PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2019:EIZO]お手軽な価格でHDRコンテンツの編集作業や簡易色確認ができる27型カラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge CG279X…
Special

[NAB2019:EIZO]お手軽な価格でHDRコンテンツの編集作業や簡易色確認ができる27型カラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge CG279X」を展示

2019-04-17 掲載

EIZOブース動画

EIZOブースレポート

メインの展示は、27型カラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge CG279X」だ。27インチで解像度は2,560×1,440、「PQ方式」と「Hybrid Log Gamma方式」の両方のガンマに標準で対応しているモデルになる。

2018年11月に発売を開始した27インチカラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge CG279X」。EIZOダイレクトの販売価格は税込231,984円

デジタルシネマ規格である「DCI」や、4K/8K放送の色基準となる「BT.2020」などの国際規格で定められた色域・ガンマを再現する表示モードを標準搭載

EIZOはHDRリファレンスモニター「CG3145」を発売しており、1000cd/m2までの高輝度を確認できる。CG279Xは画面輝度は300cd/m2までだが、クリッピング機能でPQカーブのコンテンツを0から1000cd/m2までのガンマカーブを300cd/m2に全体を圧縮して表示できる。なので、画面は全体的に暗くなるが、0から1000の階調はこの300cd/m2のモニターで全て確認が可能だ。

クリッピングを1000cd/m2に設定した場合

クリッピングを300cd/m2に設定すると、0から300cd/m2までのガンマカーブはPQカーブの正しいまま表示され、300cd/m2以上が単純に飽和した状態で表示される。

クリッピングを300cd/m2に設定した場合

また、CG279XはUSB Type-Cを搭載しており、MacBook Proや新しいWindows PCなどのUSB Type-Cで直接接続することも特徴になっている。

HDRのモニターの中でもリファレンスモニターは高価だ。CG3145の直販サイトの販売価格は税抜2,850,000円だが、CG279Xは税込231,984円で購入できる。4Kにこだわらない。しかし、HDRコンテンツの編集作業や簡易色確認はしたいという人にCG279Xは最適なモニターといえるだろう。一方、4K対応でHDRコンテンツの編集作業や簡易色確認をしたい場合は、31インチのDCI4Kに対応したCG319Xが最適なモデルだ。こちらは税込594,000円となる。

カラーマネージメントソフトウェアがバージョンアップし「ColorNavigator 7」登場

モニターの色表示を調整・管理する専用ソフトウェア「ColorNavigator 7」を2018年11月に発表。提供を開始している。これまで、写真・印刷などクリエイティブ業務向けには、表示調整に特化した「ColorNavigator 6」、映像制作業務には複数モニターの管理機能を付属した。

「ColorNavigator NX」の2つを展開していたが、新バージョン「ColorNavigator 7」で統合。ユーザーインターフェースも改良されている。機能やできることは変更されていない。インターフェイスはColorNavigator NXに似た形となっている。

3CG3145のSDI-HDMIコンバータに専用ブラッケットが登場

リファレンスモニターのCG3145にも動きがあった。CG3145は、SDI端子を搭載していないので、AJAのSDI-HDMIコンバータ「Hi5-4K-Plus」が用意されている。このコンバーターを取り付けるためのブラケット「CB-01」が発表された。国内のリリースは未定。

CB-01を使えば、モニターのUSB経由でHi5-4K-Plusへの電源供給ができ、コンバータに付属の電源アダプタは不要になる。また、ケーブルの取り回しもこれまで以上に楽になる。対応は、スタンドのタイプがベーススタンドと呼ばれる二本足タイプで、一定の製造年月以降で対応した電源供給のできるモデルに限られる。


[ Category : , , ]
[ DATE : 2019-04-17 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2019:EIZO]お手軽な価格でHDRコンテンツの編集作業や簡易色確認ができる27型カラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge CG279X…