アストロデザイン株式会社は、2020年12月9日にポーランドとドイツ、日本、アメリカ、ブラジルを結んで行われた8Kライブストリーミングの実証実験に参加したことを発表した。

同実験は、Spin Digital(ドイツ)が主催し、NHKテクノロジーズ(日本)が共催、Poznan Supercomputing and Networking Center(ポーランド/以下:PSNC)、Intel(アメリカ)、TV Globo(ブラジル)、Sony(日本/イギリス)、アストロデザイン(日本)、Zixi(アメリカ)の各社が協力して行った。

PSNCの8Kスタジオにて制作された8KライブプログラムをSpin DigitalのHEVCエンコーダでリアルタイム圧縮、IP経由でライブ伝送され、世界各地において8Kで再生。一般インターネット回線を使用した8K60p映像の伝送を、ポーランド~日本間の遅延時間約2秒(1982ms)というリアルタイムに会話が成立するレベルの低遅延で実現した。アストロデザイン使用機材は以下の通り。

  • HDMI2.1コンバータボックス「SD-7076」:ドイツ・ベルリンにてデコードされた12G-SDI信号をHDMIに変換、Sony製ZG9に接続
  • Tamazone Player「HP-7524」:東京にて8K映像をデコードし再生、Sharp製8Kテレビに接続