PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2013]ティアックブース:業務用UHFデジタルワイヤレスシステムなど定評のある音響メーカー
Special

[InterBEE2013]ティアックブース:業務用UHFデジタルワイヤレスシステムなど定評のある音響メーカー

2013-11-17 掲載

同社はオープンリールの業務用テープレコーダーの時代から業界では定評のあるメーカーだ。駆動系を伴う製品が得意なようでCD関連の新製品を初めとしてオーディオインターフェースやレコーダーなどの新製品が数多く出展された。またbeyerdynamicの業務用UHFデジタルワイヤレスシステムTG 1000シリーズを全国の設備機器代理店を通じて発売開始することからこうした製品の出展もあった。

時代を反映したiPod接続対応業務用CD-200iLなど

interbee2013_teac_1463.jpg

CD関連の新製品としては、時代を反映してかiPod接続対応業務用CDプレーヤーCD-200iLやBluetoothレシーバー搭載業務用CDプレーヤーCD-200BTなどがある。設備機器などでは音源をiPodなどで持ち込むケースも多くなりこうしたことへの対応といえよう。また、DSLRによる動画撮影も盛んになり、デジタル一眼用X-YステレオマイクTM-2XやリニアPCMレコーダー&ミキサーDR-60Dなども人気を集めていた。

interbee2013_teac_1446.jpg

iPod接続対応業務用CDプレーヤーCD-200iL。iPodドックが搭載されており、従来の30ピンコネクターとiPhone 5で採用されたLightningコネクターにも対応。これらは直接本体にビルトインすることができる。また、ステレオミニジャックの外部入力端子を備えており、様々なオーディオプレーヤーを接続することが可能。

特定ラジオマイクの周波数帯移行が始まり、各社対応製品が出展されているが、同社では業務用UHFデジタルワイヤレスシステムTG 1000シリーズが出展された。ホワイトスペース(470MHz~710MHz)の帯域のほか、特定ラジオマイク専用帯域(710MHz~714MHz)の全てに対応しており、トリプルプレーコーデックの採用により高音質と暗号化データ通信に対応している。

interbee2013_teac_1476.jpg

デュアルレシーバーTG 1000 DR。1組のアンテナで最大12台(24ch)のカスケード運用が可能なほか、アンテナのスルー接続ができるので、1セットのアンテナでシステムを構築することができる。また、イーサネット経由でPC接続することでWEBブラウザ上から各種設定や受信状態のチェックなどが行える。

マイクプリアンプ/USBオーディオインターフェースUH-7000を参考展示

interbee2013_teac_1468.jpg

なお、参考出品としてスタンドアロンマイクプリアンプ/USBオーディオインターフェースUH-7000、マスタークロックジェネレーターCG-2000といった製品も出展されていた。

HDIA回路搭載マイクプリ&USBオーディオインターフェースUH-7000。単体マイクプリ、ADコンバーターとしても使用できるスタンドアローンモードを搭載しているほか、録音、モニターレベルの個別調節ができるDSPミキサー、HDIA回路搭載などの特徴を備えている。

interbee2013_teac_1466.jpg

マスタークロックジェネレーターCG-2000。恒温槽により元発信の水晶発振器を温度補償することで、高精度かつ高安定な周波数制度を実現。NTSC、PAL、HD3値対応のほか4つのビデオ出力を装備している。

interbee2013_teac_1465.jpg

Bluetootkレシーバー搭載業務用CDプレーヤーCD-200BT。スマートホンやパソコン、携帯音楽プレーヤーなど、Bluetoothに対応した機器から音楽を再生し出力することができる。A2DP標準のSBCコーデックに加えaptXコーデックにも対応しており高音質再生が可能となっている。

interbee2013_teac_1459.jpg

デジタル一眼用X-YステレオマイクTM-2X。単一指向性のコンデンサーマイクユニットを2基、X-Y方式で配置することで中央の音が弱くなってしまう中抜け現象を抑えた収音が可能。マイクユニットは上下180°可動できるvari-angle機構を採用しており対象にあわせてマイクの向きを変えることもできる。マイク本体とシューマウント部の間にはフローティング構造を採用しており、カメラ本体からの伝達ノイズを軽減した機構を採用している。

interbee2013_teac_1462.jpg

DSLR用リニアPCMレコーダー&ミキサーDR-60D。業務用リニアPCMレコーダーの技術を投入し、デジタル一眼用に形状を最適化しているほか、4トラックPCMレコーダーとミキサー機能を統合することで、カメラと三脚の間への設置やレコーダー部を使用せずにカメラに録音する用途で便利なミキサー機能、カメラの出力音を入力しモニターするためのCAMERA IN端子も装備している。

interbee2013_teac_1478.jpg

beyerdynamicマイクカプセルとワイヤレストランスミッター。トランスミッターとマイクカプセル部分が分離できる構成となっており、用途や運用方法にあわせて5種類のマイクカプセルが用意されている。トランスミッターはハンドマイクタイプのTG 1000 HHTや2ピース構成のTG 1000 BPTなどがある。

interbee2013_teac_1448.jpg

HS Editorは、同社のレコーダー/プレーヤーHSシリーズの編集、仕込み作業を支援するソフトウェアで、HS-4000、HS-2000、HS-2との併用に最適化されている。HS本体なしでの仕込み作業を可能にするオフライン動作やHSシリーズ互換の波形/プレイリスト編集ができる。


[ Category : , , ]
[ DATE : 2013-11-17 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[再現NAB2020]まとめ:TASCAM編

製品レポート Model 12 VS-R265/VS-R264 関連記事 ... 続きを読む

[再現NAB2020:TASCAM]ライブストリーミング用AV Over IPエンコーダー/デコーダー「VS-R265」「VS-R264」

4Kライブストリーミング用「VS-R265」 配信ソリューションに対応するスタンドアロンのエンコーダー/デコーダー「VS-R265」「VS-R264」 NAB2020の... 続きを読む

[再現NAB2020:TASCAM]マルチメディアクリエーターのためのデスクトップツール「Model 12」

楽曲・マルチメディア制作に携わるクリエーター、ソングライター、パフォーマーのためのオールインワンプロダクションミキサー TASCAMがNAB2020で展示予定だったデスクトッ... 続きを読む

[InterBEE2019]タスカム/ティアックブース:Nikon D500とTASCAM VS-R265/VS-R264の組み合わせで4K高画質ライブ配信ソリューションのデモを実施

ティアックブースでは、TASCAMブランドの放送業務や設備機器の新製品のほか、輸入ブランドのKLOTZ AIS社の業務用ケーブルや、dBTechnologiesブランドのPA/SR... 続きを読む

[NAB2019:TASCAM]ビデオエンコーダー/デコーダー/レコーダーシステムVS-R264/VS-R265を参考出品

TASCAMブースでは、Dante対応ML/MMコンパクトプロセッサーシリーズや、DSP内蔵マトリクスミキサーMX-8A、24トラックライブレコーディングミキサーModel24、新... 続きを読む

[CP+2019]プロ向け動画エリア:カメラ、レンズ、周辺機器などの動画ソリューションを一気に堪能!

CP+会期中の2月28日と3月1日の2日間、パシフィコ横浜の会議センター3階ではプロ向け動画エリアが設けられ、主に動画撮影に必要なカメラやレンズ、撮影機材などのメーカー14社が出展... 続きを読む

[InterBEE2018]タスカム/ティアックブース:Danteコンバーターの新製品を展示。レコーダーやプレーヤー各システムも展示

タスカム/ティアックブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chrome... 続きを読む

[InterBEE2017]タスカム/ティアックブース:レコーダーやマイクなどの放送機器、設備機器を展示

タスカム/ティアックブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザ... 続きを読む

[CP+2017]プロ向け動画エリア:デジタルシネマ系カメラやオーディオ製品など、各社ビデオ製品を展示

プロ向け動画エリアに変動アリ デジタル一眼による動画撮影が盛んになった数年前、CP+2013会場では初の試みとして「プロ向け動画エリア」を新設し、DSLRムービーはもちろん、... 続きを読む

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2013]ティアックブース:業務用UHFデジタルワイヤレスシステムなど定評のある音響メーカー