PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. [InterBEE2018]ATOMOSのCEO ジェロミー・ヤング氏に話題のポータブルモニター/レコーダー「Ninja V」の魅力について聞く
News

[InterBEE2018]ATOMOSのCEO ジェロミー・ヤング氏に話題のポータブルモニター/レコーダー「Ninja V」の魅力について聞く

2019-01-17 掲載

ATOMOSのポータブルモニター/レコーダーは、映像業界では知らない人はいないといっていいほど定番の周辺機器だ。その中でも特にデジタルミラーレスカメラのセンサー出力を最大4K60p 10bit HDRで記録可能なデジタルスチルカメラ向けの「Ninja V」が話題だ。2018年11月の幕張メッセで行われたInterBEE2018会場でATOMOSのCEO ジェロミー・ヤング氏にNinja Vの魅力を聞くことができたので紹介しよう。

――ひさびさの来日ですか?

日本には毎月来ていますよ(笑)。実は一部の開発を日本で行っています。

――最近、ATOMOSのアップデートにはどのようなものがありますか?

Ninja V(ファイブ)ですね。

――商品の読み方はNinja V(ブイ)かと思ったら、ファイブなのですね。

ファイブが正解なのですが、どちらでもかまいません。アップルはiPhone X(エックス)ですよね。それでいくと、Ninja V(ファイブ)はおかしい。でもファイブには、5インチ(ファイブインチ)という意味も込められています。

ここ最近は、富士フイルムのX-T3、Nikon初のフルサイズミラーレスZシリーズ、キヤノンのEOS Rなど、Ninja Vと相性のいいミラーレスカメラが多数発売されました。

ProRes 4:2:2 4KのHDMI出力に対応しているカメラとNinja Vを組み合わせて使うことで素晴らしいパフォーマンスを発揮します。クオリティの高いミラーレスカメラと高性能なレンズを使って、ProResの収録が可能になります。そのため、Ninja Vは非常に好評です。

――NDI対応などのアクセサリーが用意されているのには驚きました。

私達は、サードパーティが周辺機器を供給する規格「AtomX」を作成しました。AtomXの拡張ポートは、PCI Express Gen3をサポートする高速データインターフェースです。

そこに対応する最初のアダプターとして、「AtomX Ethernet/NDI」モジュールをラインナップしています。エンコード、デコード、制御、同期を備えたNDI入出力を備えており、ユーザーは任意のNDIソースからNDIを送信、配信、受信、監視ができます。

もう1つがワイヤレスタイムコードと同期、Bluetooth制御をNinja Vで実現する「AtomX SYNC」です。スマートフォンアプリのBluetoothを使用した追加の同期機能もあります。ミラーレスなどの安いビデオカメラを大型センサーの民生用カメラや従来のライブプロダクションに統合できるようになります。

AtomX Ethernet/NDIモジュール

――バッテリーをスタック接続できるアイデアは面白いと思いました。

このアイデアは、以前発売していたバッテリー駆動HDMI/SDIコンバーター「Connect S2H」と同じものです。AtomX対応の商品としては、AtomX SYNC、AtomX Ethernet/NDIとラインナップしてきまして、その後はアイデアをください(笑)。

――それはユーザーのフィードバックを元に新しいものを開発していくということでしょうか?

そうですね。次のモジュールはなにがほしいですか?例えば、Fibreとか、3G-SDIが4つとか。

――ワイヤレス関係がほしいですね。

でしょう?フィードバックをお願いします(笑)。

――あと気になるのがAtomX対応のSSDminiドライブのソニーのロゴマークがメディアに入っています。ATOMOSの周辺機器はソニーからも発売されているということですか?

AtomX対応のSSDminiドライブには、ソニーストレージメディアやAngelbirdから発売されています。ソニーとエンジェルバードは500GBで200ドルぐらいです。500GBのほかに1TBや2TBもあります。今後は4TBも発売するかもしれません。お勧めは1TBで、1台のドライブで2時間の収録は可能です。

また、編集のパフォーマンスも優れています。プロダクションの工程を短時間にすることもできます。

――ありがとございました。

[ Category : ]
[ DATE : 2019-01-17 ]
[ TAG : ]

関連記事

Xceed

Blackmagic URSA Mini Pro 12K事例:起亜自動車Xceed新CMの場合

Blackmagic Designの発表によると、ザルツブルグに拠点を置くコンテンツ制作会社freystilが、起亜自動車オーストリアの最新広告キャンペーンをBlackmagic ... 続きを読む

Premiere Proアップデートサブ画像

アドビ、Premiere Pro 15.2提供開始。待望のテキストグラデーションを実装

アドビは、新機能、機能の改善、パフォーマンスを改善したPremiere Pro 15.2を公開した。同ファームウェアには、テキストへのグラデーションの追加、新しいキャプションのワー... 続きを読む

アドビ、法人向けCreative Cloud Proエディション提供開始。Adobe Stock通常アセットに無制限でアクセス可能

アドビは、Adobe Stockを無制限で自由にダウンロードできる法人向けAdobe Creative Cloud Proエディションの提供を開始した。ユーザー数5人以上で利用可能... 続きを読む

宣伝会議、オンライン動画コンテスト 第8回「BOVA」受賞作品発表

株式会社宣伝会議は、今年8回目を迎えたオンライン動画のコンテスト「Brain Online Video Award」(BOVA:ボバ)の受賞作品を決定・発表した。 今回、... 続きを読む

HOLLYLAND、常時同時通話ワイヤレスインターカム「MARS T1000」モニターを募集

HOLLYLAND社は、同時通話が可能なワイヤレスインターカムシステム「MARS T1000」が体験できるモニターキャンペーンを2021年5月10日~5月25日で実施する。 ... 続きを読む

Lot2 Media

Blackmagic Design製品事例:映像制作スタジオLot2 Mediaの場合

Blackmagic Designの発表によると、映像制作スタジオであるLot2 Mediaが、Blackmagic URSA Mini Pro 12Kデジタルフィルムカメラおよび... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. [InterBEE2018]ATOMOSのCEO ジェロミー・ヤング氏に話題のポータブルモニター/レコーダー「Ninja V」の魅力について聞く