PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. カールツァイス、ハイエンドシネプライムレンズシリーズ「Supreme Prime」を6月11日よりナックイメージテクノロジーにて受注開始
News

カールツァイス、ハイエンドシネプライムレンズシリーズ「Supreme Prime」を6月11日よりナックイメージテクノロジーにて受注開始

2018-06-11 掲載

カールツァイスは、5月24日に発表したハイエンドシネレンズシリーズ「Supreme Prime(スプリームプライム)」を6月11日よりナックイメージテクノロジーにて受注を開始することを発表した。価格と発売時期は以下の通り。

    標準価格(2018年8月1日に出荷する5焦点距離の1本あたりの価格): 2,025,000円(税別)
    日本国内受注開始日:2018年6月11日
    日本国内出荷予定:
    ・2018年8月予定: 25mm/T1.5, 29mm/T1.5, 35mm/T1.5, 50mm/T1.5, 85mm/T1.5
    ・2018年12月予定: 100mm/T1.5
    ・2019年予定: 21mm/T1.5, 65mm/T1.5, 135mm/T1.5, 150mm/T1.8
    ・2020年予定: 15mm/T1.8, 18mm/T1.5, 200mm/T2.2

「Supreme Prime」は焦点距離15mmから200mmをカバーする全13本のレンズシリーズ。イメージサークルは46.2mmを確保し、35mmフルサイズセンサー(36×24mm)以上のセンサーサイズを持つカメラにも対応。色収差、ディストーション、ゴーストなどを抑えた光学設計で、T1.5(一部覗く)という明るい開放値が浅い被写界深度を可能にしている。

鏡筒前枠は95mmに統一、レンズ重量も軽くなりジンバル撮影などでカメラとのバランスが取りやすくなっている。フォーカス環トルクはスムーズで、メートル、フィートの距離指標は工具を用いて簡単に差し替えが可能。レンズマウントにはIMS交換マウントシステムを採用し、PL、キヤノンEF、ARRI LPLの3種に換装することができる。


[ Category : ]
[ DATE : 2018-06-11 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[再現InterBEE2020]まとめ:カールツァイス編

動画レポート ■Supreme Prime 製品レポート Supreme Prime ... 続きを読む

[再現InterBEE2020:動画]ナックイメージテクノロジー「ZEISS Supreme Prime」

Inter BEE 2020がリアル開催だった場合、展示されたであろう新製品・ソフトウェアを60秒で紹介するコーナー。ナックイメージテクノロジー社から「ZEISS Supreme ... 続きを読む

[再現InterBEE2020:カールツァイス]新たに40mm T1.5が仲間入りした「ZEISS Supreme Primeレンズシリーズ」

2020年9月、本編映画の撮影現場でSupreme Prime 200mmを使う佐光朗J.S.C.。林の中を動く演者たちを200mmの望遠圧縮効果で、しかも絞りを開けて捉えることに... 続きを読む

カールツァイス、「ZEISS Virtual Cine Expo 」7月15日から17日までオンラインで開催

カールツァイスは、2020年7月15日~7月17日までの期間中、自社のオンライン展示会として「ZEISS Virtual Cine Expo」を開催する。日本からも参加可能で、日本... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. カールツァイス、ハイエンドシネプライムレンズシリーズ「Supreme Prime」を6月11日よりナックイメージテクノロジーにて受注開始