PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 小寺信良 > [小寺信良の業界探検倶楽部]Vol.44 何が変わる?新しいEDIUS Pro 8

News

[小寺信良の業界探検倶楽部]Vol.44 何が変わる?新しいEDIUS Pro 8

2015-06-05 掲載

txt:小寺信良 構成:編集部

今回の業界探検倶楽部は、グラスバレー株式会社が6月26日に発売するEDIUS Pro 8の話題をお伝えする。ほぼ2年ぶりとなるメジャーアップデートだ。いつもならば動画インタビューでお送りするところだが、今回は岡カメラマンが日にちを間違えて現場に到着せず。というトラブルのため、急遽テキスト形式のインタビューでお伝えする。

新EDIUS 8シリーズ発表!その真価はいかに?

5月25日に製品発表会が行なわれ、新EDIUS 8シリーズが初めてメディアの前で明らかになった。価格情報も含め発表の詳細はこちらの記事を参照していただきたいが、簡単にまとめると、価格の大幅ダウン、UIの変更、Quick Sync Videoへのフル対応、キヤノンの新フォーマット「XF-AVC」への対応、ブラウザアプリの付属などである。

一方で、これからおよそ2年をかけて無償追加される新機能も発表された。H.265/HEVC映像の入出力、モーショントラッキング、高品位スローモーション、カラーグレーディングモード、RAWファイル読み込み、Log/LUT対応などである。

kodera_44_02254 無事発表会を終えてホッとしたところでお話しを伺った(写真左:片岡氏、写真右:粟島氏)

これから追加される機能を前もって宣言しておくという方法は、珍しい。また完全に別アプリとなっているメディアブラウザを新しく付けるという点も興味があるところである。これらの狙いはどういうところなのだろうか。今回はEDIUSおよびGV Browserを担当する、同社ストラテジック マーケティング エディティングシステムズのプロダクトマネージャー 片岡敦氏と粟島憲郎氏にお話しを伺った。

目玉機能はアップデート対応?

http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2015/05/150527_EDIUS_8_screen_jp_rev3.jpg EDIUS 8
※画像をクリックすると拡大します
──今回のアップデート内容を見ると、目玉と思われる機能のほとんどが後日の無償アップデートで対応となっていますね。いや別にそれが悪いと言うことではなく、ソフトウェアの売り方というのが変わってきているのかなと思います。
例えばAdobeにしてもMicrosoftにしても、大物ソフトウェアは月額料金のサブスクリプション型に移行しています。EDIUSのような大型パッケージソフトの売り方としても、先にお金を払ってあとから機能が届くという、クラウドファンディング的というか、先払い方式のような新しいスタイルに移行しようとしているのかなという気がするんですが。

片岡氏:ぶっちゃけて言うと、そういうことです。開発の中で基礎開発は済んでいて、こういうのやりたいというのはいっぱいあるんですね。そういうのを提供していくのにあたって、全部がきちっとできあがるのを待ってからリリースしていたのでは結局追いつかないというか、どうしても時期に乗り遅れてしまいます。今回提供を予定している機能についても、以前お客様のほうから「やるの?やらないの?」と再三きかれているところもありまして、「いや、やりますよ」と。一種のお約束になりますが、ご提供させていただきますと言うことによって、我々の今後の方向性をご連絡するということです。

──元々EDIUSは、頻繁にアップデートされるソフトウェアですよね。うっかりしているとアップデートが追いつかないこともあるぐらい。ただアップデートされて、何が変わったのかよくわからない事もあります。

粟島氏:これまでEDIUSは、これからどうなっていくんだろうというところが見えにくかったと思うんです。最新フォーマットに対応するとか、リアルタイム性とかは担保されてたとしても、どういう機能を積んでいくのというのがわかりにくかった。これは我々の伝え方もよくなかった点はあるかと思いますが。

今回はデジタルシネマのほうに行くと宣言させていただきましたけど、それもやりながら、違う仕掛けも仕込めたらいいなと思います。GV Browserというのが、そういうフックの部分ですね。

──前回取材させていただいたのが、EDIUS 7になる時でした。あの時もほぼ作り直しというレベルで64bit化対応を行ったわけですが、今回もう一度EDIUS 8という新しいプラットフォームにしなければならなかった理由はなんですか?

片岡氏:EDIUSは発売してもう12年になりますが、まだいろんなところに古い仕組みも残っています。7で64bitベースにはなったんですけど、それでもまだ若干、昔のレガシー機能を引きずってるところもありました。それで遅くなっているところがあるのを、思い切って8で変えて、新しいベースに変えていくと。

──リリース時点の目玉として、Quick Sync Videoによる高速化という点がありますよね。ユーザーにとって、これの恩恵はどれぐらいあるんでしょう?

粟島氏:実はEDIUS 7のときにも、エンコードだけはQuick Sync Videoに対応していました。今回はデコードも対応したので、編集時の再生などでリアルタイム性が上がりました。今回の発表会デモは、すべてノートPCだけでやっています。ノートで4K/30pまでやれるというところも、デスクトップアプリケーションとしてこれからどういう方向に行くべきかというトレンドを見据えた結果なんです。

kodera_44_02252a 発表会のデモはすべてノートPCで行なわれた
──言われてみれば、Quick Sync Videoのデコードに対応したというのは、これまであまり聞かないですね。

片岡氏:そこはずっとIntelさんと密接にやらせていただいてる中で、Quick Sync Videoをもっと有効に使えないかというときに、アイデアとして出てきたところです。EDIUS 8のメッセージとして、「軽い」「ノートPCでも軽快に動く」というアピールともよく合います。

GV Browserは何を狙う?

http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2015/05/150527_GVBrowser_JP.jpg 将来はブラウザじゃなくなる?GV Browser
※画像をクリックすると拡大します
──ではEDIUS 8に付属することになる「GV Browser」ですが。なぜ今ブラウザをバンドルすることになったんでしょう?

片岡氏:元々我々はEDIUS NeoとかEDIUS Expressとか、いわゆるEDIUSをカットダウンしたバージョンをやってきました。そしてこういうアプリの将来はどうしていったらいいのかと考えたときに、プロではない一般の人が必要とする機能というのは何なんだ、というところから考えだしたんです。

もちろん簡単に編集したいというのはあると思いますが、1つのメモリーカードの中に何千枚という写真やビデオが入ってしまうようになって、自分のシステムの中に大量に素材がある。それを綺麗に整理するもの、どんなカメラのどんなフォーマットにも対応できて、軽快に見られる決定版のようなツールがないなと。

じゃあこれまでEDIUSでずっとやっている、最新のフォーマット対応とかの中で、各メーカーさんとやりとしてきたノウハウが使えるんじゃないのかと。一般的により広く使っていただくものとして、どういうツールを作るのがいいのか、そこから始まってます。

──なるほど。そうは言っても、リリース当初はファイルを見るだけ?

粟島氏:EDIUSのエンジン部分も相当使ってますので、4Kプレビューもできます。セカンドディスプレイを繋いでいただくと、ちょっとしたポンだしができたりなど、実は色々考えてあります。

基本的な考え方として、巨大なメディアプールのなかで1つのクリップをどうしたいか、そして沢山ある素材をどうまとめたいか、その2つの方向があると思うんですね。さらにそのメディアプール自体をどうしていくのか、それが問われる時代が来ると思っているんです。それはクラウド連携かもしれませんし、ちょっとカット編したものをほかに渡していくということかもしれません。いろんな可能性がある中で、まずはブラウザ機能を実装して、様々なご意見を聞き回りたいなと思っています。

──これとEDIUSとの関係は?EDIUSにもメディアブラウザがあり、BINもありますよね?機能的には被ってるんじゃないかと思いますが。

粟島氏:それは使い方のスタイルの違いですね。EDIUSまで立ち上げて仕分けをするのはしんどいなと。だったらノートPCでプレビューしながら整理して、帰ってからEDIUSでちゃんとやると。編集する前段階で綺麗に整理するということです。その点GV Browserは、Surfaceなどでキーボードを外したタブレットモードではUIが変わりますし、画面タッチで拡大できるといった機能も持たせています。

またメタデータを使った検索、例えばカメラ名や解像度で検索し、仮想フォルダにまとめるといった機能もあります。この仮想フォルダをEDIUSで読み込んで編集できます。EDIUSのソースブラウザとして、もっと連携を強化していかなければいけないし、単体でも機能強化していきます。

──では将来的にはEDIUSバンドルではなく、Neoの後継といったブラウザでは収まらないものになっていく、ということなんでしょうか。

片岡氏:元々別アプリになるという予定で開発がスタートしています。

粟島氏:次の世代のEDIUS Neoということで、ジャーナリスト、フォトグラファーなどが使えるツールになると思います。こちらはEDIUSよりも柔軟に設計されていますので、これからいろんなことがやりやすい。特にUIのところなどは、4Kの高解像度ディスプレイにも対応していますし、ここで成功した技術をEDIUSのほうに持ち込むといった事も考えています。


WRITER PROFILE

小寺信良 業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。


[ Writer : 小寺信良 ]
[ DATE : 2015-06-05 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[小寺信良の業界探検倶楽部]Vol.55 新たな展示会「4K・8K機材展」はいかに?気になったあれこれ

txt:小寺信良 構成:編集部 今年から新たにスタートした「4K・8K機材展」。東京ビッグサイトで2018年4月4日~ 6日の3日間開催されました。翌週からNA... 続きを読む

[小寺信良の業界探検倶楽部]Vol.54 CP+で見つけた動画関連で気になったモノ

txt:小寺信良 構成:編集部 例年パシフィコ横浜でこの時期に開催されているCP+。デジタルカメラと写真専門のショーということで、盛り上がりを見せています。動画関... 続きを読む

[小寺信良の業界探検倶楽部]Vol.53 国際精華株式会社を訪問。4K/8Kをひかえた中国放送事情とは

txt:小寺信良 構成:編集部 今回訪問するのは錦糸町にある小さなメーカー、と思いきや、中国にある総合放送機器メーカーの子会社を取材します。放送用ハンドヘルドカメラの... 続きを読む

[小寺信良の業界探検倶楽部]Vol.52 機会があれば行くべきBIRTV2017とは?

txt:小寺信良 構成:編集部 今回は、中国の放送機器展BIRTVに初参加してきました。日本とは少し?いや大きく異なる放送機器展とは一体どんなものだったのでしょう... 続きを読む

[小寺信良の業界探検倶楽部]Vol.51 AfterNABで発表されたEOS C200とはどんなカメラだ?

txt:小寺信良 構成:編集部 2017年5月30日から大阪を皮切りにスタートしたAfter NAB。それに合わせてキヤノンから新しいカメラが発表されました。NABで... 続きを読む

WRITER PROFILE

小寺信良 業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 小寺信良 > [小寺信良の業界探検倶楽部]Vol.44 何が変わる?新しいEDIUS Pro 8