PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. コラム
  4.  > 
  5. 編集部
  6.  > 
  7. Vol.135 8K30PやATOMOS NINJA Vを使ったProRes RAW収録にも対応するソニーαシリーズ最上位機種「α1」レビュー[OnGoing …
Column

Vol.135 8K30PやATOMOS NINJA Vを使ったProRes RAW収録にも対応するソニーαシリーズ最上位機種「α1」レビュー

2021-04-15 掲載

txt:松本和巳 構成:編集部

■デジタル一眼カメラ α1
ソニーストアの価格:税込880,000円(希望小売価格はオープン)
問い合わせ先:ソニー

ソニーαシリーズのフラグシップモデル登場

筆者自身は、前回の「OnGoing Re:View Vol.127 MF+AFを実現したソニーのハイブリットシネマレンズ「FE C 16-35mm T3.1 G」を検証」からの繋がりで、今回はボディー側のレポートである。

筆者もカメラ関係ニュースを毎日チェックし、最新情報をゲットしている。今年はソニーから早々に「α1」と「FX3」と2つも発表され、ちょっと急速充電されているような感じで気持ちは急激に高まってきた。既にこの記事が出る頃には両雄が手元に届いている方もいるだろうが、迷っている方は本当に迷っていると想像できる。

今回レポートするのはその1つであるα1である。これはα9 IIの後継かと思っていたのだが、まだα9 IIはカタログに載っているので、別物の最高峰機種の誕生と捉えておこうと思う。

α7S IIIのリグの継承ができる

レビューα1説明写真
α7S IIIのSmallRigのリグを装着してRED KOMODOと並べてみる。パッと見た感じ、いつもの光景と変わらない

実はソニーのもう一方の雄「FX3」の話もあったのだ。その時のやり取りで、自分からFX3が気になると切り出しながらも、実はα1も相当気になっていたので、こちらの実機体験ができるとの報が入った時にはちょっとニマっとした。その気持ちを抱きながら送られてきた箱を開けると、第一印象は「あれ、α7S III?」と思うくらい手にした感覚が同じだった。

見た感じもトップにダイヤルが増えているくらいでほぼ同じに見える。厳密に言えば録画スタートボタンの位置や、モニターの形状などが違うが、正面から見たらバッヂでの識別以外できない。録画ボタンの位置変更で直感的に思ったのが、これは動画寄りではなくスチルメインのカメラかもしれないと。ローアングルでのスタートがカメラ背面だと位置確認をしなくてはならなくなり、瞬時性を損なうからだ。ただシャッターボタンに録画スタートを割り当てられるので解決してしまう。となると、そもそもトップへの録画ボタンが無意味?だったのか…。

レビューα1説明写真
上がα7S III、下がα1。ドライブ・フォーカスモードダイヤルが新たに設置されているのが大きな違いだが、α1では録画ボタンが背面に移動されC1ボタンに置き換わっている(α9 IIと同じ)
レビューα1説明写真
側面の端子類の配置は全く別物。LAN端子やシンクロターミナルなど、より報道写真を意識させられる

α7S IIIをサブカメラとして使っているので、手の感触が既にその形状を覚えているからの印象だ。そこで直ぐに考えてしまうのが、貧乏性というか、その記憶を確かめるにはα7S IIIのリグが付けられるか試してみようと。まずはボタンや機能面を確かめるのが先でしょ、と言われそうだが、買い替えを考えた場合、今使っているものが使いまわしできるのかも重要である。

そう思うと同時に既に手にはドライバーを持ち、α7S IIIからリグを外している。そしてそれを恐る恐るα1にはめ込もうとしているのだが、気持ちが妙に慎重になっている。その理由は、だって80万円以上もするカメラなんですもの…。これってKOMODOより高いじゃん、と思いながら手が慎重になっている。そして定位置にセットできた時に「おお!」と思った瞬間、ネジ穴が大事!と覗き込んでみるとビンゴ!。気持ちが良いほどにピッタリはまって、使い回しができることが確認できた。

自分の物ではないのに喜んでしまっているわけだが、α7S IIIからの買い替えを考えている方々にはちょっとした朗報かもしれない。買い替えた場合、アクセサリー類で細かく細かく出費が出ていくもので、使えなくなった残ったパーツを眺めながら、「ああ、こんなにも買ってたのね…」と落胆することは数知れず。

もしくはα7S IIIを飛び越えて、最初からα1を購入しようと考えている方もいるかもしれないが、大方新機種に対してはアクセサリーが間に合っていないことが多い。実際に手元に届く頃にはボディを少し傷つけてしまったりの経験もある。その意味でも他機種のものが代用できるのはありがたい話であり、これからの設計ポイントでも考慮していただけるとお財布事情は改善される。それがビジネスモデルと言われてしまえばそれまでだが、サステイナブルな時代にはぜひ。

8K映像の凄さとは

α1のスペックやメーカーの打ち出しからしても画質への期待は高まる。スチルカメラの視点からすれば、中判カメラのHasselblad X1D II 50Cより実売価格が高い位置づけになってしまっているので、「写真を撮る」ということだけを考えたらHasselbladを選ぶであろう。有効画素数を比較しただけでもX1D II 50Cは5000万画素、8272×6200ピクセル(4:3)であり、片やα1は約5010万画素、8640×5760ピクセル(3:2)である。α1は一般的な写真のアスペクト比であるが、X1D II 50Cはいわゆる中判カメラのアスペクト比になっており、縦方向の豊かさが表現できるので、写真という作業では中判カメラ仕様のX1D II 50Cを選択するだろう。

しかし動画を撮るという作業が加わった場合、より横長で画素数が取れているα1が圧倒的に優位になってしまう。動画でよく使われる16:9に置き換えた場合、X1D II 50Cは8272×4653、α1は8640×4860になり、8Kのより高精細な映像を意識するとα1に軍配が上がる。ただそれ以前に動画撮影のクオリティからしてα1が圧倒的に勝ってしまっているので、動画も撮ることを前提とした場合は迷わずα1の選択になるであろう。

レビューα1説明写真

そこで気になるのが8K画質のクオリティである。8K映像の精細さは言葉に出すまでもなく美しく、圧倒でしかないことは一番にお伝えできる。さらにはAF/AEが追随しながら最高30コマ/秒での高速連写は映画も撮れてしまうほどである。映画は1秒間に24コマの仕様なので、理論上は圧倒的に余裕を持って撮り切れてしまう。

実際に実験してみた。確かにもの凄い速さでシャッターが切られているのだが、途中コマ飛びをしているのではと思う感触があった。シャッター音が追いついていない?感じでの音飛びをしていた。気になり確認しようと思ったのだが、動画でのプレビューは出来ないので、最後まで飛んでる?感が拭えなかった。昔のフィルムと同じで、現像してみなければわからない世界観だが、これが現場であれば不安でしかないだろうと思う。しかしクオリティは写真(静止画)ベースなので、より鮮明になっている感はある。

その原因は今回のレポートでは追求できていないが、もしかしたら書き込み速度の問題かもしれない。CFexpressのメモリーは驚くほど早いのはMacへの取り込みでも実感しているのだが、やはり8KのRAWデータを1秒に30コマで書き込んでいくのは、容易ではないことは想像できる。10秒の動画をコマ撮りで撮った場合、8K RAWの写真が300枚である。実験では25秒くらい回していたので800枚近い枚数になっており、無理あるなぁ…と撮りながら思っていた。

なぜかと言えば、その前に8Kでの動画モードで撮影したフッテージをiMac Proで取り込みチェックと簡単な編集でのプレビューテストを行ってみたのだが、スムーズなプレビューができなかったので、連写でのエラーっぽいのもすぐに理解出来たのかもしれない。

ただ実験以外はこの静止画連写で映画を撮ることは無いだろう。仮にそのようなオーダーがあったとしたら、即効でお断りするであろう。だって編集ができないですから。ここはメーカーサイドにも考えていただきたいところだが、8Kの映像がHDや4Kより美しいのは疑いようはなく、そこをポイントに製品を開発していくのは仕方のないことだとは思う。

しかし撮った後の処理が加速度的に難しくなっていくのは買わない一因にもなり得るということである。メモリーの高速化、容量アップはコスト増、8K動画を編集するのにパソコンを買い替えて行くものコスト増、さらには編集時間も処理待ちで大幅に拘束されていくのはストレス増になって行く。サステイナブルな視点からもいただけない。品質を損なわないデータ圧縮技術などを期待したい。

ソニーはその点では独自フォーマット(XAVC HSなど)を作り頑張っているが、それでも8Kでは重い。また様々なフォーマットが存在しており、それがやり取りをしづらくしていると思うので、業界全体で規格統一と圧縮技術の横断的開発ができたらと思うが、無理だろうなぁ、と呟くのみ。ユーザーサイドからすれば、ProRes RAWだとDavinci Resolveだと使えないとか、Logだと心許ないなどの無用なお悩み作業から開放されたいものだ。

レビューα1説明写真

使えるAFと手ブレ補正

このカメラの美味しいところは連写と8K動画撮影なのだが、それに勝る点がAFの信頼性とカメラ本体側での手ブレ補正だと個人的には思っている。

レビューα1説明写真
電源を入れると斜めになっているセンサーがキャリブレーションして正位置に戻る。電源を切れば逆に斜め位置に戻る

特に手ブレ補正はイメージセンサーにスタビライザーを効かせ、ちょっとした振動は吸収してくれる。もちろん激しい動きや望遠よりの撮影に対しては追いつかないが、広角側で補正の特性を頭に入れつつ流していくショットなどでは、もはやジンバルは要らないのではと思うほどである。α7S IIIも同じイメージセンサーシフト方式5軸補正なので、実際に現場でのジンバル率が低くなっている。

個人的な嗜好もあるのだが、もともとブレを活かす映像を好むのでなおさらである。しかもα1は8Kであり、手ブレの影響は4Kの比ではないにも関わらず抑えられている。解像度が高くなる、または望遠に寄っていくほど手ブレの影響が画に出るが、広角側であれば実用レベルでも使えるところは率直に凄いと思う。

参考動画は何も考えずにサラッと撮ってしまったものだが、全て手持ち状態である。使える補正処理を行うとかなり滑らかになるし、手持ちでの自動車の中からの撮影でも補正が効いているので、やりようかと。

※参考動画

秀逸すぎるビューファインダー

α1でもう一つご紹介しなければならないポジティブポイントは、ビューファインダーである。なかなか動画撮影で一眼タイプのビューファインダーを覗き込んでの撮影はしないであろうが、外光が強すぎてモニターでのチェックが出来ない時には助かる。特に輝度が足らずモニターではピントのポイントが取りづらい時は、ビューファインダーが有る無いではストレスが変わってくる。ただそのビューファインダーの性能(解像度や滑らかさ)が低ければ、ピントどころの話ではなくなり、逆に気持ち的には要らない長物的な扱いになってしまう。

それを踏まえて覗き込んでみると、電子ビューとは思えない自然な見え方に目を擦ってしまう。あれ、これは電子ビューだよなぁ?と一瞬戸惑いすら覚えたほどだ。とは書きつつも、厳密に言えばモニター感はあるが、今までのものと比べたら月とスッポンの言葉しか浮かばないくらい綺麗である。これはスチールベースでは快適だろうと羨ましくなるほどだった。

と言うのも、外側のモニターがα7 III(α9 II)と同じタイプに戻っており、α7S IIIで進化したバリアングル液晶モニターではなくなっていたからだ。これだと縦方向の自由度しかなくなり、動きやポジション取りの制限を受ける。ここは残念。作業性を考えたら、モニターの自由度に加え、秀逸なビューファインダーでの攻めが満点ポイントではないだろうか。

レビューα1説明写真

と、さらに書きつつ、この電子ビューで凄いのは美しさだけではなく、ブラックアウトフリー撮影で完落ちと相成る。とにかく連写でもシャッター音と擬似的なフレームワークだけで、画面が途絶えないのである。いわゆる動画を見ているが如くの自然感なので、シャッター音が無かったら撮れているのかも疑うであろう。

ビューファインダーの覗き込み動画差し込み

ATOMOS NINJA Vとの組み合わせは?

レビューα1説明写真

そしてリグだけだはなく、α使いであれば外付けモニターも使用している確率は高いと思う。特にProRes RAWやProRes 422で記録できるATOMOS NINJA Vと組み合わせて使っている方は多いと思う。実際、筆者もその組み合わせでα7S IIIは運用している。そこで気になるのは、α1でも使えるのか?

α1はソニーの最新ミラーレスハイブリッドカメラだ。8K30Pの記録が可能で、フルサイズのHDMIポートを介して16ビットのRAW信号を出力することもできる。この機能によりATOMOS NINJA VモニターレコーダーでProRes RAWレコーディングが可能になるはずだ。仕様ではα1からの16ビットRAW信号は圧縮され、最大4.2K/60pで12ビットProRes RAWとしてNINJA Vに記録される。

レビューα1説明写真

ただし現時点(3/12現在)では制限が掛かっており、1080pにしか対応していないようだ(原稿執筆後、AtomOS 10.63が公開された)。そこで実際に撮ってみたのだが、8KだとATOMOS側で信号をキャンセルされ、α1側でRAWでの出力が自動でキャンセルされる。しかし仕様とは違い4K ProRes 422で収録されていた。

ATOMOSからα1をProResRAWに対応させるアナウンスは発表されているので、AtomOS10.63で対応されるかもしれない。

熱問題

レビューα1説明写真

8K動画撮影と言えば先陣を切ったキヤノンEOS R5を思い浮かべるであろう。最近は在庫状況も落ち着いてきたが、3月初旬までは常に在庫切れが続いていたほどの売れ行きだった。レビューなどが非常に良いのも人気に拍車をかけたのだろうが、一つだけネガティブレビューに熱問題が踊っていたのは記憶に新しい。熱問題で止まってしまうと復旧までに時間がかかり全てが止まってしまう。その記憶があるので、一眼ベースのα1ではどうなのだろうかと気になるのは当然だった。

やはり8K撮影になるとソニーと言えども熱問題は抱えているようだ。どうしてもプロの現場になると、カメラスペック的に綺麗に撮れる点と合わせて、耐久性、持久性も評価しなくてはならない。風景撮などで自己完結系の撮影であれば、誰にも迷惑を掛けることはないが、映画にしろ、CMにしろ、対象者(役者など)+スタッフ、さらにはクライアントが現場にいる中で、「カメラが止まってしまったのですみません」ではすまない。

そこでテストが必要になるのだが、実際はテストを目的に撮影をしていたわけではなく、撮影していたら止まってしまったのだ。そこでキヤノンEOS R5の事象を思い出したので実験してみた。

レビューα1説明写真

一度シャットダウンしてしまうとしばらくは再起動しないと思っていたのだが、シャットダウン後に電源を入れたら普通に起動してしまった。なんとも拍子抜けなのだが、その後も直ぐに止まるだろうと高を括っていたら、中々止まらない…。あれ、問題ない?と途中でやめようかと思ったのだが、実験だからもう少し我慢と思い撮り続けると、19分くらいでようやく止まった。ボディの発熱感(バッテリーハウス内、モニター裏、ダイヤル周辺)は思ったよりも触感では熱くなく、バッテリー、メディアも抜いて確認したがそれほどでもない。

もしかしたら、セーフティーネットに余裕を持たせているのかもしれない。それであれば発熱シャットダウン後の速やかな一時的復帰も納得できる。ここに余裕がないと、完全に冷えるまでは立ち上がらないということが起きてしまうだろう。

とりあえず3~4回は立ち上がっているので、短めのショットを抑えることはできるし、プレビューも可能になる。現場ではこの点は意外に大きなポイントになるかもしれない。

■条件:シャッタダウンしてから1分のインターバルで電源を入れ直す

  • 1回目:24分くらいでシャットダウン
  • 2回目:19分くらいでシャットダウン
  • 3回目:1分30秒くらいでシャットダウン
  • 4回目:5分くらいでシャットダウン(どういう訳かがんばれている)
  • 5回目:撮影不可
  • 6回目:撮影不可

これを踏まえて思うことは、8K撮影は非常に大きなデータの処理になるので、演算処理も莫大なものになる。当然エンジンにも相当な負荷がかかり発熱するのは、パソコンで動画のレンダリングをしている時にファンが回りだし、ノートブックであれば触れば相当熱くなっているのを確認できるのと同じ状況である。この時に筐体内の空間に余裕があり、さらに冷却ファンが付いていればある程度の抑え込みもできるが、どう考えても一眼カメラの筐体の中にそのスペースが有るとは思えない。

そして8K撮影の可能性だが、現時点ではプライベートシューティングでは有りと思うが、映画の世界ではまだ早いと思う。画質の劇的な素晴らしさはあれど、機器の熱対応、編集環境が整っていない。それらが負担なく運用できるようになって初めてポピュラーな撮影になるのだろうと思った。ただ保険という意味では使える。手ブレをさせられないショットで、脚やジンバルが無いまたは使えない環境の場合、広角で撮影し4Kクロップするなどすれば使える。8Kモニターやテレビは普及していないのと、現在の納品映像の最高値は4Kだろうから、この使い方はあり得ると思う。

それらを踏まえれば実用レベル(プライベートでも)でチャレンジしているのは素晴らしいことであり、この過程を経なければ次世代の技術には繋がらない。次の技術に繋がるチャレンジ機には、ユーザー側も多少の遊びを持った目で、技術革新に参加している気持ちで使っていくのも良いのではと思う。

松本和巳(mkdsgn/大雪映像社)
東京と北海道旭川市をベースに、社会派映画、ドキュメンタリー映画を中心とした映画制作を行っている。監督から撮影まで行い、ワンオペレーションでの可能性も追求している。本年初夏に長崎の原爆被爆者の証言ドキュメンタリー映画の劇場公開に続き、広島の原爆被爆者の証言ドキュメンタリー映画の製作中でもある。また"シンプルに生きる"をテーマに生き方を問う映像から、人に焦点をあてたオーラルヒストリー映画を積極的に取り組んでいる。代表作:「single mom 優しい家族。」「a hope of nagasaki 優しい人たち」「折り鶴のキセキ」など


WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


[ Writer : 編集部 ]
[ DATE : 2021-04-15 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
株式会社フロンティア 映像事業室 室長 プロデューサー・ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所代表。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
猿田守一
企業向け動画、番組制作、CM、動画配信、各種ステージ記録など撮影から編集まで行い、地域に根ざした映像制作活動を行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。専門分野は「人を描く」事 。広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。イージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会まで、フィールドは問わない。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。修士(芸術) 博士課程芸術専攻
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
ノダタケオ
ソーシャルメディアとライブ配信・動画メディアが専門のクリエイター。2010年よりスマホから業務機器(Tricasterなど)まで、さまざまな機材を活用したライブ配信とマルチカメラ収録現場をこなす。
山本遊子
山本遊子(やまもとゆうこ) フリーランスの映像ディレクター。1999年からテレビ、WEBなど様々なメディアで映像を作り続けている。うぐいすプロ
渡辺健一
映画録音技師/テクニカルライター(ペンネーム:桜風涼)著書「YouTuber/ビデオグラファーのための『完全録音マニュアル』」
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
千葉孝
収録が3/4テープの撮像管カメラ時代から長きにわたり映像に携わる。カメラマン歴33年。ドキュメンタリーからMV、ドラマ、映画、CMまで様々なジャンルで活動している。最近ではカラリストとしても数々の広告作品に参加。趣味はゲームとバイクと車。日本人で最初のiPhone購入者というのが自慢。
VISIONGRAPH Inc.
イノベーションリサーチに基づいて未来像 {HOPE} をつくる専門会社。様々な領域の未来を予報します。 SXSW Japan Officeも担っています。著書『10年後の働き方』発売中!
小島真也
Blackmagic Design認定トレーナー、写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
リリーヒルワークス代表。銀一株式会社にて映像機器・写真用品のセールス・マーケティングを経て独立。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。2019年6月SXSW Japan Officeを設立。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
小林基己
MVの撮影監督としてキャリアをスタートし、スピッツ、ウルフルズ、椎名林檎、リップスライム、SEKAI NO OWARI、欅坂46、などを手掛ける。映画「夜のピクニック」「パンドラの匣」他、ドラマ「素敵な選TAXI」他、2017年NHK紅白歌合戦のグランドオープニングの撮影などジャンルを超えて活躍。noteで不定期にコラム掲載。
染瀬直人
映像作家、写真家、VRコンテンツ・クリエイター。2014年、ソニーイメージングギャラリー銀座にて、VRコンテンツの作品展「TOKYO VIRTUAL REALITY」を開催。YouTube Space Tokyo 360ビデオインストラクター。Google × YouTube × VR SCOUTの世界的プロジェクト"VR CREATOR LAB”でメンターを、また、デジタルハリウッド大学オンラインスクール「実写VR講座」で講師を勤める。著書に「360度VR動画メイキングワークフロー」(玄光社)など。VRの勉強会「VR未来塾」を主宰。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
20年以上にわたり映像系ジャーナリスト/アドバイザー/プランナーとして活動、2016年よりHOT SHOTを創刊、同編集長としても活動中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。
  1. トップ
  2.  > 
  3. コラム
  4.  > 
  5. 編集部
  6.  > 
  7. Vol.135 8K30PやATOMOS NINJA Vを使ったProRes RAW収録にも対応するソニーαシリーズ最上位機種「α1」レビュー[OnGoing …