PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > MHLコンソーシアム、次世代のMHL規格「superMHL」を発表。8K/120fps映像をケーブル1本で伝送可能に

News

MHLコンソーシアム、次世代のMHL規格「superMHL」を発表。8K/120fps映像をケーブル1本で伝送可能に

2015-01-13 掲載

MHLコンソーシアムは1月6日、8K/120fpsおよびHDRに対応するMHL(モバイルハイデフィニションリンク)端子の新規格「superMHL」を発表した。合わせて先週、米ラスベガスで開催されたCES2015にて、superMHLに対応させたというサムスンの8Kディスプレイと再生機器を使って、8Kのタイムラプス動画を再生するというデモンストレーションを行った。

現在のMHL3.0が登場した際は、オリジナルのMHLの設計原理に基づいてモバイルデバイスのリンク可動部分に焦点を当てて4K/30p映像に対応させたが、第4世代目となるsuperMHLでは、はるかにモバイル領域を超えてプロトコル自体が改善され、単一レーン上で帯域幅を倍にすることで4K60p映像を可能にし、更に6レーンを束ねることで8K/120fps映像伝送が実現する。

http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2015/01/150113_MHLcables_01b.jpg ※画像をクリックすると拡大します

それに加えて48bitのカラーデプス、HDRやDolby Atmos/DTS-UHDオーディオの対応などが盛り込まれた。最新のコンテンツ保護技術HDCP 2.2にも対応。

150113_MHLcables

またケーブルやコネクタも大幅に改善された。MHLコンソーシアムの会員である8Kテレビを開発しているメーカー社からの強い要求でもあったというように、superMHLでは8K伝送をケーブル1本で可能になる。そしてコネクタは表裏の区別が無いリバーシブル仕様の32ピン端子を採用する(superMHLコネクタと呼ばれる)。そしてマルチディスプレイ数も増え、8台まで対応。さらに電源供給もMHL3.0での10Wから四倍の40W(20V@2A)となる。

仕様書については1月末にリリースが予定されている。なお、MHLコンソーシアムはBlu-ray Disc Associationともタイアップし、次世代BD対応も予定としている。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2015-01-13 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[CES2018]パナソニック、高感度撮影に対応したCinema4K/60p動画記録が可能なミラーレス一眼カメラ「LUMIX DC-GH5S」を発売

パナソニックは、Cinema4K/60p動画記録が可能なレンズ交換式デジタル一眼カメラ「LUMIX DC-GH5S」を2018年1月25日より発売する。希望小売価格はオープン。市場... 続きを読む

[CES2018]Arashi Vision、8レンズのVRカメラと6DOFライトフィールドカメラを発表

写真はライトフィールドカメラ用の新製品 360°カメラメーカーのArashi Visionは、CES2018で2つの次世代カメラを発表した。1つが8個のレンズを搭載したVRク... 続きを読む

[CES2018]LG電子、斬新なデザインの4K HDRホームプロジェクターを発表

LG電子はCES2018開催前に、HDR対応4Kプロジェクター「HU80KA」を発表した。本プロジェクターは、外姿が縦型という今までにないデザインで、サイズを従来の横置きデザインの... 続きを読む

[CES2018]DJI、一眼レフとミラーレスカメラ用に設計されたDJI初の片手持ちスタビライザー「Ronin-S」を発表

DJIは、一眼レフとミラーレスカメラ用に設計されたDJI初となる片手持ちスタビライザー「Ronin-S」を2018年第2四半期(7月~9月)に発売する。価格は未定。 DJIの... 続きを読む

[CES2018]DJI、ハンドヘルドスマートフォンカメラスタビライザー「Osmo Mobile 2」を発表

DJIは、CES 2018にてハンドヘルドカメラスタビライザ「Osmo Mobile 2」を発表した。2018年1月23日よりApple.comで先行予約を開始し、2月上旬よりDJ... 続きを読む

トップ > ニュース > MHLコンソーシアム、次世代のMHL規格「superMHL」を発表。8K/120fps映像をケーブル1本で伝送可能に