PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. ソニー、2014 FIFAワールドカップ全64試合放送に全面的に参加。4Kで“新しい境界域”にも挑戦
News

ソニー、2014 FIFAワールドカップ全64試合放送に全面的に参加。4Kで“新しい境界域”にも挑戦

2014-05-14 掲載

ソニーは2014 FIFAワールドカップで、全試合(64試合)の中継放送に携わるホスト・ブロードキャスト・サービス(HBS)の正式パートナーであることを発表した。開催まで1カ月を切ったFIFAワールドカップは、ブラジルで32日間に渡って熱戦が繰り広げられる。ソニーは、現行のHDに加え全64試合の内3試合を4Kで実施する。

開催国ブラジルの各12競技施設にはHDプロダクションが配置され、ソニーは7社のサブコントラクターと一緒に、288台のHDカメラをはじめ、HBSが必要とする放送機材を揃える。

HBSによると、各競技フィールドには34台のカメラを設置。また、リバースアングルにリプレイ用カメラを2台追加する案が出されているという。

ソニーは、4K放送に関してTV Globo傘下のGlobosat(グロボサット)と英プリプロダクションのTelegenic(テレジェニック)と提携している。昨年のコンフェデレーションカップでもFIFAと提携し、4Kでのライブプロダクションを試験的に行っている。

HBSは2002年(韓国/日本)、2006年(ドイツ)に開催されたFIFAワールドカップでも、放送設備を管理・コンサルティングする組織として選ばれている。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-05-14 ]
[ TAG : ]

関連記事

Blackmagic Design

Blackmagic Design製品事例:Joot Inc.およびアパレル会社DotDot DreamのCM撮影の場合

Blackmagic Designの発表によると、Uphill CinemaがJoot Inc.およびアパレル会社であるDotDot Dreamの2社のCM撮影に、URSA Min... 続きを読む

富士フイルムメイン写真

富士フイルム、フジカラーPRO400Hの120サイズを2021年6月出荷終了。予想以上の注文で大幅に前倒しへ

富士フイルムイメージングシステムズは、「フジカラーPRO400Hプロフェッショナル12枚撮5本パック」の120サイズを2021年6月に出荷終了すると発表した。以前、「2022年3月... 続きを読む

ARRI、ARRIseプログラムの募集開始。自分の作品でARRI機材が自由に使えるかも!

ARRIのISP(国際支援プログラム)の拡大延長版として、ARRIse(ARRI Support and Education)プログラムをリリースした。この新しいプログラムは、東ア... 続きを読む

ソニーアップデートメイン写真

ソニー、XDCAMショルダーカムコーダー「PXW-Z750」「PXW-Z450」「PXW-X400」最新ファームウェアを公開

ソニーは、XDCAMショルダーカムコーダー「PXW-Z750」「PXW-Z450」「PXW-X400」の最新ファームウェアを公開した。同社Webサイトよりダウンロード可能。各機種の... 続きを読む

AQUOS R6メイン写真

シャープ、5G対応スマートフォン「AQUOS R6」を商品化。1インチセンサーとライカのズミクロンの称号を得たF値1.9/19mmのレンズ採用

シャープは、ライカカメラ社監修のカメラと、1Hz-240Hzで駆動するOLEDディスプレイ「Pro IGZO OLED」を搭載した5G対応スマートフォンのフラッグシップモデル「AQ... 続きを読む

[週刊アクセスランキングTOP10]2021年5月10日~5月16日

こんにちは!PRONEWS編集部です。 毎週月曜日に前週に人気だった記事TOP10を発表する「週刊アクセスランキング」!今回は2021年5月10日~5月16日のランキングを発... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. ソニー、2014 FIFAワールドカップ全64試合放送に全面的に参加。4Kで“新しい境界域”にも挑戦