PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. ソニー、放送業務用マルチフォーマットスイッチャー「MVS-7000X」を発表
News

ソニー、放送業務用マルチフォーマットスイッチャー「MVS-7000X」を発表

2011-04-12 掲載

ソニーは、中規模~大規模システム向けマルチフォーマットスイッチャープロセッサー「MVS-7000X」を発売する。発売時期は2011年度第2四半期で、4M/Eのシステム参考価格は税別4,300万円。

MVS-7000Xプロセッサーは従来の1.5Gbpsに加えて3Gbpsでの運用に対応。入出力数やM/E数を減らすこと無くシングルリンクでの3D制作や1080/60P運用を行える。筺体は8RUで、MVE-9000の技術を継承するDMEを4ch内蔵できる。また、MVS-8000Gのアーキテクチャーを拡張し、1080/60iフォーマットでは一枚のM/E基板を分割することで将来的には最大6M/Eまで使用できるとしている。

6M/E運用時にもオプションの「マルチプログラム2」(MP2)機能を使用し、ひとつのM/E列で異なる画像構成のプログラム信号を制作することができるという。M/E基板は1M/E分のハードウエアを3M/Eあるいは4M/Eに分割しての使用もできるので、従来機よりも廉価に3M/Eや4M/Eシステムを構成することが可能としている。

MVS-7000XではMVS-8000Gのフレームメモリー、フォーマットコンバーター、カラーコレクションなどの機能の他、タリー、GPIなどのシステム関連の機能も踏襲。さらにマルチビューアー出力や16チャンネルのフレームメモリー出力などの新しい機能を装備し、今後3Dユーティリティ機能への対応などを行う予定だ。

なお、従来からのCCP-8000、CCP-6000、CCP-9000AシリーズのコントロールパネルをMVS-7000Xのコントローラーとして使用できるほか、内蔵型リニア編集機のプラグインエディターにも対応するとしている。


[ Category : ]
[ DATE : 2011-04-12 ]
[ TAG : ]

関連記事

Avid、Media Composer v2021.6提供開始。「次/前のイベントへ移動」の挙動設定やビンステータスバーに合計のデュレーション表示に対応

Avidは、同社のノンリニアビデオ編集ソフトウェアMedia Composerの最新バージョンv2021.6をリリースした。最新バージョンは同社Webサイトよりダウンロード可能。 ... 続きを読む

キヤノン、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の選手村に「Photo Studio」を出店

キヤノンは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下:東京2020大会)の開催期間中、選手村ビレッジプラザ内に「Photo Studio」を出店し、フォトサービスおよ... 続きを読む

ソニー、「FX3」についてのトークショーをライブ配信で実施

ソニーは、2021年6月21日に、同社のCinema Lineシリーズ最小最軽量のフルサイズセンサー搭載カメラ「FX3」についてのトークショーを東京映像部(カメラ公式)Instag... 続きを読む

Avid製品導入事例:NBC Olympicsの東京オリンピックコンテンツ制作・メディア管理ワークフロー

Avidの発表によると、NBC Sports Groupの一部門であるNBC Olympicsは、2021年7月23日から8月8日まで東京で開催される第32回オリンピック競技大会の... 続きを読む

アストロデザイン、ライブ配信スタジオ機能を兼ね備えた「オフグリッドスタジオATOM’S」発表。トムスと共同で企画・開発

アストロデザイン株式会社は、株式会社トムスと共同で企画・開発した「オフグリッドスタジオATOM’S(アトムス)」(以下:ATOM’S)を発表した。販売総代理店としてトムスが、代理店... 続きを読む

ライカ、1インチセンサー搭載スマートフォン「LEITZ PHONE 1」をソフトバンクより発売

ライカカメラ社は、スマートフォンとして最大級の1インチセンサーを搭載した、ライカ初のスマートフォン「Leitz Phone 1」をソフトバンクより発売する。 スマートフォンと... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. ソニー、放送業務用マルチフォーマットスイッチャー「MVS-7000X」を発表