PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2014]ATOMOSブース:国内初、動作するSHOGUNを披露!
Special

[InterBEE2014]ATOMOSブース:国内初、動作するSHOGUNを披露!

2014-11-21 掲載

各社の4KカメラとSHOGUNを組み合わせて展示

目玉はなんといっても国内初、実際に動作する4KレコーダーSHOGUNの初お披露目だ。ATOMOSのレコーダーには、HDMI入出力を備えたNINJA系とSDI入出力を備えたSAMURAI系、コンバーターのCONNECTがあるが、その全部の要素を持って4Kに対応したのがSHOGUNだ。発売は今月末に初回予約分は出荷開始の予定だったが、最終ファームウェアが遅れており、実際の発売は12月になるかもしれない状況とのことだ。ブースでは、最終出荷版の前の段階のファームウェアの状態で展示が行われていた。ハードウェア自体は製品版とまったく一緒とのことで、パネルの優秀さなどは確認できるようになっていた。

interbee2014_ATOMOS_02

HDMI、SDI両方の端子を備えた4K収録対応のレコーダー「SHOGUN」

interbee2014_ATOMOS_03

ブースではハードケースや同梱品が展示されていた。発売は間近であるようだ

interbee2014_ATOMOS_04

SHOGUNとパナソニックのGH4を組み合わせて展示していた

interbee2014_ATOMOS_05

SHOGUNとキヤノンのEOS C500と組み合わせての展示

interbee2014_ATOMOS_06

SHOGUNとソニーのPXW-FS7と組み合わせての展示

interbee2014_ATOMOS_07

SHOGUNとソニーのα7Sと組み合わせての展示

長時間の4K収録を実現するための新オプション「Power Station」

レコーダーとカメラに電源供給ができるというPower Stationも展示が行われていた。SHOGUNは従来機種よりも消費電力が大きいために、標準で付いてくるソニーのNP-F570互換のバッテリー1個では長時間もつわけではない。しかも、多くの人がSHOGUNと組み合わせて使うことが予想されるα7Sのカメラ本体のバッテリーも長時間もたないという話だ。そこでATOMOSは、SHOGUN本体に電源を供給するほかに、ソニーのα7SやパナソニックのGH4といったカメラ本体にも電源を供給することができるPower Stationを来年1月に発売する予定だ。SHOGUNとPower Stationを一緒に使用すれば、カメラのバッテリー容量の弱点をまとめて克服できるようになるだろう。

interbee2014_ATOMOS_08

新オプションのPower Station。バッテリーの残量がランプでわかるようになっている

interbee2014_ATOMOS_09

バッテリーは2つ同時に搭載することが可能だ


[ Category : , , ]
[ DATE : 2014-11-21 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Camera Preview 2020]Vol.06 初メジャーアップデートVer.2.00で大きく変化するSIGMA fp

txt:駿河由知 構成:編集部 使えば使うほど楽しくなるSIGMA fp 2020年7月11日と13日開催の「ライブ配信まるごと大相談会」。筆者は「シグマfpによる... 続きを読む

[InterBEE2019]ATOMOSブース:4K HDRパネル搭載のNEONやSHOGUN 7の3000nit/Dollby Vision対応モデルを展示

ATOMOSは、新製品の4K HDRパネルを搭載したNEONのラインナップを国内初出展したほか、8月から本格出荷開始したSHOGUN 7の3000nit/Dollby Vision... 続きを読む

[NAB2019:ATOMOS]モニタリング、録画、最大4つのHD-SDIカメラストリームのスイッチングに対応する「Shogun 7」を展示

ATOMOSブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ... 続きを読む

[NAB2019]ATOMOSブース(動画)

NAB2019のATOMOSブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2019]ナブブラリVol.06(動画)

NAB2019の会場で気になったところをぶらぶらしながらレポートするコーナー。ATOMOSブースからお届けします。 ... 続きを読む

[CP+2019]ATOMOSブース:「一歩進んだカメラの動画撮影」をテーマに最新カメラとレコーダーを組み合わせたた撮影システムを展示

毎年最新のカメラが集まるATOMOSブースでは、一歩進んだカメラの動画撮影をテーマに、ファームウェアアップデートにより12bit RAW動画HDMI出力に対応するニコンのZ 7/Z... 続きを読む

[InterBEE2018]ATOMOSブース:4K60Pに対応した5.2インチのモニター/レコーダー「NINJA V」を展示

ATOMOSブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザ... 続きを読む

[NAB2018:ATOMOS]小型、軽量のポータブルモニター/レコーダー「NINJA V」やProRes RAWに対応したSHOGUN INFERNO、SUMO19を展示

360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/And... 続きを読む

[CP+2018]ATOMOSブース:SUMO19M/SUMO19、NINJA INFERNOを様々なカメラと組み合わせた展示

ATOMOSはNABやInterBeeでは大きなブースを構えて各社の最新のカメラと組み合わせた出展を行っているが、CP+は写真が中心のイベントということもあり、かなり規模を縮小した... 続きを読む

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2014]ATOMOSブース:国内初、動作するSHOGUNを披露!