
千葉孝
収録が3/4テープの撮像管カメラ時代から長きにわたり映像に携わる。カメラマン歴33年。ドキュメンタリーからMV、ドラマ、映画、CMまで様々なジャンルで活動している。最近ではカラリストとしても数々の広告作品に参加。趣味はゲームとバイクと車。日本人で最初のiPhone購入者というのが自慢。
VISIONGRAPH Inc.
イノベーションリサーチに基づいて未来像 {HOPE} をつくる専門会社。様々な領域の未来を予報します。 SXSW Japan Officeも担っています。著書『10年後の働き方』発売中!
小島真也
Blackmagic Design認定トレーナー、写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
リリーヒルワークス代表。銀一株式会社にて映像機器・写真用品のセールス・マーケティングを経て独立。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。2019年6月SXSW Japan Officeを設立。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
小林基己
MVの撮影監督としてキャリアをスタートし、スピッツ、ウルフルズ、椎名林檎、リップスライム、SEKAI NO OWARI、欅坂46、などを手掛ける。映画「夜のピクニック」「パンドラの匣」他、ドラマ「素敵な選TAXI」他、2017年NHK紅白歌合戦のグランドオープニングの撮影などジャンルを超えて活躍。noteで不定期にコラム掲載。
染瀬直人
映像作家、写真家、VRコンテンツ・クリエイター。2014年、ソニーイメージングギャラリー銀座にて、VRコンテンツの作品展「TOKYO VIRTUAL REALITY」を開催。YouTube Space Tokyo 360ビデオインストラクター。Google × YouTube × VR SCOUTの世界的プロジェクト"VR CREATOR LAB”でメンターを、また、デジタルハリウッド大学オンラインスクール「実写VR講座」で講師を勤める。著書に「360度VR動画メイキングワークフロー」(玄光社)など。VRの勉強会「VR未来塾」を主宰。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
20年以上にわたり映像系ジャーナリスト/アドバイザー/プランナーとして活動、2016年よりHOT SHOTを創刊、同編集長としても活動中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。
  1. トップ
  2.  > 
  3. コラム
  4.  > 
  5. 江夏由洋
  6.  > 
  7. [DigitalGang!]Shoot.11 PMW-F55とDaVinci Resolveで作る4K表現