PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2017]JVCケンウッドブース:IPリモートカメラソリューションを中心に4K HDR映像制作システムなどを展示
Special

[InterBEE2017]JVCケンウッドブース:IPリモートカメラソリューションを中心に4K HDR映像制作システムなどを展示

2017-11-24 掲載

JVCケンウッドブース動画

JVCケンウッドブース 360°全天球動画

RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

JVCケンウッドブースレポート

JVCケンウッドは、同社の各種4Kカメラと各種ビデオ機器を組み合わせたスポーツや音楽などの各種イベント中継を、ローコストかつシンプルな構築を可能にするIPリモートカメラソリューションを中心に展示を行った。

また、4KカメラソリューションとしてJ-Log1に対応したATOMOS社レコーダーと組み合わせた4K HDR映像制作システムや、4KカメラレコーダーGY-LS300CHによる4K DCIシネマ映像制作システム、分離型4KカメラGW-SP100を使った小型4K60pカメラシステムのほか、RTi社とのコラボレーションによる360° 4K60p VR制作ソリューションなども展示した。

ブース正面にはIP制御でマルチカメラ撮影に対応可能なStreamstar社製ライブプロダクションシステムStreamstar Xシリーズによるコンソールを設置し、撮影からネットワーク伝送、グラフィックオーバーレイ、そして配信という一連のワークフローの提案のデモを行っていた。

参考出品のIPリモートプロダクションシステム。スタジオや調整室などから遠隔地にある各種JVCのネットワーク対応カメラをネットワーク経由でリモート操作し、ローコストかつシンプルなシステムで映像制作から配信までを行えるトータルソリューションを紹介。IP制御でマルチカメラ撮影に対応可能なStreamstar社製ライブプロダクションシステムを使用し、一連のワークフローを提案

参考出品の定点リモートカメラシステム。プリセット位置に合わせて、自動で画像やテキストの重畳が可能なプリセット・オーバレイ機能を搭載したPTZカメラとパケットロスやジッターを大幅に低減し、高品質な映像および音声の配信を実現するクラウドサービス「Zixi」とVITEC社のMGW ACE Decoderとの組み合わせにより、定点カメラとしてネットワーク経由で遠隔地から操作、観測するシステム

簡易マルチカメラ運用のローコストスタジオシステム。1台のRM-LP100で、複数の当社製ネットワーク対応カメラのリモート操作とタリー表示が可能。簡易マルチカメラ運用をローコストで実現できる。また、スポーツイベントの生中継を収録、配信できるスコア重畳機能を搭載した業務用カメラレコーダーGY-HM200BBによるワンマンオペレートのデモンストレーションを行った。対応カメラはKY-PZ100、GY-HM200、GY-HM660、GY-HM850で、リモートカメラコントローラRM-LP100の最新ファームウェアVersion2.0も公開された

技術展示されていた4K DCIシネマ映像制作システム。DCI-P3の色域カバー率93.8%、面積比111.9%のJ-Log1映像をデジタルシネマ規格のDCIカラースペースDCI-X’Y’Z’、およびDCI-P3(RGB)に変換するDCI対応LUTファイルを技術展示。ダイナミックレンジ800%を実現するJ-Log1モードを搭載した4KカメラレコーダーGY-LS300CHで撮影した映像をDCI-X’Y’Z’LUTファイルを用いることで、映画館で上映されるデジタルシネマパッケージと同じカラースペースでグレーディングが可能となる

分離型4KカメラシステムGW-SP100。4K対応Super 35mmイメージセンサーを搭載した小型4Kカメラユニットと、脱着・折り畳み可能な7インチフルHD液晶モニターを装備したビデオユニット。4K(3840×2160)/60p撮影に対応し、別売のケーブルや関連周辺機器との組み合わせで、自由度の高い設置と遠隔操作撮影が可能

コントロールユニットはセパレートになっており、ホワイトバランスやゲインの設定のほか、ズームやアイリス設定などが可能。ユーザープリセットもできるようになっており、カメラの設定を自由に行える

参考出品されていたSuper 35mmイメージセンサーを搭載した360°撮影カメラ。米RTi社とのコラボレーションによるシステムで、カメラ部分はスポーツ、エンターテインメント、ニュースなどのVRライブ映像を360°撮影する際に適した3Kx3K読み出しに対応。RTi社の独自開発による一眼カメラデザインの光学システムと組み合わせることで、高画質でつなぎ目のないスムーズな映像を送出可能。また、スティッチングソフトが不要なため、映像の遅延を最小に抑えられる

360°コンテンツの表示に対応したVRヘッドマウントディスプレイ。Realtime Immersion社(RTi)とのコラボレーションによるもので、VRヘッドマウントディスプレイや専用VRアプリケーションを参考展示したほか、携帯端末への360°ライブ映像配信が可能なアプリケーションも用意されている。業務用放送向けの360°映像撮影・ライブ配信ソリューションを提案する


[ Category : , , ]
[ DATE : 2017-11-24 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2019]JVCケンウッドブース:CONNECTED CAM STUDIOを核とした撮影から放送/配信までのIP映像制作ソリューションを展示

JVCケンウッドはスタジオ制作向けの新ラインアップとなるライブプロダクションシステムCONNECTED CAM STUDIOを核とした撮影から放送/配信までのIP映像制作ソリューシ... 続きを読む

[NAB2019:JVCケンウッド]カメララインアップの拡大や、IP映像制作に向けた新たなソリューションを展示

JVCケンウッドブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Goo... 続きを読む

[NAB2019]ナブブラリVol.07(動画)

NAB2019の会場で気になったところをぶらぶらしながらレポートするコーナー。Panasonicブース、JVCケンウッドブース、Grass Valleyブースからお届けします。 ... 続きを読む

[NAB2019]JVCケンウッドブース(動画)

NAB2019のJVCエンウッドブース動画です。 ... 続きを読む

[InterBEE2018]JVCケンウッドブース:CONNECTED CAMシリーズや、ストリーミングシステムを展示

JVCケンウッドブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラ... 続きを読む

[NAB2018:JVCケンウッド]IPを活用したワークフローを実現する2/3インチHDメモリーカードカメラレコーダー「GY-HC900」を初展示

JVCケンウッドブース動画 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google... 続きを読む

[NAB2018]JVCブース(動画)

NAB2018のJVCース動画です。 ... 続きを読む

[InterBEE2017]ブラックマジックデザイン:グラントCEOはかく語りき〜Creative Firstの思い

InterBEE2017、今年も過去最大コマ数を誇り、絶好調なBlackmagic Design社グラント・ペティCEOが来日しているということで、夏のインタビューに続いて再度イン... 続きを読む

[InterBEE2017 360°VOYAGE]360°全天球動画でInterBEE会場をご紹介!

厳選360°全天球動画ブースレポート InterBEE2017の会場内で360°全天球動画をお届け!InterBEE2017に参加できなかった方も、会場の雰囲気を少しでも感じてい... 続きを読む

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2017]JVCケンウッドブース:IPリモートカメラソリューションを中心に4K HDR映像制作システムなどを展示