PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2018]ATOMOSブース:4K60Pに対応した5.2インチのモニター/レコーダー「NINJA V」を展示
Special

[InterBEE2018]ATOMOSブース:4K60Pに対応した5.2インチのモニター/レコーダー「NINJA V」を展示

2018-11-26 掲載

ATOMOSブース 360°全天球動画

RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

■5.2インチ・1000nitモニター/レコーダー「NINJA V」

目玉は4K60p/ProRes/DNxレコーダー「NINJA V」。Vと表記して「ファイブ」と読む。これまでのNINJAシリーズやSAMURAIシリーズで5インチモデルはラインアップされていたが、HDまでの入力だった。NINJA Vは5インチながら4Kまで撮れる。

特長は、背面にこれまでと同じソニー互換バッテリーが取り付けられるほかに、AtomXと呼ばれる拡張モジュールを追加できる端子を搭載。こちらに対応するAtomX Ethernet/NDIは、Ethernetを使ったネットワーク環境に対応する。もう1つはAtomX SYNCで、タイムコードの連動させた機能を拡張できる。

これまでのSSDに対してさらにAtomX SSDminiはさらに小型になっている。ソニーと共同開発なのも特長だ。

インターフェイスは狭い面積でも操作しやすいようにメニューが横にスクロールで選べるように変わった。画面内の操作でできる内容はこれまでの機種と同じで、ピーキングではふちの色が変えられたり、色を変えられる。ピーキングもモノクロにエッジを付けたり、ゼブラは飛びのところにパターンを出したり、色の分布をフォールスカラーで確認が可能。ピントを確認したい際は拡大表示のズーム機能がある。

NINJA Vは、どのデジタル一眼カメラのHDMI出力をほとんど受けられるだろう。ブースのデモではニコンのZ7、ソニーのα7S II、キヤノンとデジタル一眼と組み合わせたデモが行われていた。その中でもNINJA Vは4K60P対応とあって、富士フイルムの「X-T3」やパナソニックの「GH5」との組み合わせは特に最適といえるだろう。

気になるNINJA VのProResRAW対応については、以下のように聞いてみた。

――ProResRAWはNINJA Vに対応していますか?

対応していません。現時点ではカメラのRAWの信号はHDMIから出ていないからです。

NINJA VはRAWに対応するプロセッシングパワーはありますが、ProResRAWに対応するかはまだ決まっていません。現時点では、RAWの信号をもらっていませんので。

一方、シネマカメラはSDIからRAWの信号を出しています。パナソニックのEVA1、ソニーFS5、FS7はSDIからRAWの信号を出していて、SHOGUN INFERNOとSUMO19がその信号をもらってProResRAWで収録できます。HDMI対応のNINJA Vは現時点ではProResとDNx収録に対応です。

――今後カメラがHDMIからRAWの信号を出せば対応しますか?

そうですね。プロセッサ自体はRAWに対応していますが、できますとは言い切れません。準備はできていますが、まだ決まっていません。

でも、DSLRがRAWの信号をだしてくれたら、面白くなるでしょうね。

■SHAPEブランドのカメラリグを展示

メディアエッジは、カナダ、ケベックのカメラリグで有名なSHAPEの取り扱いを開始。ATOMOS製品の展示と一緒にSHAPEのリグが取り付けられていた。

特長は、丈夫にできていて、ロックを押すことで簡単に角度を変えられる。HDMIのケーブルが抜けないような仕組みになっている。コネクタにぶつかったり負荷がかかるとボードごと壊れてしまう恐れがあるが、こういったトラブルをできるだけ防げるようになっている。

SUMO19に対応するのは「ATOMOS SUMO TOP HANDLE STAND」。上部にカナダ製の木製ハンドルグリップを備えている。

EVA1に対応したリグも展示。ベースプレートFOCUS MATTE BOX KITにSHOGUN INFERNOを搭載。押しボタン式テレスコピックハンドルが特長で、ボタンを押すだけでハンドルを360°回転でき、最適な位置にハンドルを置くことが可能。


[ Category : , , ]
[ DATE : 2018-11-26 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2018]ATOMOSブース:4K60Pに対応した5.2インチのモニター/レコーダー「NINJA V」を展示