PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. オートデスク、Flame 20th Anniversary Editionを10月より提供開始
News

オートデスク、Flame 20th Anniversary Editionを10月より提供開始

2012-09-11 掲載

オートデスク株式会社は、VFXソフトウェア「Autodesk Flame Premium 2013」の最新版の一部となる「Flame 20th Anniversary Edition(フレイム 20周年記念エディション)」を、2012年10月より製品サポート「Autodesk Subscription」契約者向けに提供を開始するとアナウンスした。

最新版では、複雑なタスク実行の性能向上、新しいクリエイティブ ワークスペースの採用、エディトリアル タイムラインの統合、GPU パイプライン強化などの機能強化を行い、制作作業を効率的かつ集中して行えるように環境が整備されたほか、RAWフォーマットをACES準拠カラースペースに適用するために必要なカラートランスフォームを使用して、16-bit、4K映像対応のソニーF65デジタルシネマカメラフォーマットをネイティブでサポートするとしている。最新版の主な特長は下記の通り。

(以下、同社リリースより引用)

新しいクリエイティブワークスペース
  • 主要なポストプロダクション ツールをクリエイティブ環境に統合し、エディトリアル タイムライン全体を Flame Desktop、Batch、Action と密接に連携
  • ワークフローを新たに設計し直し、メディアへのアクセスを向上
  • タスクに基づくワークフローにより、主要なフィニッシング タスクやクリエイティブ ツールにワンクリックでアクセス可能
統合されたエディトリアルとエフェクトのタイムライン
  • タイムライン内のコンテキストでの作業を効率的に行えるように、タイムラインのデザインを変更。これにより、タイムラインの新規構築や、オフラインカットの適合をデスクトップ上で行うことが可能
強化された GPU パイプライン
  • GPU/CPU プロセッシング パイプラインを再設計し、より早いコンポジッティングと、Batch と Action におけるビジュアル エフェクトの開発を実現

[ Category : ]
[ DATE : 2012-09-11 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ビジュアル・グラフィックス、AUTODESK FLAME 2019オンラインセミナーを開催

ビジュアル・グラフィックス株式会社は、2018年6月14日(木)にAUTODESK FLAME 2019のリリースイベントとしてオンラインセミナーを開催する。開催時間は14:00~... 続きを読む

オートデスク、トークイベント「Redshift Live」を開催

オートデスクは、2018年6月7日(土)に「Redshift 日本版」の企画によるトークイベント「Redshift Live」を東京・永田町グリッドで開催する。同イベントは抽選によ... 続きを読む

オートデスク、“創造の未来”をテーマにしたギャラリーイベント「Autodesk Gallery Pop-Up Tokyo」を開催

オートデスク株式会社は、デザインや設計、エンジニアリングのストーリーを集めたギャラリーイベント「Autodesk Gallery Pop-Up Tokyo」を2015年10月23日... 続きを読む

[NAB2015]オートデスク、3DCGアニメーション制作ソフトウェアの新バージョンを4月16日より提供開始

Autodesk 3ds Max。MAXクリエーショングラフ機能の画面 オートデスク株式会社は、「Autodesk Maya 2016」および「Autodesk 3ds Ma... 続きを読む

オートデスク、3Dアニメーション/モデリング向けソフトウェア「Autodesk Maya LT」の新バージョンを3月27日より提供開始

オートデスク株式会社は、モバイルゲーム開発用3Dアニメーション/モデリング向けソフトウェアの新バージョンとして「Autodesk Maya LT 2016」を3月27日より発売する... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. オートデスク、Flame 20th Anniversary Editionを10月より提供開始