PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. コラム
  4.  > 
  5. 編集部
  6.  > 
  7. Vol.127 MF+AFを実現したソニーのハイブリットシネマレンズ「FE C 16-35mm T3.1 G」を検証[OnGoing Re:View]
Column

Vol.127 MF+AFを実現したソニーのハイブリットシネマレンズ「FE C 16-35mm T3.1 G」を検証

2021-03-18 掲載

txt:松本和巳 構成:編集部

■FE C 16-35mm T3.1 G SELC1635G
価格:税別700,000円
問い合わせ先:ソニー

α7シリーズよりもCinema Lineの上位機種との相性が良さそうなシネマレンズ

筆者は 前回、「新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編」でシネマズーム「DZOFILM Pictor Zoom」を紹介したが、今度は国産の雄、ソニーのシネマレンズのテストを書くことになった。新進気鋭と重鎮の両極端な対比になるが、個人的にも重鎮がどんな感じに仕上げてきているのかが気になっていたので、絶好の機会である。

今回テストするのはソニーのシネマレンズでありサーボズーム、オートフォーカス、自動露出の搭載を特徴とする「FE C 16-35mm T3.1 G」(以下:FE C 16-35mm)である。ネット上に情報が公開されてから、ソニーが新しい「シネマレンズ」を出したとザワザワしたもので、しかもお題が「映画・CM・ドキュメンタリーなど映像制作市場に向けたシネマレンズ」と銘打っている。前回の記事でも書いたが、低予算でパフォーマンスが良いレンズを探している身にとっては、若干高めのプライスレンジではあるがワンオペ撮影を考えた時には、このタイトルはちょっと響いた。

そのような気持ちを抱きながらレンズが送られてきて、開封の儀を済ませ箱から取り出した時の第一印象は想像していたとりもはるかに大きい!レンズを手にしてみると、重さもそこそこあって、パッと見た目の重厚感もある。主にスチルレンズと違うところは、3連リングの搭載とマットボックスアクセサリーと互換性のある114mmのレンズフロント径を搭載し、オートズームが付いている点だ。

三連リングとマットボックスアクセサリーと互換性のある114mmのレンズフロント径を搭載する

外径は118.5mmとかなりの大きさで、独自の大口径な光学設計を採用しているかと期待したがそうではないようだ。フロントエレメントは、一般的な大口径レンズと同じもので、仕様を見ると光学系は開放絞り値T3.1でF値に換算するとF2.8(メーカー発表数値)。「あれっ?」と思ったのが、「これはFE 16-35mm F2.8 GMじゃないの?」と。スペックを見比べてみると、13群-16枚のレンズ構成や最短撮影距離、最大撮影倍率までやはり同じである。そうなるとレンズ径が82mmクラスなのもうなずける。

メーカーは正式に公表していないが、恐らく光学系はFE 16-35mm F2.8 GMと同じものだと思われる

さて、実際にα7S IIIに装着してみると、「あれ?」と思った。取り外し可能なサーボユニットの出っ張りと径も大きいため、筐体の小さなスチルカメラだと光軸の高さが足りなくてカメラ底面がテーブルに乗らないのである。

また、Manfrottoのベースプレートを付けると、三脚にカメラの前側から差し込めない。カメラの後ろ側から差し込んで雲台への搭載が可能になった。

それらを俯瞰で考えた時に、FE C 16-35mmはα一眼デジタルカメラからVENICEまでのすべてのEマウントカメラとの互換性はあるものの、スチルカメラユーザー(正確に言うとスチルベースでの映像制作者)を対象にはしていないのかな?と思った。

恐らくプロフェッショナルシリーズ(業務用)のラインナップなので、FX6はじめ、FX9などの上位機種を対象にしてるのだろう。それらの機種は光軸の高さがあるので三脚問題もクリアできる?かもしれない(あいにくFX6は持っていないので検証できないが)。ただEマウントはスチルレンズという認識が一般的で、実際にα7S IIIのユーザーが検討してる姿も目に浮かぶので、ターゲットが説明しづらい仕様だと思った。

ビデオ系に慣れている人に向いたレンズかも

では実際に使用したインプレッションだが、やはり操作系も映画というよりビデオ系と感じた。カメラを構えた時のポジションでスイッチ類の場所だが、これは個人差もあるので一概に良し悪しは言えないが、筆者は左側にあるパワーズームの位置が少々慣れなかった。AFモードでの撮影であれば問題はないと思うが、マニュアルフォーカスでの撮影となると親指の移動だけでは済まないので、やりづらさだけが印象に残ってしまう。

POWER ZOOMレバーは左側面にある。一番左のフォーカスリングと一番右のPOWER ZOOMレバーには相当の距離がある

これは個人的な嗜好によるかもしれないが、ズームスイッチがフォーカスリング(一番左のリング)とズームリング(中央のリング)の間にあれば、指の移動が少なく、MFで合わせながらの操作性は良くなると思う。AFが定まらない時にMFに切り替えるのだが、特に外環境で外光が強くモニター輝度が足りてない状況の時は、目を凝らしながらモニターに食らいつきフォーカスリングに集中している。その時にはスイッチなどを探る作業は避けたいものだ。なぜかと言えば、構えた時に大きく指や手を動かすことはブレの原因にもなるからだ。

右側にはサーボとマニュアルの切り替えスイッチがあるが、これが結構固く、その都度切り替わっているかの確認のために覗き込まなくてはならなかった。ナレーティブの映画(劇映画)なら位置決め、セッティングをしてからの撮影だから許容範囲だろうが、ドキュメンタリーだと機動性を求められるので、確認作業が必要になるのは改善をしてほしいところだ。しかもサーボ側に設定されていると、ズームリングの手動での動作がかなり重く、やはり集中力が切れる原因にもなる。

右側にはZOOMスイッチを搭載。「SERVO」と「MANUAL」を切り替えられる

この感覚はあくまでマニュアル操作のシネマレンズに慣れている人に当てはまるものなので、テレビなどのビデオ系に慣れている人にはそれほど違和感はないのかもしれない。

またオートズームもスピードを変えることができるが、これも2段階のスイッチ式でバリエーションを作れないのは改善を望みたいところだ。オートの方が間違いなくスムーズな動きなのだが、速いか遅いかの選択しかできず、例えばゆっくり寄っていきながらグッと一気に寄ることができない。まあ、この撮り方はマニュアル操作でやるべしと言うことなのだろうが、どうせなら民生ハンディカムでも使っているズームスイッチのスライド量での可変の方が良さそうな気がする。

この辺からもシネマレンズと銘打っている以上、MFを基本とした操作性の整理は行った方が良いと思えた。

ズームスピードスイッチを「H」(高速)または「L」(低速)の切り替えで、POWER ZOOMレバー操作によるズームの最高速度設定を切り替えられる

ネガティブに振れてるファーストインプレッションに感じるが、AFとMFの切り替えをレンズ側で行なえ、その設定が本体にも連動するところはありがたい。しかもフォーカスリングを前後させての切り替えはギミックではあるがとても使いやすい。

フォーカスリングの前後で「AF/MFモード」(カメラをAFモードに設定すると、オートフォーカス撮影が行え、カメラをMFモードに設定するとマニュアルフォーカスになる)と「FULL MFモード」(カメラのAF/MFモード設定にかかわらず、マニュアルフォーカスになる)を切り替えられる

またアイリスリングも「A」(AUTO)の設定刻みもあり、マニュアルとの切り替えがカメラを構えたまま行え、さらにアイリスロックも付いているので、間違ってリングに触れてしまった時の誤作動がなくなることは良いと思う。

歪みの少ない正統派

操作性の疑問を感じることころがあったが、実際の撮影に持ち出してみた。現在撮影中のドキュメンタリー映画の現場では、主カメラをRED KOMODO、サブカメラとしてα7S IIIを回しているが、今回はあるシーンで「α7S III+FE C 16-35mm T3.1 G」の組み合わせで、主カメラとして撮影してみた。テイストが変わる可能性はあるが、そこはグレーディングなどでの自主努力でなんとかするつもりである。

描写へ話を移すと、これはまんざらでもない感は受けた。ベースがG Masterグレードの光学系がそのまま使われていると思われるので、当たり前といえば当たり前。それ以上に、フルセンサー+16-35mmの表現力が圧倒する画作りになることだろう。RED KOMODOはスーパー35mmのセンサーなので、約1.45倍の画角になってしまう。16mmレンズの超広角だとしてもスーパー35センサーであれば大体24mmくらいの表現になってしまう。逆に16mmの画を撮りたいとなると11mmのレンズを用意しなくてはならない。

超広角の美味しいところを余すことなく撮るには、フルセンサーシリーズをラインナップしているソニー群は一歩前に出ている感はある。しかも後日レポートするが、S-Cinetoneを搭載している機種であれば手軽にシネマライクな画作りができる点は面白い。が、映画の場合は結局RAWかLogで撮ってグレーディングが基本なので、そこは大きなファクターではないが…。

FE C 16-35mm T3.1 G説明カット
実際の本編とは違うグレーディングだが仕上げの参考に。ドキュメンタリー映画「折り鶴のキセキ」の撮影フッテージより。広島の原爆の子の像の禎子さんの甥、佐々木祐滋氏が平和活動を始めるきっかけとなった、当時高校生で平和活動していた岡安氏(現在難病治療中で余命宣告も受けた)に再会

映りは優等生的な画ではないだろうか。16mm側での歪曲収差も抑えられており、端の色収差もそれほど気になるレベルでもない。厳密に言えば、人が周辺に入り込むと収差は出るが超広角レンズの宿命なのでレスコメントにはならない。また脚を立てて固定で長いシーンになるのであれば、この辺は気にしていかなければならないだろうが、直線物の大きな湾曲が出ておらず、流しのショットであれば許容と思えた。

ただし人合わせで湾曲を修正すると奥行き感、造形物の形が不自然になるので、どのようにカットを使うのかで構図を決め判断することが大切である。またこの収差を抑えるのであればさらにランクも金額も高いシネマレンズを調達するしかないので、コンセプトから外れてしまうし、個人レベルで所有できるものでもない。しかし35mm側は使いやすい画角である。ここでフルセンサーの旨味付が活かされた感じだ。

レンズ補正前
レンズ補正後
16mm
35mm

AFに関しては、ソニーの得意とするところの優位性をとても感じた。とにかくワンオペでの撮影の場合、フォーカスを機械に任せられるというのは、撮影の負担が半分以上軽くなるのでありがたい。ただ、それはAFが信頼できることができての話である。フォーカスを合わせるに行ったり来たりしたり、なかなかポイントを決められないAFもよく見かける。これだと逆にストレスになり、MFでやった方が速いとなり、「AFなのに…」の気持ちも加わって負担増に傾く。

その意味からもソニーのAFは個人的には信頼に値し、画角や構図、動きのある画作りに集中できる。ただし、大きく振る時のAFの追従が少し甘くなるが、動きをキャプチャーしての見え方なので、動画として見た時の違和感はそれほど感じはしない。むしろそこまで合わせられたら、パキパキ過ぎて逆に気持ちが悪いかもしれない。

映画監督の中でも、画のテイストの好みはそれぞれである。8K、4Kでレンズもくっきりなパキパキな画を好むタイプもあれば、オールドレンズで収差など気にせず味わいを求めるタイプもある。それぞれの表現方法なのでどれが正解というものはないが、面白いデータ(データとまでは言えないが…)がある。数名の監督にHDと4Kの映画を観せ、どちらが好みか聞いた時に半数以上がHDの方が良いと答えたそうである。4Kや8Kの描写力が発揮されるのは、風景などが精細に再現される疑似体験感であり、人に向けた時に果たしてそれが良いものかは再度一考するべきかもしれない。

その意味からも、α7S IIIとの組み合わせはセンサー画素数が1200万画素と抑えられているカメラに、しっかりと映し出すスチール系の最新の光学技術が重なることで、行き過ぎないパキパキ感と優しい人感が表現しやすいのかもしれない。ただしこれは映画目線での話で、CMなどで精細さを追求する撮影では当てはまらないと思う。まあ、CM撮影でこのレンジの機材は使わないとは思うが…。

スチルレンズと差別化され独自光学系と操作性が整理された後継製品を期待

総評として、フォーカス、ズーム、アイリスの3つの独立したリングがシネマレンズとしての役目を果たすところであり、それは操作性からの導かれているのであろう。細かなフォーカスの合わせはスチールレンズだと回転角が少ないので行き過ぎたりしてしまう。シネマレンズはより精細にフォーカスを合わせられるように回転角も大きく取られており、フォローフォーカスとの組み合わせでボケからのピン合わせなどがスムースにでき、表現に広がりができる。アイリスもカメラ側で設定するのがスチールでは当たり前(アイリスリングがないAFレンズが主流)になっているが、レンズ側で調整できるのはとっさの対応の時には優れている。

特に手持ちローアングルでボケを入れたい時などにレンズ側で変えられるのはありがたい。それらを踏まえながら、アイリスリングにオートモードを設置したり、リングのスライドでMF/AF切り替えができるのは良い傾向であり、MF+AFのハイブリットシネマレンズというコンセプトのこのレンズは一考するポイントではないだろうか。

ただこのレンズを選べるユーザーは、カメラ側をFX9で決められる予算に余裕がある方だろう。ただそうは言っても、どうしても同じ仕様のスチルが頭の中に入ってくるので、T値をもう少し頑張って明るくするとかの差別化がされると迷いもなくなると思う。そして個人的な望みを言えば、指移動などの操作性が整理されると、グッと前のめりになるであろう。

松本和巳(mkdsgn/大雪映像社)
東京と北海道旭川市をベースに、社会派映画、ドキュメンタリー映画を中心とした映画制作を行っている。監督から撮影まで行い、ワンオペレーションでの可能性も追求している。本年初夏に長崎の原爆被爆者の証言ドキュメンタリー映画の劇場公開に続き、広島の原爆被爆者の証言ドキュメンタリー映画の製作中でもある。また"シンプルに生きる"をテーマに生き方を問う映像から、人に焦点をあてたオーラルヒストリー映画を積極的に取り組んでいる。代表作:「single mom 優しい家族。」「a hope of nagasaki 優しい人たち」「折り鶴のキセキ」など


WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


[ Writer : 編集部 ]
[ DATE : 2021-03-18 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

Vol.135 8K30PやATOMOS NINJA Vを使ったProRes RAW収録にも対応するソニーαシリーズ最上位機種「α1」レビュー[OnGoing Re:View]

txt:松本和巳 構成:編集部 ■デジタル一眼カメラ α1 ソニーストアの価格:税込880,000円(希望小売価格はオープン) 問い合わせ先:ソニー ... 続きを読む

Vol.134 手軽にFPVが楽しめるDJI FPV登場。ゴーグルを使用したドローンの操縦やマニュアルモードを検証[OnGoing Re:View]

txt:藤本拓磨 構成:編集部 ■DJI FPV DJI FPV コンボ 税込154,000円 DJI FPV Fly Moreキット 税込33,... 続きを読む

記事のタイトル

Vol.133 使い勝手が劇的に向上したBMPCCシリーズ最新カメラ「Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K Pro」[OnGoing Re:View]

txt:伊納達也 構成:編集部 ■Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K Pro Blackmagic Pocket Cinema Camer... 続きを読む

Vol.132 ハッセルブラッドHシステムのレンズ焦点距離を縮小し、Xシステムで使用可能な「XHコンバーター 0,8」検証[OnGoing Re:View]

txt:新田みのる 構成:編集部 ■XHコンバーター 0,8 発売日:2021年3月27日 価格:税込122,100円 問い合わせ先:ハッセルブラッドジャパン X... 続きを読む

小林基己の視点メイン写真

Vol.02 民放キー局深夜ドラマ撮影にソニーα7S IIIを選んだ理由[シネマトグラファー小林基己の視点]

txt:小林基己 構成:編集部 ソニーα7S IIIの魅力を開発者に聞く 2020年11月の話になりますが、民放キー局オンエアの深夜ドラマをソニーα7S IIIで撮... 続きを読む

WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
株式会社フロンティア 映像事業室 室長 プロデューサー・ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所代表。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
猿田守一
企業向け動画、番組制作、CM、動画配信、各種ステージ記録など撮影から編集まで行い、地域に根ざした映像制作活動を行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。専門分野は「人を描く」事 。広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。イージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会まで、フィールドは問わない。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。修士(芸術) 博士課程芸術専攻
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
ノダタケオ
ソーシャルメディアとライブ配信・動画メディアが専門のクリエイター。2010年よりスマホから業務機器(Tricasterなど)まで、さまざまな機材を活用したライブ配信とマルチカメラ収録現場をこなす。
山本遊子
山本遊子(やまもとゆうこ) フリーランスの映像ディレクター。1999年からテレビ、WEBなど様々なメディアで映像を作り続けている。うぐいすプロ
渡辺健一
映画録音技師/テクニカルライター(ペンネーム:桜風涼)著書「YouTuber/ビデオグラファーのための『完全録音マニュアル』」
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
千葉孝
収録が3/4テープの撮像管カメラ時代から長きにわたり映像に携わる。カメラマン歴33年。ドキュメンタリーからMV、ドラマ、映画、CMまで様々なジャンルで活動している。最近ではカラリストとしても数々の広告作品に参加。趣味はゲームとバイクと車。日本人で最初のiPhone購入者というのが自慢。
VISIONGRAPH Inc.
イノベーションリサーチに基づいて未来像 {HOPE} をつくる専門会社。様々な領域の未来を予報します。 SXSW Japan Officeも担っています。著書『10年後の働き方』発売中!
小島真也
Blackmagic Design認定トレーナー、写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
リリーヒルワークス代表。銀一株式会社にて映像機器・写真用品のセールス・マーケティングを経て独立。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。2019年6月SXSW Japan Officeを設立。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
小林基己
MVの撮影監督としてキャリアをスタートし、スピッツ、ウルフルズ、椎名林檎、リップスライム、SEKAI NO OWARI、欅坂46、などを手掛ける。映画「夜のピクニック」「パンドラの匣」他、ドラマ「素敵な選TAXI」他、2017年NHK紅白歌合戦のグランドオープニングの撮影などジャンルを超えて活躍。noteで不定期にコラム掲載。
染瀬直人
映像作家、写真家、VRコンテンツ・クリエイター。2014年、ソニーイメージングギャラリー銀座にて、VRコンテンツの作品展「TOKYO VIRTUAL REALITY」を開催。YouTube Space Tokyo 360ビデオインストラクター。Google × YouTube × VR SCOUTの世界的プロジェクト"VR CREATOR LAB”でメンターを、また、デジタルハリウッド大学オンラインスクール「実写VR講座」で講師を勤める。著書に「360度VR動画メイキングワークフロー」(玄光社)など。VRの勉強会「VR未来塾」を主宰。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
20年以上にわたり映像系ジャーナリスト/アドバイザー/プランナーとして活動、2016年よりHOT SHOTを創刊、同編集長としても活動中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。
  1. トップ
  2.  > 
  3. コラム
  4.  > 
  5. 編集部
  6.  > 
  7. Vol.127 MF+AFを実現したソニーのハイブリットシネマレンズ「FE C 16-35mm T3.1 G」を検証[OnGoing Re:View]