PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. Blackmagic Design製品事例:WOWOWドラマ「撃てない警官」の場合
News

Blackmagic Design製品事例:WOWOWドラマ「撃てない警官」の場合

2016-05-24 掲載

© 2016WOWOW /オフィス・シロウズ © 2010安東能明/新潮社 企画協力 新潮社

Blackmagic Designの発表によると、WOWOWで放送されたドラマ「撃てない警官」の撮影にBlackmagic URSA 4KおよびBlackmagic Production Camera 4Kが使用された。撮影時にはView FinderおよびSmartView 4K、グレーディングにはDaVinci Resolve Studioが使用された。

同作品は安東能明原作で、警察組織内部の出世争いや復讐劇を描いたサスペンスドラマ。撮影監督を務めたのはフィルム撮影も手がける今井孝博氏。主演は田辺誠一。撮影では、AカメラとしてBlackmagic URSA 4K、BカメラにはBlackmagic Production Camera 4Kを使用した。

今井氏:今回、初めてBlackmagic URSA 4Kを使いました。基本的にほとんどのシーンをURSAで撮影し、狭い場所での撮影にProduction Camera 4Kを使っています。URSAはフィルムカメラのような安定感があって、撮影しやすかったですね。URSAクラスのカメラだと、撮影時のファンの音が気になることが多いのですが、このカメラは水冷方式を採用しているので、音がとても静かで現場での評価も高かったです。

160524_BMD3

今井氏:デジタル撮影が多くなってからは、モニターを見ながらのオペレーションが一般的になってきていて、撮影時に質のいいファインダーで確認するということがおろそかになっている気がします。私はフィルム撮影も多く経験しているため、ファインダーを覗いて画作りをすることに慣れているので、質のいいファインダーがついていることはカメラを選定するうえでの需要なポイントの一つです。質の悪いファインダーは、すぐに黒つぶれや白飛びしてまい、正しい明るさや色が判断が難しいです。

その点、View Finderは色の滲みもなく、さらにカメラとの遅延もほとんどありません。フルHD対応のビューファインダー自体がまだ少ない中、このクオリティでこの価格帯で手に入るのはすばらしいですね。

また、現場でのモニターチェックにはSmartView 4K、カラーグレーディングにはDaVinci Resolve Studioが使用されている。撮影はRAW収録で行われ、株式会社インターセプターにてDaVinci Resolve Studioでグレーディングされた。担当した株式会社インターセプターの田巻源太氏は色作りについて次のようにコメントしている。

田巻氏:刑事モノのドラマというと、普通はコントラストの高めの、「硬い」イメージで色を作ることが圧倒的に多いです。この作品は、一見ハードボイルドな印象も受けるのですが、犯罪事件を主人公が解明するといった、いわゆる勧善懲悪な話ではありません。そのため、今井さんから、あえてそういったものとは違ったトーンにしたいとリクエストがありました。そのため、あえてコントラストを低くして彩度も抑えました。

回想パートでは、逆に彩度を強くしています。Blackmagicのカメラでとった映像は、彩度をきつめに上げたときでも、すべて色の要素が均一に上がります。カメラによっては、赤だけが強く影響がでて破綻してしまう、ということもあるのですが、そういったクセがない、フラットな映像が撮れるので扱いやすいですね。反対にモノクロっぽくするため彩度おとしたときも、特定の色の階調だけ残るということがなく、色の抜け方がきれいなんです。


[ Category : ]
[ DATE : 2016-05-24 ]
[ TAG : ]

関連記事

Avid、Media Composer v2021.6提供開始。「次/前のイベントへ移動」の挙動設定やビンステータスバーに合計のデュレーション表示に対応

Avidは、同社のノンリニアビデオ編集ソフトウェアMedia Composerの最新バージョンv2021.6をリリースした。最新バージョンは同社Webサイトよりダウンロード可能。 ... 続きを読む

キヤノン、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の選手村に「Photo Studio」を出店

キヤノンは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下:東京2020大会)の開催期間中、選手村ビレッジプラザ内に「Photo Studio」を出店し、フォトサービスおよ... 続きを読む

ソニー、「FX3」についてのトークショーをライブ配信で実施

ソニーは、2021年6月21日に、同社のCinema Lineシリーズ最小最軽量のフルサイズセンサー搭載カメラ「FX3」についてのトークショーを東京映像部(カメラ公式)Instag... 続きを読む

Avid製品導入事例:NBC Olympicsの東京オリンピックコンテンツ制作・メディア管理ワークフロー

Avidの発表によると、NBC Sports Groupの一部門であるNBC Olympicsは、2021年7月23日から8月8日まで東京で開催される第32回オリンピック競技大会の... 続きを読む

アストロデザイン、ライブ配信スタジオ機能を兼ね備えた「オフグリッドスタジオATOM’S」発表。トムスと共同で企画・開発

アストロデザイン株式会社は、株式会社トムスと共同で企画・開発した「オフグリッドスタジオATOM’S(アトムス)」(以下:ATOM’S)を発表した。販売総代理店としてトムスが、代理店... 続きを読む

ライカ、1インチセンサー搭載スマートフォン「LEITZ PHONE 1」をソフトバンクより発売

ライカカメラ社は、スマートフォンとして最大級の1インチセンサーを搭載した、ライカ初のスマートフォン「Leitz Phone 1」をソフトバンクより発売する。 スマートフォンと... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. Blackmagic Design製品事例:WOWOWドラマ「撃てない警官」の場合