PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2019]日本サムスンブース:Samsung Portable SSD T5や860 EVOを展示。Samsung SSDを使った映像制作を提…
Special

[InterBEE2019]日本サムスンブース:Samsung Portable SSD T5や860 EVOを展示。Samsung SSDを使った映像制作を提案

2019-12-02 掲載

■日本サムスンブース動画

SSDを活用した4K収録を提案

日本サムスンは、「Portable SSD T5」や「860 EVO M.2」などのSSDを出展。ブース手前にカメラ機材の展示コーナーを設置し、カメラから直接SSDに収録可能なモデル展示が行われていた。

microSD対応機種では、4K記録に対応した小型カメラ「Osmo Pocket」「Osmo Action」「GoPro Hero8」を展示。これらのカメラは、microSDカードに4K60P記録が可能だ。

microSDカードに対応したカメラを展示

microSDカード「Samsung microSD EVO Plus」を展示

外付けUSBのSSD対応機種として、4Kや6Kに対応したブラックマジックデザインのPocket Cinema Camera 4K/Pocket Cinema Camera 6K、SIGMA fpを展示。これらはシネマカメラと呼ばれているジャンルの製品で、RAW記録に対応しているが、RAWになるとデータ量が大きく、カードへの内部収録では容量不足や速度不足が起こる。そこで最近増えてきているのが、4K RAW映像をカメラ本体からUSB Type-Cの外付けポータブルSSDに接続して直接レコーディングが可能なシネマカメラだ。

特にこういった外部収録の外付けSSDとしてSamsung T5が定番化してきており、その理由は、速度の落ち込みが少なく安心して4K RAWの記録ができるところだろう。

SIGMA fpとSamsung T5の組み合わせ。シグマは、SIGMA fpの発売と同時にSamsung T5の1TBと2TBが動作確認済メディアであることを発表。発売前からSamsung T5のサンプルをシグマに貸し出しを行い、発売前に検証したことで実現できたという

外付けUSB対応のSSDとして人気のSamsung T5

外付けUSBのSSD記録に対応していないカメラは、ATOMOSのレコーダー兼モニターを使用して2.5インチSSDに記録可能。HDMIやSDIを経由してレコーダー側で4Kの映像記録ができることを紹介。

2.5インチSSDに記録が可能なNINJA VやSHOGUN 7を展示

さらに、最近の新しい動きとして、放送用カメラでもSSDメディアアダプターを使用することでSSDメモリーにの4K60P記録が可能なJVCケンウッドのGY-HC550/500を展示。汎用のM.2のSATAのSSDをアダプターに入れてカメラ本体のスロットの形で入れることで、4K60PのProRes 422 HQ記録に対応する。

市販されているSSDをうまく活用することで、安くて大容量、高速のストレージで4Kを収録することがだんだん増えてきたようだ。

SSDメディアアダプター「KA-MC100」を使用することでSSDメモリーに記録可能なJVCケンウッドのGY-HC550/500

サムスンのSATA M.2対応の「860 EVO」はKA-MC100に対応

4Kや8Kの映像編集ワークステーションを実機展示

ブースの中では4K/8K編集コーナーを設けて、4K/8Kに特化した編集機を実機で展示していた。

特に注目だったのは、ビジュアルテクノロジーが展示する8Kノンリニア編集ワークステーション「TRUX SUPER MAX Type W」の展示だ。CPUはIntel Xeon、SSDはRAIDコントローラーのSSD7101AにSamsung SSD 970 EVO Plusを搭載して、8K再生も問題ない環境を実現していた。

気になったのは、8Kのプレビュー環境だ。70インチの8Kモニターで映像を確認できるのだが、モニターはHDMI入力しか対応していない。TRUXにブラックマジックデザインのDeckLink 8K proを搭載し、コンバーター「Teranex Mini SDI to HDMI 8K HDR」でSDIからHDMIに変換して、モニターに接続していた。

ビジュアルテクノロジーの8Kノンリニア編集ワークステーション「TRUX SUPER MAX Type W」

Teranex Mini SDI to HDMI 8K HDRで8KのSDIからHDMIに変換。HyperDeck Extreme 8K HDRやHyperDeck Extreme Control、Blackmagic MultiDock 10Gなども展示していた

そのほかにもNASと呼ばれているネットワーク接続のストレージや、USB、Thunderbolt 3のストレージ展示も注目を浴びていた。


[ Category : , , ]
[ DATE : 2019-12-02 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[InterBEE2019]ナックイメージテクノロジーブース:被写界深度効果をシフトできる話題のカメラアクセサリー「Cinefade」を参考展示

色や露出を変えないまま被写界深度のみを可変するCmotionのCinefadeを参考展示 今年のナックブースはホール7に2ブース、ホール3に1ブースの3箇所に分かれて出展。シ... 続きを読む

[InterBEE2019]オタリテックブース:SMPTE ST2110対応機種を中心とした音声/ビデオ/IPネットワークソリューションを展示

オタリテックは、SMPTE ST2110対応機種を中心とした音声/ビデオ/IPネットワークのソリューションを提案したLAWOコーナーや、DECTワイヤレスインカムのRIEDELコー... 続きを読む

[InterBEE2019]タスカム/ティアックブース:Nikon D500とTASCAM VS-R265/VS-R264の組み合わせで4K高画質ライブ配信ソリューションのデモを実施

ティアックブースでは、TASCAMブランドの放送業務や設備機器の新製品のほか、輸入ブランドのKLOTZ AIS社の業務用ケーブルや、dBTechnologiesブランドのPA/SR... 続きを読む

[InterBEE2019]AJA Video Systemsブース:8K対応のHDR Image Analyzer 12Gや、Ki Pro GOおよびKi Pro Ultra Plusのアップグレード版を展示

AJA Video Systemsブース動画 AJA Video Systemsブースレポート AJAはIBCで発表したHDR Image Analyzer 1... 続きを読む

[InterBEE2019]平和精機工業ブース:新製品ビデオモノポッド「TH-M」や小型カメラ用3軸電動ジンバル「TH-G3」など、使用用途に合わせた製品展示

平和精機工業ブース動画 平和精機工業ブースレポート 平和精機工業(Libec)は、プロダクションやブロードキャスト、プロビデオなどの使用用途に合わせたエリアをブース... 続きを読む

[InterBEE2019]アスク/ディストームブース:新製品のNDI KVMによる遠隔リモートコントロールや、テレプロンプターによるオートメーション機能などが追加されたVMC1/TriCaster Premium Accessを中心とした展示

アスクとディストームブースは、NewTekのTriCasterシリーズや3Playシリーズなどの国内取扱いに関するパートナーシップ契約を結んでおり、今年も共同ブースで出展。新製品と... 続きを読む

[InterBEE2019]ATOMOSブース:4K HDRパネル搭載のNEONやSHOGUN 7の3000nit/Dollby Vision対応モデルを展示

ATOMOSは、新製品の4K HDRパネルを搭載したNEONのラインナップを国内初出展したほか、8月から本格出荷開始したSHOGUN 7の3000nit/Dollby Vision... 続きを読む

[InterBEE2019]RAIDブース:シネマレンズにAF機能を付加できるFocusbug社のCine RTシステムに注目

RAIDブース動画 RAIDブースレポート RAIDはHELIUM 8K S35センサーを搭載したRED Digital CinemaのデジタルシネカメラRED... 続きを読む

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2019]日本サムスンブース:Samsung Portable SSD T5や860 EVOを展示。Samsung SSDを使った映像制作を提…