PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. Blackmagic Design製品事例:フィリピンTV5のライブアクションシリーズ「Bella Bandida」の場合
News

Blackmagic Design製品事例:フィリピンTV5のライブアクションシリーズ「Bella Bandida」の場合

2021-01-21 掲載

Bella Bandida

Blackmagic Designの発表によると、フィリピンのTV5による新しいライブアクションシリーズ「Bella Bandida」のメインカメラとして、Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kが使用されたという。漫画を原作とした6話構成の同作の制作には、Blackmagic DesignのVideo Assistも使用され、カラーコレクションはDaVinci Resolve Studioで行われた。

「Bella Bandida」は、フィリピンの国民芸術家であるフランシスコ・V・コチング氏による漫画シリーズ。新しいテレビシリーズはVIVA Communications, Inc.とCIGNAL Incにより制作され、ベラ役はライザ・セノンが務める。医師であるベラは、暴行を受けた後、月の女神であるメイアリにより超人的な能力を得る。

Bella Bandida

ディレクターのラフィー・フランシスコ氏、撮影監督のシェム・ハムパク氏とジェリコ・フィロメノ氏は、本作のメインカメラにBlackmagic Pocket Cinema Camera 4Kを使用することに決めた。

フランシスコ氏:本作では、シネマライクでありながら漫画のような空気感を作り出したいと考えていました。超自然的なパワーを得て、虐げられている人々のために闘うベラの姿に合うルックを求めていました。ベラの生活は、町医者として日々から、森で暮らす反逆者とのワイルドな世界へと一変します。そこで、他のゴールデンタイムのシリーズや番組と比較して、数段階上のものを目指しました。

撮影は、都市部とジャングルの両方で行われた。本作のルックを決める上で、空想と現実のバランスを取ることが最も重要だったという。撮影には実際の刑務所も使用された。厳しい撮影日程で様々なショットを撮影する必要があったため、大きく異なる照明条件に対応でき、VFXおよびポストプロダクションに備えた高解像度かつハイダイナミックレンジに対応しており、どこでもすばやくセットアップできる小型なカメラを同氏は希望していたという。

Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kでは、屋外で撮影したショットのハイライトを調整するために必要なラティチュードが十分に得られ、ドラマティックで幻想的な夜のシーンや屋内のアクションシーンが撮影できると認識していました。低照明条件での能力に長けているため、日没近くでも撮影が行えました。ISO 1250を用いたので、深い森の中でわずかな光を活用して撮影したドラマチックなシーケンスでも、優れた映像が得られると確信を持って作業が行えました。

Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kを用いたセットアップはコンパクトなため、移動が簡単に行えました。森の中の闘いのシーンではハンドヘルド、室内での緊張感溢れるドラマシーンではドリーにリグ組みして撮影しました。より大きく、複雑で、小回りの効かないカメラリグでは、このように円滑に作業できなかったでしょう。

Bella Bandida

同氏にとって、セットだけではなく、実在の場所や施設で撮影することも欠かせない条件だった。アクセスが困難なロケ地においては、ハンドヘルドで撮影できるBlackmagic Pocket Cinema Camera 4Kの小型なデザインが大いに役立ったという。

市場や走行するジープなどの狭い場所で撮影を行いました。また、午前2時に霧が立ち込める湖畔でライザ自身がスタントなしで演じた闘いのシーンも撮影しました。ハンドヘルドで撮影したアクションシーンのほとんどを主演女優自身が演じたので、アクションに近づくことが可能で、カメラマンがアクションの一部となれるカメラが必要でした。

アクションの真っ只中で、俊敏な動きができる必要がありました。幸いにも、このような迫力溢れるシーンを余すところなくキャプチャーできるラティチュードが得られました。

また、本物の刑務所の監房でも撮影を行いました。同じ監房内に実際に服役している人たちがいる状態で撮影しました。Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kでは、思い通りにクリエイティブになれます。このようなショットにはVideo Assistも使用しました。ワイヤレスで使用できるため、闘いのシーンでケーブルが邪魔になったり、スタジオのセットのような管理された環境とは異なるロケ地で通常の業務などの妨げになることなく撮影が行えました。

Bella Bandida

月の女神によって新たなパワーを与えられたベラの新しい宿命を描くために、同作には多数のVFXが使用された。ポストプロダクションは、ケソン市のWildSound Studiosが手掛け、DaVinci Resolve Studioでカラーコレクションが行われた。

Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kでは堅実なファイルが得られるため、DaVinci Resolve Studioでイメージをカラーグレーディングしてさらに向上させ、各シーンに独自のスタイルを与えることができました。


[ Category : ]
[ DATE : 2021-01-21 ]
[ TAG : ]

関連する記事

歯科インプラント教育施設「BITC」

Blackmagic Design製品事例:歯科インプラント教育施設「BITC」の場合

Blackmagic Designの発表によると、中国で最も高名な歯科インプラント教育施設のひとつであるBITC(Beijing-Citident Implant-Dentistr... 続きを読む

Phoenix Sessions

Blackmagic Design製品事例:ジミー・イート・ワールドのコンサート「Phoenix Sessions」の場合

Blackmagic Designの発表によると、ロックバンド、ジミー・イート・ワールドが世界配信したコンサートシリーズ「Phoenix Sessions」の撮影に、URSA Mi... 続きを読む

MixOne Sound

Blackmagic Design製品事例:MixOne Soundのライブ演奏収録およびライブ配信の場合

Blackmagic Designの発表によると、オーディオビジュアルおよびステージ演出を専門とするMixOne Soundが、ライブ演奏の収録およびライブ配信用にBlackmag... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:インディーズのスリラー映画「Outlier」の場合

Blackmagic Designの発表によると、インディーズ映画「Outlier(原題)」が、Blackmagic Pocket Cinema Camera 6Kで撮影され、ポス... 続きを読む

記事のタイトル

Blackmagic Design、roomsとファッション業界に向けた映像制作セミナー共催

Blackmagic Designは、2021年3月16日に、アッシュ・ペー・フランス株式会社rooms事業部と映像制作オンラインセミナーを共催する。 同セミナーでは、DRA... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. Blackmagic Design製品事例:フィリピンTV5のライブアクションシリーズ「Bella Bandida」の場合