All images courtesy of 2016 Seki Kazuya
txt:石川幸宏 構成:編集部

スペックだけでは推し量れない機材とその使い方

高解像度化、大判センサー、レンズバリエーションの増拡大や新コーデックへの対応、そしてHFRやHDRといった新たな表現域など、シネマカメラ周辺の機能やスペックの進化が慌ただしい現在。最近ではCMやTVドラマにもシネマライクな表現が求められるハイエンド映像の世界では、機能やスペックといった機械的な通常進化だけではすでに市場は満足しなくなってきている。例えば最先端を行くと言われるNetflixやAmazon.comなどのネット配信系ドラマ制作では、4K制作スタンダード化を含むその映画品質なクオリティキープに加えて、TVドラマ以上の制作スピードアップやマルチデリバリーフォーマットへの迅速対応などがすでに求められている。

GK_23_04

ゆえに世界標準の撮影機材には、カメラのスペックだけでは推し量れない。制作現場での多くの工夫や利便性、デザインもしくは撮影者の様々なアイデアをフレキシブルに受け入れられるような柔軟性が必然として求められてきている。しかし、そうした性能や閃きをカメラや周辺機器に持たせるにはどうしたら良いのか?普段は日常の開発業務に追われ、生の撮影現場やポスト作業にはほとんど縁のないカメラ設計・開発者にとって、これはなかなか見えて来ない難題でもある。

GK_23_05

2015年12月、ソニーのカメラ・映像機器開発の心臓部でもある、厚木テクノロジーセンター(神奈川県厚木市/以下:厚木Tec)の敷地内で興味深い試みが行われた。これまで数々のプロフェッショナル映像機器、そしてF65、PMW-F55、PXW-FS7/FS5などのシネマカメラ群の設計・開発の拠点でもあるこの敷地内で、実際に映画・TVドラマを想定したロケ撮影が行われ、社員が実際にその現場を自由に見学し、生の撮影現場とスタッフから実地的に現場とカメラの使い方を学ぶというユ二ークな社内セミナーが開催された。

そのモチーフ作品とコンセプトビデオが一般公開されたようなので、その概要と目的、そしてそこから見えてくるこれからのカメラ開発を考察してみたい。

生の現場で思考するシネマカメラ設計

GK_23_07

デジタルビデオカメラの進化によって、近年は大判センサーやRAW・Log収録、さらにはビデオ時代から大きく拡がったダイナミックレンジを実現する、シネマカメラが市場を席巻しているのは周知の通り。国内外を問わず各メーカーがしのぎを削るシネマカメラ開発は日進月歩の進化を続けており、常にその中で新たなアイデアを盛り込んだ製品を出し続けるメーカーの苦労は想像以上のものだと思う。そんな中、スペックや数値での進化は、そのものの市場昇華が進み、生産工程が安価になれば、技術的には簡単なのかもしれない。しかし、現場におけるリテラシー(使いこなす能力や常識)や刻々と変化するユーザートレンドは基本的な技術とはまた違い、さらにはユーザー分野によっても様々で、一概に何が正しく何が間違っているとは言い切れない。むしろやり方は異常だが、結果的に良い画が撮れれば、それが“正解”という世界だ。

カメラにどの程度、どんな機能を持たせればよいのか?それを知るのは多くの現場を体験することが一番だが、現場のノウハウやアイデアの展開はちょっと覗き見したくらいで理解出来るものではない。ソニーでも実際に、これまでも撮影現場での視察研修は数限りなく何度も行っており、もちろん国内外を問わず、技術者が現場へ赴いて現場での使用感等のリサーチをして来た。おそらくメーカー各社もそうだろう。しかし1、2回、数時間の見学で、たとえ非常に協力的なスタッフがいたとしても、実際の撮影現場で、撮影目的外の関係ないことを根掘り葉掘り細かくリサーチすることは、慌ただしい撮影現場ではほぼ不可能だ。結局は消化不良やアバウトな感覚でしか理解出来ないことも多いという。

GK_23_01

普段はあまり社員も訪れない通称ダクトストリートでは車載カメラでの疾走シーンが撮影された

そこで今回は、あくまで「社内セミナー」という目的優先で、実際の映画撮影を想定したロケ撮影を行い、しかもロケ地を厚木Tecの中だけに限定して行うことで、開発者は仕事の都合を合わせて自由に見学することが出来、しかも撮影中の本番以外、撮影スタッフに様々な質問ができるワークショップ的なセミナーとなった。また撮影後には完成した映像制作工程を一気通貫した制作解説セミナーも実施。プリプロダクションからプロダクション(ロケ撮影)~ポストプロダクションから、最終的なDCI 4Kによるシアター上映までという最先端4Kパッケージ制作を、まさに制作者目線で体現出来るというものだ。厚木Tec内の施設の各所がロケ現場に選ばれ、日常業務で使用している会議室や階段スペースがライティングと演出でどのように変化し、映像化されるのかをこの日、開発スタッフは実体験した。例えるなら「一流の料理を作るシェフのための料理道具を作る人が、その料理の仕方をきちんと知らないで、本当に優れた道具を作ることが出来るのか?」ということである。ならばその料理の仕方をきちんと見て理解しておこう!というのがこのセミナーの主旨だ。

GK_23_06

現場見学、スタッフへのヒアリングと同時に、エキストラとして参加するソニー社員の方々

メーカー関係者でない方は「そんなことも知らないでカメラ作ってたのか?」といった疑念も湧くかもしれないが、いまやカメラの専門家ばかりだけがカメラ開発をしているわけではない。多くの他分野技術が必要になっている。例えばWi-Fiシステム関係の設計者は、昨年まで携帯電話やスマホの開発部門にいた人が参入していたりするわけで、そうした技術者達にとってこのプロフェッショナルな映像制作という不可解な世界は、何とも得体の知れないラビリンスに迷い込んだようなものだ。その知りたい世界を実体験できるチャンスとあって、今回はシネマカメラ開発スタッフのほかにもαカメラの開発スタッフも含めて数多くの技術者が参加し、のべ総勢200名に近い参加となった。

GK_23_08
“次頁▶「海外TVドラマ」制作をモチーフにライティングとカラーグレーディングを重視”

WRITER PROFILE

石川幸宏

映画制作、映像技術系ジャーナリストとして活動、DV Japan、HOTSHOT編集長を歴任。2021年より日本映画撮影監督協会 賛助会員。