PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2019:EIZO]お手軽な価格でHDRコンテンツの編集作業や簡易色確認ができる27型カラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge CG279X…
News

[NAB2019:EIZO]お手軽な価格でHDRコンテンツの編集作業や簡易色確認ができる27型カラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge CG279X」を展示

#EIZO #NAB2019

2019-04-17 掲載

EIZOブース動画

EIZOブースレポート

メインの展示は、27型カラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge CG279X」だ。27インチで解像度は2,560×1,440、「PQ方式」と「Hybrid Log Gamma方式」の両方のガンマに標準で対応しているモデルになる。

2018年11月に発売を開始した27インチカラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge CG279X」。EIZOダイレクトの販売価格は税込231,984円

デジタルシネマ規格である「DCI」や、4K/8K放送の色基準となる「BT.2020」などの国際規格で定められた色域・ガンマを再現する表示モードを標準搭載

EIZOはHDRリファレンスモニター「CG3145」を発売しており、1000cd/m2までの高輝度を確認できる。CG279Xは画面輝度は300cd/m2までだが、クリッピング機能でPQカーブのコンテンツを0から1000cd/m2までのガンマカーブを300cd/m2に全体を圧縮して表示できる。なので、画面は全体的に暗くなるが、0から1000の階調はこの300cd/m2のモニターで全て確認が可能だ。

クリッピングを1000cd/m2に設定した場合

クリッピングを300cd/m2に設定すると、0から300cd/m2までのガンマカーブはPQカーブの正しいまま表示され、300cd/m2以上が単純に飽和した状態で表示される。

クリッピングを300cd/m2に設定した場合

また、CG279XはUSB Type-Cを搭載しており、MacBook Proや新しいWindows PCなどのUSB Type-Cで直接接続することも特徴になっている。

HDRのモニターの中でもリファレンスモニターは高価だ。CG3145の直販サイトの販売価格は税抜2,850,000円だが、CG279Xは税込231,984円で購入できる。4Kにこだわらない。しかし、HDRコンテンツの編集作業や簡易色確認はしたいという人にCG279Xは最適なモニターといえるだろう。一方、4K対応でHDRコンテンツの編集作業や簡易色確認をしたい場合は、31インチのDCI4Kに対応したCG319Xが最適なモデルだ。こちらは税込594,000円となる。

カラーマネージメントソフトウェアがバージョンアップし「ColorNavigator 7」登場

モニターの色表示を調整・管理する専用ソフトウェア「ColorNavigator 7」を2018年11月に発表。提供を開始している。これまで、写真・印刷などクリエイティブ業務向けには、表示調整に特化した「ColorNavigator 6」、映像制作業務には複数モニターの管理機能を付属した。

「ColorNavigator NX」の2つを展開していたが、新バージョン「ColorNavigator 7」で統合。ユーザーインターフェースも改良されている。機能やできることは変更されていない。インターフェイスはColorNavigator NXに似た形となっている。

3CG3145のSDI-HDMIコンバータに専用ブラッケットが登場

リファレンスモニターのCG3145にも動きがあった。CG3145は、SDI端子を搭載していないので、AJAのSDI-HDMIコンバータ「Hi5-4K-Plus」が用意されている。このコンバーターを取り付けるためのブラケット「CB-01」が発表された。国内のリリースは未定。

CB-01を使えば、モニターのUSB経由でHi5-4K-Plusへの電源供給ができ、コンバータに付属の電源アダプタは不要になる。また、ケーブルの取り回しもこれまで以上に楽になる。対応は、スタンドのタイプがベーススタンドと呼ばれる二本足タイプで、一定の製造年月以降で対応した電源供給のできるモデルに限られる。


[ Category : , , ]
[ DATE : 2019-04-17 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[再現NAB2020]まとめ:EIZO編

60seconds Shot! 製品レポート CG3146 関連記事 ... 続きを読む

[再現NAB2020:動画]EIZO「ColorEdge PROMINENCE CG3146」

NAB2020で展示予定だった製品を1分間の動画で紹介するコーナー。EIZO社から「ColorEdge PROMINENCE CG3146」をご紹介いただきました! ... 続きを読む

[再現NAB2020:EIZO]キャリブレーションセンサーを内蔵したHDRリファレンスモニター「ColorEdge PROMINENCE CG3146」

60seconds Shoots DCI 4K解像度を持つ31.1型HDRリファレンスモニター「ColorEdge PROMINENCE CG3146」 EIZ... 続きを読む

[InterBEE2019]EIZOブース:CG3145-BS後継機種の開発中HDRリファレンスモニターを参考出展

12G-SDI入力対応、キャリブレーションセンサーを内蔵した開発中HDRリファレンスモニターを参考出展 右が開発中のHDRリファレンスモニターの参考出展 31.... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2019]Vol.03 富士フイルム、「FUJINON映像機器内覧会2019」を開催。4K対応46倍ポータブルレンズや新型デマンドを展示

txt・構成:編集部 4K対応ポータブルズームレンズや箱型レンズの実機展示が人気 富士フイルムは、東京と大阪で最新ラインアップ製品を展示する「FUJINON映像機器内覧... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2019]Vol.02 After NAB Show Tokyo 2019レポート02

txt:稲田出 構成:編集部 RAID RAIDはSmallHD社のCINE-7やocus7などのフィールドモニターのほか、Teradek社のワイヤレスシステム... 続きを読む

[After Beat NAB SHOW 2019]Vol.01 After NAB Show Tokyo 2019レポート01

txt:稲田出 構成:編集部 今年もこの季節がやってきた!After NAB Show開催 5月22~23日、東京・秋葉原にあるUDXにおいてAfter NAB Sho... 続きを読む

[NAB2019:Z CAM]S35センサー搭載の6Kシネマカメラ「Z CAM E2-S6」を展示

Z CAMは、中国・深センに拠点を置くカメラメーカー。2015年に、MFT交換レンズ対応の4KカメラZ CAM E1を発売。2018年にZ CAM E2を発売して、シネマカメラ市場... 続きを読む

[NAB2019 360°VOYAGE]360°全天球動画でNAB会場をご紹介!

厳選360°全天球動画ブースレポート NAB2019の会場内で360°全天球動画をお届け!NAB2019に参加できなかった方も、会場の雰囲気を少しでも感じてい... 続きを読む

特集記事

映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2019:EIZO]お手軽な価格でHDRコンテンツの編集作業や簡易色確認ができる27型カラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge CG279X…