txt:稲田出 構成:編集部

今年もプライベートショー開催!8K関連機器を軸とした展示

6月14~15日の2日間、東京・大田区にあるアストロデザイン本社ビルにて「PRIVATE SHOW 2018」が開催された。PRIVATE SHOW 2018は毎年同社の製品や技術を披露するイベントとなっており、製品を開発した担当者が直接説明員としていることから、かなり専門的な質問にも対応できるようになっている。

今回のPRIVATE SHOW 2018ではNABで発表された新製品のほか、現在開発中および研究中の技術展示だけでなく、業界のキーマンによるセミナーも同時開催されており、最先端の技術を知るための絶好な機会となった。なお、同プライベートショーは7月12~13日に大阪・北区にあるグランフロント大阪のナレッジシアターにおいても開催予定。

技術展示されていた8K60p非圧縮動画再生装置

技術展示の再生装置は12枚のSSDから並列読み出しすることで8K60p RGB 12bitの非圧縮動画再生およびU-SDI出力に対応。開発目的として8K対応のシグナルジェネレータ用として開発したもので、SSDに各種測定パターンなどが収録される。最近の圧縮コーデックは動きや色などアルゴリズムが複雑でパラメータも多くなっているので、こうしたコーデックに対応した動きのある標準パターンが開発されることで、圧縮コーデックの評価が定量的に行えるようになると思われる

開発中のマルチフレーミングカメラHC-4502。時間分解能1億枚/秒(10ナノ秒)で連続10枚撮影できる高感度高速度マルチフレーミングカメラ

HC-4502に搭載されている撮像素子

この撮像素子は裏面照射マルチ電荷収集ゲートセンサ写真の図のような構成になっている。構造上マイクロレンズアレーがなくても有効エリアが大きく高感度となっている

1画素にある6フレーム分の電荷収集ゲートと画素メモリをもち撮影パルスを順次与えることで撮影を行う。撮影された映像はモノクロだが、3板式にすることでカラー化も可能と思われる

8Kビデオサーバー。8K240pの4時間連続ループ収録と同時再生に対応のSR-8428および8K60pの8時間連続ループ収録と同時再生に対応したSR-8438。いずれもGrass Valley HQX Codecを搭載しており、高画質で長時間の収録を実現

8Kビデオサーバーは収録中のクリップの登録や編集、削除のほか複数クリップを組み合わせたプレーリモートコントローラーによる可変速スロー再生が可能

8K非圧縮長時間収録装置GP-8001。YCbCr 4:2:2 60pで最大約9時間の収録が可能で、DPXファイル変換もできる

GP-8001はクリップカット編集やプレイリスト機能などを装備

4KインサータHD-1679。2系統のライン入力に対して最大8系統のスーパーを合成して出力するインサータ(DSK)装置

写真の専用リモートコントローラーのほかWebブラウザによる操作や設定が可能で、プレビュー出力のダウンコンバート、スーパー入力のアップコンバート、色域変換なども可能

INSIGHT LASER 8K Imaging by ASTROによる3D上映。今回は、プロジェクターを2台使って8K 3D映像を上映。コンテンツは、NHKメディアテクノロジーとNHKエンタープライズによるプロジェクト「8K:VR」シリーズおよびアストロデザイン制作の8K120p映像が上映された

INSIGHT LASER 8Kは光源に高輝度レーザー使用することで25,000lumensを実現。HDRにも対応。アストロデザインと台湾Delta Electronics社および同社グループ傘下の英Digital Projection社の3社共同プロジェクトにより開発されたもの

8K編集ファイルベースワークフロー。Grass Valley HQX Codecによりファイル転送時間を短縮することで、効率的なワークフローを実現することができる

シャープの8Kカムコーダー8C-B60A。昨年のInterBEE2017でシャープとアストロデザインは共同ブースで出展し、同カメラをお披露目した。8C-B60AはショルダータイプのカメラでENGスタイルでの収録に最適

8K120Hzに対応したカメラヘッドAH-4801。AH-4801は8K RAW SSDレコーダーHR-7516や、カメラコントロールユニットAC-4813/マスターコントローラー、カメラヘッドアダプターAT-4812と組み合わせることにより様々な運用が可能

カメラヘッドアダプターAT-4812により、カメラコントロールユニットAC-4813/マスターコントローラー間で約1kmの長距離伝送に対応

セパレート型8K小型カメラCM-9010-A。8Kカメラヘッド部をさらに2つに分離することで機動力をより一層高めたもの

セパレート型8K小型カメラCM-9010-Bとフィッシュアイレンズを組み合わせたVR撮影収録システム

CM-9010-Bは顕微鏡や内視鏡などの医療用機器と組み合わせることで、8Kによる高精細な画像を得られる

8K SSDレコーダーHR-7518-A。120Hz対応モデルで非圧縮のほか、Grass Valley HQX Codecに対応。簡易編集やリレー録画機能などを搭載している

マルチメディアスキャンコンバーターMC-2086による8K/4K/2K切り出しシステム。1Dot単位でキャンパス(バス)から抜き取る位置を設定できるほか、出力ウインドウ毎にフレームの色をつける事が可能

8Kから4KおよびHDへの切り出しの実演デモ

8K120p RGB444対応のコンバーターSC-8220およびSC-8221。SC-8220は12G-SDI対応、SC-8221はU-SDI対応となっている

8K対応55型LCDモニターDM-3815。120Hz対応のほかBT.2020色域に対応。入力はU-SDIおよび3G-SDI

88型8Kシートディスプレイ。NHKおよびLG Displayの協力により開発された有機ELタイプの次世代ディスプレイ

アストロデザインが代理店を務めることになったPOSTIUM社のディスプレイラインナップ。ラックマウント対応のPRM-702A、PRM-503A、PRM-102Fのほか、HDR対応4Kモニターの9/17/24/31型などを展示

12G-SDI信号発生器VG-886。12G/6G/3G/HD/SD-SDIの信号に対応。カラーバーやクロスハッチ、マルチバースト、Rampなどの豊富なテストパターンを出力可能

セミナー会場では名古屋テレビ放送による「メ~テレにおける8Kの取り組み」や、アストロデザインによる「8KとHPCが実現する深層学習による超解像」などが開催された

WRITER PROFILE

稲田出

映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。