PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2017]RAIDブース:RED WEAPON MONSTRO 8K VVなどの国内初披露となる製品を多数展示
News

[InterBEE2017]RAIDブース:RED WEAPON MONSTRO 8K VVなどの国内初披露となる製品を多数展示

#RAID #Inter BEE 2017

2017-11-24 掲載

低照度シーンでのノイズ性能も向上したMONSTROセンサー搭載のRED WEAPON MONSTRO 8K VVなどを展示

RED Digital Cinemaのほか、レコーダーやモニター、ケージ、レンズなど、デジタルシネマ関係の各種機材を扱うRAIDは、RED Digital Cinema社の最新センサーであるMONSTROセンサーを搭載したRED WEAPON MONSTRO 8K VVや、Cooke Optics社のレンズPANCHRO Classic、ServiceVision社のフルフレーム対応Scorpiolens ANAMORPHIC、SmallHD社の最新モニター502 High Bright、COLORFRONT社の8K対応Analyzerシステム、HEDÉN社のVLC-1L/VM35およびCMOTION社のCPROのレンズコントロールシステムなどの新商品を中心に各種映像機材を出展した。これらの製品は国内初出展で、このほかにも新たに代理店契約を締結したメーカー製品としてRT Motion社のRED製品対応リモートレンズコントロールシステムと、Digital Sputnik社のDSシリーズ照明の製品も展示していた。

最新のMONSTROセンサーを搭載したRED Digital Cinema社WEAPON MONSTRO 8K VV。35mmフルフレーム相当のセンサーを搭載しており、最大8K(8192×4320)で60fps撮影が可能なほか、2.4:1アスペクト比の8K(8192×3456)では75fpsまで対応。また、新センサーは低照度シーンでのノイズ性能も向上している RED Digital Cinema社WEAPON MONSTRO 8K VVのセンサーサイズは40.96×21.60mmで8192×4320ピクセル。ダイナミックレンジは17+STOPとなっている RED Digital Cinema社WEAPON MONSTRO 8K VVの最大データ転送レートは、480GBまたは960GBのRED MINI-MAG使用時300MB/s、120GBまたは240GBのRED MINI-MAG使用時は225MB/s RED Digital Cinema HELIUM 8K S35ホワイト限定モデル。センサーサイズは29.90×15.77のスーパー35相当。ダイナミックレンジは16.5+STOPとなっている。最大8K(8192×4320)で60fps、アスペクト比2.4:1の8Kでは75fpsで収録可能 SmallHD社の最新モニター502 High Bright。野外でも利用しやすい5型の高輝度ディスプレイで、HDR対応のほか波形や3D LUTも搭載している。パネルの輝度は2200nits、コントラスト比1000:1となっており、1920×1080表示が可能なほか、色深度は10bitで視野角170° Cooke Optics社PANCHRO Classic。1920年から1960年代のビンテージクラッシックレンズを現代に蘇らせたオールドテイストの描写を再現できるプライムレンズ。18mmから152mmまでの8本がラインナップされている bebob社CUBE1200バッテリー。フォーカス、ズームリモコンなどを扱っていたbebobだが、最近はバッテリーにも進出。写真のCUBE1200バッテリーは1176Whの大容量で5V/12V/24V/48Vの出力に対応。LED照明で48Vタイプの製品があるが、対応するバッテリーは少なく貴重な存在。ほかにもVマウントタイプのバッテリーも出展していた FlandersScientific社の24.5型DM250OLEDモニター。波形モニターやベクトルスコープ、CIE色度表示、16chオーディオレベル表示のほか、クロスコンバートやHDRプレビューモードを装備。1920×1080解像度10bit、コントラスト比5000:1のパネルを搭載している DM250OLEDモニターは、Rec.709やBT.2020やDCI-P3などに対応しているほか、ユーザープリセットも可能。インターフェースは3Gbps/HD/SD-SDIのほかDisplayPortを備えており、画面ズームやセーフエリア表示なども行える IB/E Optics社RAPTORマクロレンズ。36×24mmフルフレーム対応のシャープな描写力を備えたPLマウントのマクロレンズで100mm/150mm/180mmの3本をラインナップしている。明るさはいずれもT2.9で倍率1:1まで対応可能 RAPTORレンズは後部のレンズ系の交換により焦点距離を変更可能。現状0.8倍のワイドタイプVELOCITER×0.8が用意されている RAPTORレンズにVELOCITER×0.8を装着した時の焦点距離や性能などのデータ。なお、これとは別にT2.0、35mmフルサイズに対応したPLマウントに装着する1.6倍のエクステンダーS35×8K Expanderも出展されていた COLORFRONT社製8K対応Analyzer&Transkoderシステム。JPEG2000のエンコードやデコードのほか、IMFやDCP、AS-11 DPPマスタリング、ALEXA 65やVARICAM 35、RED WEAPON 8Kなどのカメラに対応したRAW展開に対応しているほか、アナリシス機能やQCツールなども搭載 HEDÉN社のVLC-1L/VM35レンズコントロールシステム。LANC対応となっており、ソニーのFS5やFS7などに対応 HEDÉN社のVM35レンズコントロールシステム。FUJINON MKシリーズMK18-55やMK55-135ズームレンズ対応のブラケットなども用意されている CMOTION社のCPROワイヤレスレンズコントロールシステム。フォーカスのほかアイリスやズームコントロール、RECトリガーなどに対応 CMOTION社のCPROワイヤレスレンズコントロールシステムのコントローラーは、タッチスクリーンインターフェース対応のディスプレイが装備されている。同社のCaminカメラインターフェースを使用することで、外部モーターなしでREDカメラでキヤノンEFレンズを制御可能

[ Category : , , ]
[ DATE : 2017-11-24 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2019]RAIDブース:シネマレンズにAF機能を付加できるFocusbug社のCine RTシステムに注目

RAIDブース動画 RAIDブースレポート RAIDはHELIUM 8K S35センサーを搭載したRED Digital CinemaのデジタルシネカメラRED... 続きを読む

[InterBEE2018]RAIDブース:話題のホログラフィックディスプレイ搭載型スマートフォンHYDROGEN ONEが登場

RAIDブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

[InterBEE2017]ブラックマジックデザイン:グラントCEOはかく語りき〜Creative Firstの思い

InterBEE2017、今年も過去最大コマ数を誇り、絶好調なBlackmagic Design社グラント・ペティCEOが来日しているということで、夏のインタビューに続いて再度イン... 続きを読む

[InterBEE2017 360°VOYAGE]360°全天球動画でInterBEE会場をご紹介!

厳選360°全天球動画ブースレポート InterBEE2017の会場内で360°全天球動画をお届け!InterBEE2017に参加できなかった方も、会場の雰囲気を少しでも感じてい... 続きを読む

[InterBEE2017]EIZOブース:液晶としては驚きのHDR色再現。4K/HDR対応のリファレンスモニター「ColorEdge PROMINENCE CG3145」を展示

EIZOブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

[InterBEE2017]AJAブース:IP経由の業務用ビデオ&オーディオIOデバイス「Io IP」を発表。ファームウェアをアップデートした「Ki Pro Ultra Plus」や「Io 4K Plus」なども展示

AJAブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよび... 続きを読む

[InterBEE2017]カールツァイスブース:レンズデータの出力に対応した「CP.3 XD」や軽量小型ズームレンズ「Lightweight Zoom LWZ.3 21-100mm」を展示

カールツァイスブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウ... 続きを読む

[InterBEE2017]ヒビノ/ヒビノインターサウンドブース:ChromaVision用HDR対応LEDコントローラーやGEFEN社のIP対応ルーティングスイッチャーなど、多岐にわたる製品を展示

ヒビノはホール1にヒビノインターサウンドプロオーディオ部門とヒビノプロオーディオセールスDiv.のブースを、ホール2にはヒビノライティング映像制作/放送関連機材部門およびヒビノアー... 続きを読む

[InterBEE2017]ATENジャパンブース:4K対応のIP KVMエクステンダーやタブレットで簡単に制御できるマトリックススイッチャーを展示

ATENジャパンブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラ... 続きを読む

特集記事

CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2017]RAIDブース:RED WEAPON MONSTRO 8K VVなどの国内初披露となる製品を多数展示