PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 鍋潤太郎 > [鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.58 海外からVFXプロジェクトを受注するには

News

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.58 海外からVFXプロジェクトを受注するには

2015-06-16 掲載

取材:鍋 潤太郎
映画のメッカ、ハリウッド

日本のVFX業界の方からよく尋ねられる質問の1つに、「ハリウッドからVFXプロジェクトを受注するには、どのようにすれば良いでしょうか?」というのがある。これは、非常に難しい質問である。確かに、海外からのプロジェクト受注は、日本のCGプロダクションにとっては憧れであり、特にハリウッド映画のプロジェクトを受注する事は目標でもあるだろう。しかし、そこに辿り着く為には数々のハードルがあり、決して簡単ではない事は容易にご想像頂ける事と思う。

また、海外のVFXスタジオと日本のCGプロダクションの間には、パイプラインの違い、そして制作スタイルの違いなど様々な相違があり、予めこれらの事情をある程度理解しておく事も必要だろう。

そこで今回は、その質問にお答えすべく、「海外からVFXプロジェクトを受注するには」というテーマで、筆者の視点から見た、筆者なりの意見を、ハリウッドの最近の動向を鑑みた上でご紹介させて頂く事にしよう。

言葉の壁

NABA_vol58_Picture-030 ハリウッド&ハイランドから、ハリウッドサインを望む

ハリウッドの映画スタジオや、映画会社側のVFXスーパーバイザーがプロジェクトをアメリカ国外へ発注する場合、英語を母国語とする国が対象になる事が殆どである。その多くはカナダ、イギリス、ニュージーランド等へ発注される。つまり、英語を母国語としない国へ発注された事例は極めて少なく、筆者の知る限りでは、タランティーノ監督が「キルビル」のアニメーション・シーケンスを日本のプロダクションI.Gへ発注したケースや、シルヴェスター・スタローンが監督した「エクスペンダブルズ」シリーズがブルガリアのVFXスタジオであるWorldwide Fxに発注されたケースくらいである。

米西海岸のVFXスタジオが、ロトスコープの作業を海外へアウトソースするケースも見受けられるが、その多くは英語が通じて、制作コストが安く抑えられるインドへと発注される事が多い。テレビのプロジェクトでは、日本のポリゴン・ピクチュアズがアメリカのテレビシリーズにおけるアニメーション作品の受注に成功した事例があるが、こうした成功例は言葉の壁もあって数が少ないのが実情であろう。

海外のVFXスタジオから、アウトソースを受ける難しさ

時折、西海岸を訪問された日本の方から「ハリウッドからVFXプロジェクトを受注したいので、VFXスタジオを紹介して欲しいのですが」「業務提携も視野に入れて訪問したいので、ぜひ担当者を紹介して頂けますか」という旨のご相談を頂く事がある。

ただ実際のところ、筆者がこれまでにハリウッドのVFX業界や、制作現場で目にしてきた範囲では、ハリウッドのVFXスタジオからアウトソースを受けるという流れはあまり現実的ではないように思う。

まず1つには、各VFXスタジオは利益を出す為に「なるべく多くの作業を社内で完結させたい」という考え方がある。モーション・キャプチャやプリビズ等の専門性の高い作業が外部の会社にアウトソースされる事はあっても、ショット・ワークはモデリングからコンポジットまでを社内で完結させる場合が殆どで、「制作費をなるべく社内に落として利益を出す」という傾向がある。

NABA_vol58_R&H 大手VFXスタジオは、作業を社内で完結させる場合が多い。写真は現在開店休業状態のR&H

ハリウッドの大手VFXスタジオが、“やむを得ず”外部に発注する場合には、大きく分けて2通りがある。1つは自社内ではどうしても実現不可能な特殊なテクニックが必要とされる場合。もう1つは、大手VFXスタジオが自分達だけでは締切りに間に合わないと判断されたシーケンスやショットを急遽、外部の中堅スタジオ等へ丸投げする「911ジョブ」(911は日本で言う110番/119番に該当。つまり、緊急依頼である)というのがハリウッドでは時折見受けられる。この場合もロサンゼルスやバンクーバー、ロンドン等にある、ある程度の実績を持つ中堅VFXスタジオへ発注される事が多く、その緊急性も手伝って英語圏以外の国に発注されるケースは少ない。

ただ、例外なのはILMであろう。ILMは独特のアウトソース・ネットワークを持ち、「パートナー」と呼ばれる信頼関係のある外部のVFXスタジオ複数と提携し、VFXシーケンスをアウトソースしている。そのアウトソース先には北京のBase FXなどの英語圏以外の国も含まれており、ILMが採っているスタイルは、極めて珍しいレアなケースである(この詳細は、「海外VFX業界動向BLUEBOOK」(Amazon.co.jp)でもご紹介しているので、ご興味のある方は参考にしてほしい)。

パイプラインの違い

NABA_vol58_DD 大手VFXスタジオは、各社が独自のパイプラインを敷いている。写真は移転前のデジタルドメイン

アウトソースに限らず、2社以上のVFXスタジオがアセットの共有を行う場合、必ずと言って良い程ネックとなるのが、使用ツールやパイプラインの違いによる問題である。例えばロトスコープのアウトソースを受ける場合、NUKEやシルエットなどハリウッドでよく使用されているツールを使用しての作業が求められるケースがあるが、そんな場合はアフターエフェクトをコンポジットの主要ツールに採用しているCGプロダクションだと、受注出来る可能性が低くなるだろう。また、LinuxベースのパイプラインのVFXスタジオと、WindowsベースのCGプロダクションとでは、パスの記述方法やファイルの参照先などで少なからず混乱が予想される。自社開発のツールやファイル形式を採用しているスタジオ等を相手にする場合は、尚更である。

実際のところ、こう言ったアセットの共有や、やり取りを取り巻く問題は英語圏のVFXスタジオ同士でも頻発しており、その都度パイプラインTDの助けを借りたり、部門毎のミーティングを頻繁に開いて解決する等、その対応にもある程度の時間を割いているのが実情である。その上に言語の壁があると、通訳・翻訳に時間を要する事になる。

ちなみに、通訳が必要とされる場合、プロダクション業務という特殊性ならではの問題が発生する事があるようだ。これについては、人気ブログ「海外でCG屋をやってみる」で木村 匠氏が大変興味深いレポートを掲載されており、ご興味をお持ちの方は是非コチラをお読みになると良いだろう。

現地にスタジオを開く難しさ

筆者は、日本の業界の方から「LAにスタジオを開きたいのですが」というご相談を何度か受けた事がある。現地に営業オフィスを置き、そこで海外プロジェクトを受注したり、もしくは小規模の制作チームを置いて制作を行いたい、というものである。

実は、LAでは一時期、複数の日系CGプロダクションが点在していた事がある。特に90年代後半には日本の映像企業によるLA進出が流行した時期があり、筆者はその経緯を傍観していた。しかし、これまでLAに進出した日系CGプロダクションの殆どが、撤退に至っている。敗因は共通しており「アメリカのプロジェクトが取れない」事にあった。中には、最後はオフィスの賃貸料さえ停滞し、夜逃げ同然で撤退した日系CGプロダクションすら見受けられた。

ロサンゼルスに制作チームを置いた日系CGプロダクションの多くは、「日本のプロジェクトをLAで制作する」に留まってしまい、なかなか思うようにアメリカのプロジェクトを受注するには至らず、最終的には撤退するというパターンであった。

例外は、IMAX等の70mm大型フィルムという特殊マーケットを顧客に10年余り北米でのプロジェクトを受注し続ける事に成功したIMAGICA USA(2004年にFotoKemに売却される形で解体)、オリジナル・コンテンツや米テレビシリーズのアニメーション作品を手掛けているスプライト・アニメーション等があるが、これらの成功事例は極めてレアなケースと言えるだろう。

各国の補助金制度に大きく依存する、ハリウッドのVFX業界ビジネスモデル

NABA_vol58_Vancouver 現在「ひとり勝ち」状態のバンクーバー。補助金制度が功を奏し多くのVFXスタジオが集結している

昨今、ハリウッドのVFXプロジェクトがアメリカ国外へ流出し、それが業界では大きな問題となっているが、この背後には諸外国が実施している補助金制度の影響が大きい。これは「うちの国・州に撮影やポスプロを発注してくれれば、制作費や人件費の30~50%(条件や還付額は国・州によって異なる)を後で還付します」という制度で、ハリウッドの映画スタジオはこの制度に飛びついた。故に映画のメッカであるはずのLAでは撮影&ポスプロ作業の発注が激減し、多くのVFXスタジオが倒産に追い込まれたのは皆さんもご存知の通りである。

近年のハリウッドのVFXプロジェクトは、「強力な補助金制度を実施している国や州」を中心に発注されており、補助金制度に完全に依存した、極めて非健全なビジネスモデルになっている。つまり、補助金制度が実施されていない地域では、受注そのものが難しいのが現状だ。それを逆手に取り、仮に日本政府や地方自治体が同じような補助金制度を実施すれば、ハリウッドからVFX作業を受注出来る可能性は決してゼロではない。しかしながら、億単位の膨大な還付金が必要になる事などから、日本での同制度の実施は、あまり現実的ではないと言えるかもしれない。

密かな可能性を秘める?映画会社側のVFXスーパーバイザーとのコネクションづくり

NABA_vol58_London イギリスにも映画産業に対する大きな補助金制度がある。多くのVFXスタジオが集結するロンドンのソーホー地区

これまで述べてきたように、ハリウッドからVFXプロジェクトを受注する事は、決して容易ではない事がご理解頂けると思う。さて、では一体どのようにすれば良いのだろうか?これは、あくまでも筆者の私見だが、そんな困難の中にも、もしかしたら可能性が秘められているのでは?と思う方策がある。それは、VFXスーパーバイザーとのコネクション、及び信頼関係を築く事にあるのかもしれない、と筆者は考えている。ここで述べているVFXスーパーバイザーとは、「VFXスタジオに勤務しているVFXスーパーバイザー」を指しているのではなく、VFX作業を発注する立場の、「映画会社側(=クライアント側)のVFXスーパーバイザー」の事である。

なぜなら、VFXプロジェクトを何処に発注するかは、映画会社側のVFXスーパーバイザーの意見が反映される事が少なくない。つまり、VFXスタジオからのアウトソースに期待するのではなく、映画会社側のスーパーバイザーから直接仕事を請けるというアプローチである。映画会社側のVFXスーパーバイザーと何等かのコネクションが生まれ、尚且VFXプロジェクトを受注出来るだけの信頼が得られれば、わずか数ショットでも受注にこぎ着ける事が出来る“かも”しれない。そして、その仕事で更なる信頼が得られれば、次の作品ではより多くのショットを受注出来る可能性も出てくるのではないだろうか。

では、どうやって「映画会社側のVFXスーパーバイザー」とのコネクションや信頼を得るのか?という事に話が行き着くと思うが、日本へご招待したり、ある程度予算の大きなプロジェクトを「お仕事」として振る事で信頼を得たり、各自治体の現存の補助金制度を可能な範囲で活用したり、VESアワード等に応募して作品を見てもらう機会を増やしたりと、そういった地道な行動が、意外なところで道が開けるような…気がしている。残念ながら「これが正解」というアイデアはなかなか見つからないが、大切なのは日ごろの行動力なのかもしれない。

おわりに

今回は「海外からプロジェクトを受注するには」というテーマで、ハリウッドVFX業界の動向や現状を踏まえて筆者なりの意見をご紹介してみたが、少しでも読者の皆様のご参考になれば幸いである。筆者個人は、将来ハリウッド映画のVFXプロジェクトを日本で受注する事は、決して不可能ではないと考えている。ただ、それを実現するには正しい知識や情報が必要となる。その意味で、筆者はVFX分野の映像ジャーナリストとして、今後も皆さんに可能な限り正確な生の情報をお届けして行きたいと思う、今日この頃である。


WRITER PROFILE

鍋潤太郎 ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。


[ Writer : 鍋潤太郎 ]
[ DATE : 2015-06-16 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.104 ハリウッドにおけるコンテンツのデジタル配信 プロにお話を聞いてみました

1年間に配給されるハリウッド映画の本数も膨大な数に上る(LAの映画館にて筆者撮影) txt:鍋潤太郎 構成:編集部 はじめに 全世界に向けてディストリビューション(配給)... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.103 米インテルがハリウッドに仕掛けた新戦略 インテル・スタジオとは?

© 2019 Intel Corporation直径32メートルもあるボリューメトリックキャプチャー・ステージ。人物と比較すると、その巨大さが見てとれる(画像提供:イン... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.102 第17回VESアワード受賞式 スペシャル・レポート

txt:鍋潤太郎 構成:編集部 はじめに 2月5日(火)夜、ロサンゼルスのビバリー・ヒルトンにおいて、第17回VESアワード授賞式が開催された。会場のエントランス付... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.101 第91回アカデミー賞VFX部門のノミネート作品を決定する「BAKE-OFF」に参加してみる

取材:鍋 潤太郎 構成:編集部米国映画芸術科学アカデミーの建物(ビバリーヒルズ) はじめに 1月に入り、ハリウッドは映画の賞レースのシーズンの幕開けとなった。1月6... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.100 連載100回記念 ~ILMエグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクター、ロブ・ブレドウ氏による講演

画像提供:© 2018 ACM SIGGRAPH 取材&写真:鍋 潤太郎 協力:ウォルト・ディズニー・ジャパン 謹賀新年 ついこの前、夏のバンクーバーでSI... 続きを読む

WRITER PROFILE

鍋潤太郎 ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 鍋潤太郎 > [鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.58 海外からVFXプロジェクトを受注するには