PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. DaVinci Resolve Studio事例:大学放送局BYUtvの場合
News

DaVinci Resolve Studio事例:大学放送局BYUtvの場合

2019-01-25 掲載

Blackmagic Designの発表によると、ブリガム・ヤング大学の一部であるBYUtvが、DaVinci Resolve Studio、DaVinci Resolve Advanced Panel、DaVinci Resolve Mini Panelを毎月平均150本に及ぶ番組やプロモーションのカラーコレクションおよびグレーディングに使用しているという。

BYUtvは、大学放送局で、DaVinci Resolve Studioは、ユタ州プロボのキャンパス内にある、BYU BroadcastingのBYUtvの3室の4Kグレーディングルームで使用されている。2001年に創設されたBYUtvは、わずか1局の衛星テレビプロバイダーのチャンネルとして始まり、知る人は少なかったが、現在はディッシュ・ネットワーク、ディレクTV、アメリカ国内152のケーブルシステムにより5400万世帯に配信されている。また、BYUtvはライブHDテレビやオンデマンド番組を独自のデジタルプラットフォームにより配信しており、これには、iOS、Android、Roku、Apple TV、Amazon Fire TV、Chromecast、Xbox One、Windows Mobile用のアプリが含まれる。

毎月、BYUtvのポストプロダクションおよびグラフィックマネージャーのトッド・ボーウェン氏は、膨大な数の番組やプロモーションに対するポストプロダクションを提供している。これらの番組には、YouTubeで再生回数17億回のスケッチコメディ「Studio C」、リアリティ番組「Relative Race」、毎年150以上のライブスポーツイベント、毎日放送されているスポーツ番組「BYU Sports Nation」が含まれる。

BYUtvのポストプロダクション部門は、16名のフルタイムスタッフと80名の学生スタッフで構成されています。このポストプロダクション部門により、BYUtvは毎月多数の高品質で家族向けのコンテンツを提供できています。BYUtvの番組は、多額の予算を投じたテレビ番組と同じくらい良いルックであることが求められており、それを達成する上でDaVinci Resolveが核となる役割を果たしています。

ボーウェン氏は、スタジオの3室の4Kカラールームで数十のDaVinci Resolve、グレーディング用にDaVinci Resolve Advanced Panelを一台、コンフォーミング用にDaVinci Resolve Studioを使用している。各部屋では、カラーグレーディング、様々な番組用のLUTの作成、プロキシの作成、膨大な数と種類のカメラとソースのカメラマッチとルックの統一を行なっている。また、DaVinci Resolveは遠隔で行われる制作のインジェスト用のDITキットにも使用されている。

DaVinci Resolveは、ワークフローの様々な要素で使用されています。新しいファンタジー番組「Dwight in Shining Armor」の予告編のグレーディングに1台のワークステーションが使用されている一方で、他のワークステーションで「Relative Race」などのリアリティ番組のプロモーションをグレーディングするなどといったことが行われています。各番組は明確に異なるルックとタイプのフッテージを使用します。DaVinci Resolveは、それをすべて問題なく扱え、プロキシの作成においてメタデータを維持できるので、管理が非常に簡単に行えます。

スケッチコメディの「Studio C」が、DaVinci Resolveの使用方法を示す良い例ですね。この番組は数千万人の視聴者を抱えており、多様なソースのフィニッシング作業を行う必要があります。また、1つの番組内でもスケッチごとに全く異なるルックを適用しています。例えば、ハリー・ポッターのスケッチは、レイダース・失われたアークのスケッチとは完全に違うルックを用いるなどです。DaVinci Resolveでは、様々なLUTの作成および管理ができるため、あらゆるタイプのスケッチに対して準備万端の状態でいられます。プロジェクト間を移動して作業を行うことが多いので、これには非常に助けられています。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-01-25 ]
[ TAG : ]

関連記事

Avid、Media Composer v2021.6提供開始。「次/前のイベントへ移動」の挙動設定やビンステータスバーに合計のデュレーション表示に対応

Avidは、同社のノンリニアビデオ編集ソフトウェアMedia Composerの最新バージョンv2021.6をリリースした。最新バージョンは同社Webサイトよりダウンロード可能。 ... 続きを読む

キヤノン、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の選手村に「Photo Studio」を出店

キヤノンは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下:東京2020大会)の開催期間中、選手村ビレッジプラザ内に「Photo Studio」を出店し、フォトサービスおよ... 続きを読む

ソニー、「FX3」についてのトークショーをライブ配信で実施

ソニーは、2021年6月21日に、同社のCinema Lineシリーズ最小最軽量のフルサイズセンサー搭載カメラ「FX3」についてのトークショーを東京映像部(カメラ公式)Instag... 続きを読む

Avid製品導入事例:NBC Olympicsの東京オリンピックコンテンツ制作・メディア管理ワークフロー

Avidの発表によると、NBC Sports Groupの一部門であるNBC Olympicsは、2021年7月23日から8月8日まで東京で開催される第32回オリンピック競技大会の... 続きを読む

アストロデザイン、ライブ配信スタジオ機能を兼ね備えた「オフグリッドスタジオATOM’S」発表。トムスと共同で企画・開発

アストロデザイン株式会社は、株式会社トムスと共同で企画・開発した「オフグリッドスタジオATOM’S(アトムス)」(以下:ATOM’S)を発表した。販売総代理店としてトムスが、代理店... 続きを読む

ライカ、1インチセンサー搭載スマートフォン「LEITZ PHONE 1」をソフトバンクより発売

ライカカメラ社は、スマートフォンとして最大級の1インチセンサーを搭載した、ライカ初のスマートフォン「Leitz Phone 1」をソフトバンクより発売する。 スマートフォンと... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. DaVinci Resolve Studio事例:大学放送局BYUtvの場合