PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 安藤幸央 > [CEDEC2015]国内最大のゲーム開発者向けカンファレンスCEDEC2015開催

News

[CEDEC2015]国内最大のゲーム開発者向けカンファレンスCEDEC2015開催

2015-09-08 掲載

txt:安藤幸央 構成:編集部

ゲーム開発者が集うカンファレンス

CEDECは、CESA(社団法人コンピュータエンターテインメント協会)が主催する、国内最大のゲーム開発者向けカンファレンス。8月26日から28日の3日間、横浜みなとみらいのパシフィコ横浜にて開催された。年々規模が大きくなるCEDECは、基調講演、海外ゲストの召還はもちろんのこと、複数トラックのセッション、ワークショップ、ペラコンと呼ばれる1ページの企画書コンテスト、各種展示等、会場いっぱいに催しが展開し、参加者同士の交流も盛んに行われていた。

一昔前であれば、ゲーム開発に携わる各社のノウハウは門外不出で、技術情報がなかなか外に出てこなかったが、海外のゲーム開発者カンファレンスの影響などもあり、日本でも一部のノウハウを公開することで適切な助言やフィードバックを得たり、業界全体で切磋琢磨したり、ゲーム業界全体のクオリティを高めようという機運が強い。最近ではCG映像づくりにリアルタイムで描画可能なゲームエンジンをドラマなどの制作期間が短い映像制作に活用したり、逆に、昔からあるレンズ表現や映像制作のテクニックがゲーム制作に活用されたりと、様々なノウハウが行き来している。それではCEDEC 2015から、PRONEWS読者向けの話題をピックアップして紹介しよう。

Data Art and Entertainment / 真鍋大度(株式会社ライゾマティクス)

CEDEC2015_8274232 データアートとエンターテインメントについて講演を行うライゾマティクスの真鍋大度氏

2日目の朝一番の基調講演は、メディアアートの分野と、それらの表現を活かした数々の商業展開で活躍されているライゾマティクスの真鍋大度氏。パシフィコの大ホールが、ほぼ満席に近い会場での講演であった。

講演内容は、データを可視化することで、その表現をエンターテイメントで活かした事例を中心に、真鍋氏が今までに手がけた様々なメディアアート作品、CM作品、Perfumeのライブ演出手法(演出そのものは演出家、振付師のMIKIKO氏)などを時間いっぱい紹介した。

メディアアートの世界は映像を加工するだけの時代から、映像や表現を相手にインタラクションできるようになり、そこからさらにデータを可視化してアートの形に変えるという見慣れた表現から、これから一歩先に進んだ表現方法を作り出すためには、データを活用した表現は不可欠であるという観点から事例が紹介された。

CEDEC2015_8274340 実写映像と3D映像の切り替え確認用の画面

SXSWという米国テキサス州オースティンで開催される音楽を中心としたフェスティバルで行われたPerfumeのライブでは、会場が狭く、観客が100人ほどしか入ることができなかっため、最初から中継を中心に映像作りを考えていた。しかし、ただの中継では面白くないため、リアルタイムで様々な映像加工をすることになった。手持ちで動くスクリーンを検知するために、赤外線を反射する素材を周囲に貼ったもの、カメラ自体も三脚で会場内に固定設置が難しかったため、手持ちカメラを使用し、その手持ちカメラ自体も赤外線反射で位置情報が検知できるよう工夫したそう。

CEDEC2015_8274327 過般式のスクリーンは移動場所が分かるよう、周囲の枠に赤外線を反射する素材が貼付けられている CEDEC2015_8274321 事前に3Dスキャンした会場のデータ

事前準備としては、あらかじめ会場ホール全体を3Dスキャンしておき、背景の3DCGモデルとして使うとともに、撮影手順のプランニングにも活用。Perfumeの三人のダンスもあらかじめモーションキャプチャしておき、そのデータを利用して現実と仮想を行き来するような表現で合成に活用。Perfumeの三人ともダンスのプロフェッショナルなので、何回踊っても寸分違わず同じ位置で踊ることが出来るため、映像と実写の位置合わせの苦労はほとんどなかったそうだ。

VR制作の西洋からの反省談:Crytekの教訓 / David Bowman

CEDEC2015_8263995 左右の目それぞれのカメラ方向から絵作りするのが良いと説明するBowman氏

ドイツのゲーム開発会社Crytek社からは、現在流行つつあるOculusなどのヘッドマウントディスプレイ向けのVRゲームを制作した際の失敗談と、その失敗個所の改善方法についてのセッションが行われた。

1990年代、高価な機材が必要だったVRは研究者向けのものだったが、昨年、今年に流行りつつある、各種VRヘッドマウントディスプレイはこれからも拡充し、2019年ぐらいには専用ゲーム端末程度に一般化すると考えているとのこと。VRヘッドマウントディスプレイそのものについて、最初は大げさに報道されているだけで単なるオモチャかと思っていたが、ゲーム開発の専門家の目で見ても、現在はその考えを改めているそう。VRコンテンツを試作する上で様々な試みを行い、失敗、修正を繰り返してきたなかでのノウハウは以下のとおり。

  • 1回のレンダリング画像を、左右の目にずらして簡易的な立体視を表現するのではなく、左目用、右目用に別々のカメラ位置からレンダリングをした方が良い
  • VR世界の登場人物と視線が合うように調整する。ロボットのような意志の無いうつろな目ではなく、リアルな人間や生き物の目を表現する
  • 手前に平坦な書き割りがあって、遠くに背景があるという空間づくりではなく、手前の空間から奥の空間まで全てにオブジェクトやポリゴンが存在し、配置すること
  • スケール感が重要。手間にあるものを小さめに描くと恐竜などの巨大な物体が大きく感じられる。照明効果なども考え、適切なサイズで見えるように調整する
  • ユーザーはどこを見るのか分からない。飛び回る飛翔物(虫や鳥など)で視線を誘導したり、照明効果で見るべきところに注目するよう、演出する必要がある
  • 自然界には完璧な直線など無いので、不自然に感じるような直線や、境界線のようなものは作らない(これは森の中を描いたCrytek社のコンテンツの場合)
  • 旧来の映像作りにおける視覚言語が成り立たない(例えば右を向いている人と左を向いている人を交互に映像で見せることができれば、2人が対話しているように見えるなどといった映像制作の定番カット割り)。映画を初めて観る人のために作るような気分で、VRを初めて観る人のためを考えてつくる
  • VRコンテンツはわくわくするが、それは長時間持続できない。最大でも15分程度の短い時間で楽しめる演出にする。それ以上に及ぶ場合は映像の中で一度ブラックアウトするとか、ゆったりと止まるとか休憩時間を作ると良い
  • ユーザーが体験するのも短時間で疲労してしまうのももちろんのこと、開発テスト中も長時間見ていると疲れて適切な判断が出来なくなるので要注意
  • 音は重要な要素。その空間に居ると思わせるような三次元空間に配置した音を提供する。もしかしたら映像よりも音の方が重要な要素かもしれない。音をコンテンツに加えるのは制作の最後ではなくて、一番最初から映像と音を考えながら作らなければ適切な音の演出が出来ないとのこと
  • シーンの中に、映像酔い防振のための、いつも動かない物体を描くと効果がある場合もあり
CEDEC2015_8264005 書き割り的な平坦な森(左側の映像)ではなく、手前から奥まで様々な物体を配置したもの(右側)

上記のような旧来のVRから言われてきた事象や、VRゲームを制作してきたからこそ言えるノウハウを惜しみなく皆に提供し、VRコンテンツ制作をする仲間は、決してライバルでは無いことを強調していた。うまくいったことを共有し、VRマーケットを拡大していきたいという希望と、今はまだ小さな市場だが2019年頃には当然のごとくVRゲームを世の中の皆が楽しんでいるだろうと、講演を締めくくった。

認知科学・心理学からみたコンピュータエンタテイメント:「体験する」とはどのようなことか / 渡邊克巳教授(早稲田大学理工学術院)

CEDEC2015_8264085 人間の目の働きとして、中心のほんの部分しか焦点があっていないことを解説する早稲田大学理工学術院の渡邊克巳教授

認知科学をテーマとした本セッションでは、認知科学を専門に研究する中から、エンターテインメントに生かせる事象や、ゲームを評価対象にした認知科学実験などが紹介された。普段何気なく体感している様々な視覚的事象が、学術的解説や実験結果のもとでわかりやすい事例で紹介され、会場の聴衆からも感嘆の声が上がっていた。それらのポイントは、

  • 人は周囲の環境によって、見ているものの理解が異なる。同じ色でも周囲の環境によって見え方が異なる
  • 一度に見えているのは、目の真ん中の部分だけ。角度にして1度分しかピントがあって見えている部分は無い
  • 人は、映像の中で起こっているさまざまな事象に意外なほど気付かない
  • ただし一度気付いてしまうと、二度と見ないように気付かないふりは出来なくなってしまう
  • 気付いてしまっている人は、気付かない人がなぜ気付けないのか理解することができない

人の意識は一つしかなく、見え方や理解の仕方を意識によって切り替えることはできるが、同時に2種類の意識を持つことはできないそう。

また、実感のわく具体例として、HDの解像度の映像を一度観てしまうと、それまでのSD解像度の映像は荒く感じてしまうし、4Kや8Kの高精細でスムーズな映像を一度目の当たりにしてしまうとすぐに慣れてしまい、それ以前の荒い映像に満足していた時期もあったのに、それまでの良い体験を帳消しにしてしまうことがあるそう。

CEDEC2015_8264112 さまざまなゲームを狭い画面サイズでプレイした時の様子

また、実験の事例では、覗き窓のようなとても狭い画面サイズで、様々なゲームが可能かどうかを実験した結果、本人が見ていないと思っていても、意外と広範囲を見ていたり、とても狭い画面でもゲームそのものは可能であるが「楽しめる」かどうかは、また別な要素だということが分かったということが紹介された。

没入型モバイル・バーチャルリアリティーアプリケーションの構築 / Wolff Dobson(Google, Inc.)

CEDEC2015_8274533 ゲームエンジンUnityにカードボード専用SDKを組み込んでコンテンツ作成中の様子

Googleからはダンボールで作られたVRゴーグル、Googleカードボード向けのコンテンツ制作についてのセッションが行われた。

スマートフォンとダンボール製のゴーグルを組み立てるだけで、一昔前なら数千万円級の機材が必要であったVRの機材が一気に身近になった。そのVRの世界を手軽に楽しむことができるGoogle Cardboardの登場によって、VRコンテンツの世界が一気に広がってきた。現在純正のGoogleカードボード以外にもサードパーティ製も含めて普及しており、アプリの普及率も100万ダウンロードを超えたとのこと。専用アプリが作りやすいよう、Androidスマートフォン用はもちろんのこと、ゲームエンジンUnity用やiPhone用のSDK(開発キット)も用意されている。YouTubeにも360度パノラマコンテンツはどんどん増えてきている。

Cardboardのコンテンツ作りには、旧来からあるVRの知見が活かされたり、数多くの実験によって適切なコンテンツの作り方、指針がまとまりつつある。それらの知見が分かり易く解説された。

  • フレームレートは最重要。描くものを減らしたり、質感を落として省略したとしてもフレームレートを落とさずフレーム落ちしないようにし、どうしても難しい場合は、画面をブラックアウトさせて次の描画を待たせるように
  • どの方向も観られるとは言うが、実際は頭や肩の動きに限定されている(カードボードは両手で持つため)
  • ごくごく短い時間の体験でVRを活用すること。ストリートビューを見るとかが良い例
  • 近いものと遠いものを交互に見ると、視点を合わせるのにものすごく疲れるので避けるように
  • 遠くのものは、どれぐらい遠くなのか奥行きを把握しづらい。近すぎても焦点を合わせにくい。適度な距離に配置する
  • レンズのゆがみと映像のゆがみ補正が合っていないと、すぐに目が疲れる(このあたりは、Works with Google CardboardというVRゴーグルのプロファイルを登録するサービスがあるので、そこに登録して専用のQRコードを発行し、設定すると良いとのこと)
  • 3D空間に配置するオブジェクトは、適度な大きさに見えるように。大きすぎず、小さすぎず。シーンの中に人や、椅子などといった大きさが経験上想像できるものを加えるのが良いそう
  • 3D空間の中を移動する時は、急に加速したりせずに一定の速度で
  • 行き先はプレイヤーがコントロールできるように。これから向かう場所と経路が予測できれば映像酔いしにくい
  • 恐怖心を感じないように、尖ったものが視線に入るのを避けたり、高所恐怖症の気分を味合わせない。または、意図的に恐怖心と平常心をコントロールした演出にする。無意味に恐怖をあおってはいけない

総括

まだまだ主流とはなっていないが、ゲームの世界にも確実にパノラマ映像や、VR映像が浸透してきていることが実感できたCEDEC2015であった。特に日本ではまだVRやHMD的なメガネ用のコンテンツは、個人や大学の研究室などでお試し的に作っているものが多いが、北米や欧州では、小規模のインディーズゲームなみの予算をかけたゲームコンテンツや、パノラマミュージックビデオがプロジェクト化されて数々進行しているとのこと。従来型の映像も、パノラマ映像も、究極は実体験を模倣し、再現しようとするものであるから、今後も様々な挑戦が続くと考えられる。


WRITER PROFILE

安藤幸央 無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。


[ Writer : 安藤幸央 ]
[ DATE : 2015-09-08 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[Report NOW!]アストロデザインPRIVATE SHOW 2018~8K技術を応用した展示

txt:稲田出 構成:編集部 今年もプライベートショー開催!8K関連機器を軸とした展示 6月14~15日の2日間、東京・大田区にあるアストロデザイン本社ビルにて「PRI... 続きを読む

[Report Now!]NHK技研公開2018~NHK技研3か年計画を策定

txt:稲田出 構成:編集部 毎年恒例のNHK技研公開が今年も開催! 5月24~27日の4日間、東京・世田谷区にあるNHK放送技術研究所において、毎年恒例のNHK技研公... 続きを読む

[Report Now!]スタッフゼロでライブ配信!「ヒマナイヌスタジオ」ができるまで

txt:岩沢卓(バッタネイション) 構成:編集部 今注目の「ヒマナイヌスタジオ」とは セミナー講師を務めた株式会社ヒマナイヌ 川井拓也氏 日頃は、Li... 続きを読む

[Report Now!]Roland/BOSS 2018春 新製品発表会

txt:稲田出 構成:編集部 恒例のRoland/BOSS 2018春 新製品発表会開催 さる2月7日、東京・恵比寿にあるEBiS303イベントホールにおいて「Roland... 続きを読む

[Report Now!]札幌で開催されたLOGIC JAM放送機材展

txt:岡英史 構成:編集部 IBC直後の放送機材展「LOGIC JAM」 InterBEEを残し、今年の国内放送機器展の最後となる、北海道・札幌で開催中のLO... 続きを読む

WRITER PROFILE

安藤幸央 無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 安藤幸央 > [CEDEC2015]国内最大のゲーム開発者向けカンファレンスCEDEC2015開催