PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. DJI、新スマートフォン用スタビライザー「DJI OM 4」を発売
News

DJI、新スマートフォン用スタビライザー「DJI OM 4」を発売

2020-08-27 掲載

DJIは、スマートフォン用スタビライザーの新製品「DJI OM 4」を発売した。希望小売価格は税込16,500円(磁気リングホルダー、磁気スマートフォンクランプ、三脚、リストストラップが含まれる)。

Osmo Mobileシリーズの後継機種にあたる同製品は、名称もDJI OM 4とし、ブランドをリニューアル。折りたたみ式デザインのDJI OM 4は、携帯性に優れている。完全充電時のDJI OM 4のバッテリー駆動時間は15時間で、必要であればモバイルバッテリーとして他のデバイスを充電することもできる。材質にもこだわっており、優れた耐久性を誇り、使いやすい機能を搭載している。ほとんどのスマートフォンと互換性があり、強力なモーターを使用しているため、従来モデルと比べ、より重量のあるスマートフォンでも、しっかりと装着可能だという。

(左)磁気スマートフォンクランプ、(右)磁気リングホルダー

DJI OM 4は、新しい独自の高度磁気アタッチメント設計で、スマートフォンの取り付けやバランス調整がこれまで以上に容易となった。すばやく簡単にスマートフォンを着脱する方法として2種類のアタッチメントがあり、用途に合わせ選択可能。1つ目は軽量金属製アタッチメントである磁気スマートフォンクランプ。スマートフォンの背面をしっかりとグリップし、つけたまま通常通りスマートフォンを使用できる一方で、撮影時にはDJI OM 4にすぐに装着できる。2つ目は磁気リングホルダーで、スマートフォンの背面に接着し、磁石でDJI OM 4にすぐに取り付けでき、バランス調整は不要。直感的な操作設計により、ユーザーは、DJI OM 4の基本機能を片手だけで操作できるとしている。使用しない場合は、DJI OM 4をスタンバイモードにでき、再度使いたい時は簡単に解除して、すぐに使い始めることができる。

DJI OM 4と専用アプリDJI Mimoを一緒に使用することで、事前にプログラムされた撮影モードやプロレベルの機能を使い、まるで画面から飛び出てきそうな迫力のある写真や動画を作成できるとしている。

(以下、プレスリリースより引用)

  • ActiveTrack 3.0:被写体を選択するだけで、DJI OM 4が自動的に追跡するため、あとはジンバルに動作を任せるだけです。今回新たに、大人/子ども/ペットなどの被写体の識別が改善されています。操作性向上のため、アクティブトラック中の構図を専用ジョイスティックを使用し、調整することができるようになりました。
  • ジェスチャー操作:ハンドジェスチャーでDJI OM 4を操作し、動画撮影の開始・終了を操作したり、写真撮影を簡単に行ったりすることができます。セルフィー撮影や、セルフタイマーを設定せず撮りたいグループ写真に最適です。
  • 事前にプログラムされたジンバル動作やモード:ユニークなジンバル動作や質の高い映像撮影モードを利用して、プロが撮影したような映像を作成することができます。
    ・DynamicZoom:視覚的な映像効果をもたらすこの機能は、映画で使われる撮影技法の一つで、DJI OM 4はズーム機能を自動的に調整することにより、背景をドラマチックに動かしていきます。アルフレッド・ヒッチコックが使用したことでも有名です。
    ・タイムラプス、モーションラプス、ハイパーラプス:タイムラプスを使用すると時間の流れが圧縮されて表示され、モーションラプスはタイムラプスの効果に加えジンバルの動作ポイントを設定できます。また、ハイパーラプスはジンバル自体が物理的に移動する状態で撮影されたタイムラプス映像になります。これら3つのモードは、3軸ジンバルの技術とともに、EIS(電子式映像ブレ補正)技術を駆使し、さらに滑らかな映像を実現しています。この創造性あふれる動画を作成、SNSで簡単に共有し、世界中の人たちを驚かせましょう。
    ・スローモーション:スローモーション機能を使用すると、周囲の動きが全てスローダウンし、驚くほど詳細な動きを確認することができます。
    ・スポーツモード:このモードでは、DJI OM 4は素早く反応し、被写体の素早い動きもフォローして、撮影に質の高いアクションシーンを追加することができます。
    ・パノラマ:クリエイティブなパノラマ撮影には、3×3パノラマ、240°パノラマ、 分身パノラマの3種類のオプションがあり、広い視野で映像を捉えることができます。分身パノラマは、人や被写体を複数回撮影して、1つのショットに合成するユニークで創造性あふれる映像効果を実現します。
    ・スピンショットでのジンバル動作:DJI Mimoアプリで有効にすると、ジョイスティックを使用し、ジンバルがスマートフォンを回転させて、映像にスピン効果を追加します。
    ・ストーリーモード テンプレート:プリセットのテンプレートを選択し、クリエイティブな映像効果をコンテンツに追加できます。DJI OM 4はプリセットのジンバル動作、音楽、カラーパレットを用いて、SNSでの共有にぴったりな短編動画をすぐに作成できます。

Bluetooth経由で接続し、DJI Mimo上で指示に従いながら、重要な設定や調整を操作したり、さまざまなプリセットのモードを選択可能。DJI Mimoに加え、DJI OM 4では、スマートフォン自体のカメラアプリの基本機能も操作可能。スマートフォンの種類によっては、さらに高度な機能を選択することもできる。さらに、DJI OM 4には、リストストラップ、グリップ式三脚、収納ポーチなどの便利なアクセサリーが付属している。

なお、DJI OM 4では、DJI製品向けの包括的な保証プラン「DJI Care Refresh」が利用可能。少額の追加料金を払うことにより、DJI Care Refreshは1年間で2回の製品交換を提供し、水没や衝撃による物損などの事故をカバーする(1年プランの場合)。DJI Care Refreshのその他の専用サービスには、グローバル保証サービス、VIP電話サービス、送料無料などが含まれる。詳細は同社Webページより。

DJIのシニア プロダクトラインマネージャーのPaul Pan氏は次のようにコメントしている。

スマートフォン用スタビライザーDJI OMシリーズは年々進化し続け、より強力な手ブレ補正機能で、誰でも簡単に安定した写真や動画の撮影ができるようになりました。新設計の磁気アタッチメントや折りたたみ式デザインにより、DJI OM 4はさらなる進化を遂げ、ジンバルを使ったことがないユーザーでも、皆が惹きつけられるようなコンテンツを作成できます。新しい生活様式により、世界中の人々が日々の過ごし方を改めて考えるようになりました。仕事のみならず、家族との繋がりや生活の中での喜びを共有するためにスマートフォンを活用することが多くなった現在、DJI OM 4は、楽しく滑らかで魅力的な映像を撮影するための、スマホ撮影に必須のサポートツールとなるでしょう。


[ Category : ]
[ DATE : 2020-08-27 ]
[ TAG : ]

関連する記事

DJI Air 2Sメイン写真

DJI、「DJI Air 2S」発表!1インチセンサー搭載で20MP写真や5.4K動画撮影が可能に

DJI JAPANは、高い飛行パフォーマンスと高画質撮影を実現するオールインワン型ドローン「DJI Air 2S」を発売した。小売希望価格は以下の通り。 ドローン... 続きを読む

DJI FPVメイン写真

DJI、フルセット版FPVドローン「DJI FPV」発表。オンライン発表会から見えてきた魅力とは?

どんなスキルレベルのパイロットでも操作できる3種類のフライトモードを搭載 DJIは3月2日、フルセット版FPVドローン「DJI FPV」を発売した。これに先立ち事... 続きを読む

DJI FPVメイン写真

DJI、高速飛行性能とシネマティックな映像撮影を実現可能な「DJI FPV」発表

DJIは、直感的かつ没入感あふれる飛行体験を実現するフルセット版FPVドローン「DJI FPV」を発売した。小売希望価格は以下の通り。 DJI FPV コンボ(FPV... 続きを読む

マンフロットジンバル 220 460

ヴァイテックイメージング、マンフロット初の3軸ジンバル2モデルとジンバル用ブームを発売

ヴァイテックイメージング株式会社は、マンフロット初の3軸ジンバル「MVG220(Gimbal 220キット)」「MVG460(Gimbal 460キット)」と、ジンバル用ブ... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. DJI、新スマートフォン用スタビライザー「DJI OM 4」を発売