PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. Blackmagic Design製品事例:豪・新作SF映画「Quanta」の場合
News

Blackmagic Design製品事例:豪・新作SF映画「Quanta」の場合

2019-08-20 掲載

Blackmagic Designの発表によると、新しいSF映画「Quanta」はすべてURSA Mini Proで撮影され、DaVinci Resolve Studioでグレーディングされたという。

同作品は、メルボルンを拠点とする新しい映画制作会社/フィルムコレクティブ、Raygunによる初の世界配給作品のひとつで、米国を含む国々で8月から配給が開始される。メルボルンで撮影された「Quanta」は、無気力な物理学者と傲慢な大学院生が宇宙から未知の信号を受信し、その中に膨大な情報を発見するも、前代未聞のリソースを扱う上で理想が衝突する姿を追う物語。

同作品の監督を務めたのは、オーストラリア人映画制作者のネイサン・ダルトン氏。同氏は多くの短編映画やミュージックビデオ、企業ビデオを制作・監督しており、数々の賞も受賞している。

ダルトン氏が同じく映画制作者であるサミュエル・ボールチ氏、ジェシー・オブライエン氏、クリスチャン・ディアレッシ氏、サシャ・ダルトン氏らと創立したRaygun Filmsは、これまでにもDaVinci Resolveを含む様々なBlackmagic Design製品を使用して、数々の映画を完成させている。

メルボルンで行われた「Quanta」の撮影では、ダルトン氏は同作品における唯一のカメラとして、URSA Mini Proを使用した。同氏は、謎の宇宙信号から感じられる悪い予感と、メルボルンの活気あふれるシティライフの両方を映像に収めようと考えた。ダルトン氏は次のようにコメントしている。

この作品では、全体的に暗さと不穏な雰囲気を作り上げたいと思っていました。それを見た人が、目に見えない何かがそこにあると感じるような映像です。低照明を多用し、さらにDaVinci Resolveで作成したLUTをURSA Mini Proで適用して、青と緑を多く取り入れました。高品質のSFイメージを低コストで作成する必要がありました。URSA Mini Proのおかげで、画質に妥協せずに映像を作成できました。

同作品では、暗いイメージや不穏なイメージ以上のものが表現されている。ダルトン氏と制作チームにとって重要だったのは、メルボルンの色彩とエネルギーを捉えることだった。つまり、多様な色彩が交錯する、混雑した場所を撮影する必要があったのだ。

2つのまったく異なるシーンで、URSA Mini Proのカラーサイエンスとダイナミックレンジが非常に際立ちました。1つは、主人公が暗い部屋を歩いていると、コンピューターの信号が彼の脳に直接送信されるシーンです。その対極として、パブで催されたトリビアパーティーのシーンでは、20~30人のエキストラを使用し、実に豊富で多彩なカラーを撮影しました。

URSA Mini Proでは、低照明条件でもすべてのディテールを捉えることができ、トリビアパーティーでは照明や肌のトーンの温かみを引き出すことができました。このカメラのカラーサイエンスは本当に素晴らしいです。

「Quanta」のカラーコレクションとLUT作成は、DaVinci Resolve Studioで行われた。

作品のルックと雰囲気に取り組んだ際は、DaVinci Resolveで初期的なLUTを作成し、悪い予感を表現する上で必要な繊細な青と緑を含むグレードを完成させました。URSA Mini ProとResolveを併用するワークフローは、この上なくシンプルでした。RAWで撮影したフッテージをそのままDaVinci Resolveに取り込めたので、トランスコード作業に時間やお金を費やす必要がありませんでした。

DaVinci Resolveは、Raygunが手がける他の映画やプロジェクトでも使用されている。

Blackmagic Designは、時代を変える企業です。撮影やポストプロダクションを低コストで実現でき、品質に妥協する必要がありません。私たちはハリウッド級の映画を制作しています。自分たちの映画制作会社を創立・運営する上で、Blackmagic Designの存在は欠かせませんでした。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-08-20 ]
[ TAG : ]

関連記事

フォトロン、「SRT/MediaCentralを活用したリモートインジェストウェビナー」開催

株式会社フォトロンは、2021年6月1日にスポーツ中継や報道番組など即時性の高い番組制作に関わる人に向けた「SRT/MediaCentralを活用したリモートインジェストウェビナー... 続きを読む

Insta360、「Insta360 ONE R」大型アップデート発表。ループ録画、水平維持などに対応

Insta360 Japan株式会社(以下:Insta360)は、同社のアダプティブアクションカメラ「Insta360 ONE R」の大型アップデートをリリースした。ONE Rファ... 続きを読む

AVerMedia、ダイナミック型マイク LIVE STREAMER MIC 330「AM330」発売。動画配信やブロードキャスティングに最適

アバーメディア・テクノロジーズ株式会社は、動画配信やポッドキャスト録音などのブロードキャスティングに最適なダイナミック型マイク(XLRコネクタ)「LIVE STREAMER MIC... 続きを読む

AVerMedia、LIVE STREAMER NEXUS「AX310」発売。オーディオミキサー&配信者向けコントロールセンター

アバーメディア・テクノロジーズ株式会社は、配信環境をより快適にするためのツールとして、オーディオミキサー機能、配信ソフトウェアコントロール機能、配信プラットフォームの情報確認機能が... 続きを読む

Blackmagic Design

Blackmagic Design製品事例:Joot Inc.およびアパレル会社DotDot DreamのCM撮影の場合

Blackmagic Designの発表によると、Uphill CinemaがJoot Inc.およびアパレル会社であるDotDot Dreamの2社のCM撮影に、URSA Min... 続きを読む

富士フイルムメイン写真

富士フイルム、フジカラーPRO400Hの120サイズを2021年6月出荷終了。予想以上の注文で大幅に前倒しへ

富士フイルムイメージングシステムズは、「フジカラーPRO400Hプロフェッショナル12枚撮5本パック」の120サイズを2021年6月に出荷終了すると発表した。以前、「2022年3月... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. Blackmagic Design製品事例:豪・新作SF映画「Quanta」の場合