PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [InterBEE2015]ROHDE&SCHWARZ、4K HDR映像とIMFを解説。ハリウッド業界規格IMFを提唱するNetflixとグローバルコンテンツ制…

News

[InterBEE2015]ROHDE&SCHWARZ、4K HDR映像とIMFを解説。ハリウッド業界規格IMFを提唱するNetflixとグローバルコンテンツ制作環境を紹介

2015-11-13 掲載

2015年11月20日(金)15時からのInterBEE2015スポンサーセッション(国際会議場1階 103会議室)では、ROHDE&SCHWARZ社のスティーブン・バードソング氏とサイモン・ロアーズ氏、そしてNetflixでグローバルメディアエンジニアリング&パートナーシップディレクターを務めるクリス・フェトナー氏が登壇する「ハイダイナミックレンジ(HDR)で創る。デバイスにとらわれない新しい映像体験」と題したセッションが開催される。セッションの主催は、ROHDE&SCHWARZ社製品の販売代理店である株式会社フォトロン。

151113_IMF

HDRで編集したUHDコンテンツを「IMF(Interoperable Master Format)」でパッケージング後、様々なデバイスへ配信するまでのパネルディスカッションが行われる。IMFは、デジタルシネマパッケージ(DCP)規格をベースにSMPTEで規格化されたファイルパッケージ。ファイル形式、コーデック、複数字幕などコンテンツの複数バージョンを1パッケージでやり取りが行える仕組みがとられており、ディズニー、ソニーピクチャーズやNetflixといったワールドワイドにコンテンツ配給を行うコンテンツホルダーから推奨されている。

151113_sponsor 左:ROHDE&SCHWARZ社 サイモン・ロアーズ氏
中央:同社 スティーブン・バードソング氏
右:Netflix社 フクリス・フェトナー氏

この規格化に携わる、ROHDE&SCHWARZ社 リージョナルマネージャ サイモン・ロアーズ氏がIMFについて詳しく解説する。またNetflix社のフェトナー氏からは、4K HDRコンテンツ配信の現状を紹介する。セッションは同時通訳で進行される。セッション参加は無料だが事前の申し込みが必要だ。講座の詳細や申込登録はこちらより。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2015-11-13 ]
[ TAG : ]

関連する記事

Netflix、2017年を振り返るランキングを発表

オンラインエンターテインメントサービスを提供するNetflix株式会社は、2017年を振り返り、Netflix日本国内ユーザーが最も「抜け駆けウォッチ」したオリジナル作品を含むラン... 続きを読む

サムスンとパナソニック、FOXが新HDRフォーマットを促進するアライアンスを設立

サムスンとパナソニック、20世紀フォックス(FOX)は、HDR10規格の拡張版であるHDR10+フォーマットを促進するHDR10+アライアンスを結成した。 HDR10+は、S... 続きを読む

米Apple、オリジナルコンテンツ制作に10億ドルを投資。Amazon、Netflixと競合戦略を強化

米Appleは、今後12ヶ月でオリジナルコンテンツ制作に約10億ドルを投資する計画があるという。AmazonやNetflixといったオリジナル番組を提供するビデオ配信サービスを意識... 続きを読む

ディズニーがNetflixから去る日

ウォルト・ディズニー・カンパニー(以下:ディズニー)が現地時間8月8日に、BAMTechの株式75%分を購入し、ディズニーとESPNストリーミングサービスの両方を開始する予定である... 続きを読む

SMPTE2022-6、SDI 12G対応のUHD QC&監視システムPHABRIX Qxシリーズ。世界初・リアルタイム12G-SDI物理層分析やHDR/WCGツール搭載

今月中旬に開催された「ケーブル技術ショー2017」にて、武蔵エスアイ株式会社が出展した製品の1つ、英PHABRIX社製「Qxシリーズ」を紹介する。 Qxシリーズは、2015年... 続きを読む

トップ > ニュース > [InterBEE2015]ROHDE&SCHWARZ、4K HDR映像とIMFを解説。ハリウッド業界規格IMFを提唱するNetflixとグローバルコンテンツ制作環境を紹介