PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. キヤノン、RF/EFレンズシリーズ累計生産本数1億5,000万本を達成
News

キヤノン、RF/EFレンズシリーズ累計生産本数1億5,000万本を達成

2021-02-04 掲載

RF/EFレンズシリーズ群

キヤノンは、同社のEOSシリーズ用交換レンズであるRF/EFレンズシリーズの累計生産本数が世界最多記録の1億5,000万本を達成したことを発表した。

RF/EFレンズシリーズは、銀塩方式のAF一眼レフカメラEOSシリーズ用の交換レンズとして、1987年に宇都宮工場でEFレンズの生産を開始して以来、台湾キヤノン、キヤノンオプトマレーシア、大分キヤノンの4拠点で生産を行い、幅広いユーザーの支持を受け生産本数を伸ばしてきたという。

RF/EFレンズシリーズ累計生産本数推移

これまで生産してきた1億5,000万本を並べると、約12,450キロメートルとなり、地球の直径約12,742キロメートルに迫る長さになる。なお、1億5,000万本目に生産したレンズは「RF70-200mm F2.8 L IS USM(2019年11月発売)」だったという。

1987年に、EOSと同時に誕生したEFレンズは、「USM(Ultrasonic Motor=超音波モーター)」や「IS(Image Stabilizer=手ブレ補正機構)」、「DO(Diffractive Optics=積層型回折光学素子)」など、世界初となる技術を搭載している。

2018年には「EOS Rシステム」が誕生し、大口径・ショートバックフォーカスにより、EOSシリーズの基本コンセプトである「快速・快適・高画質」を実現する「RFレンズ」が加わり、レンズ全体で合計118種類のレンズラインアップを形成し、撮影領域を拡大してきた。

また、これらのレンズ群に支えられ、レンズ交換式デジタルカメラは2003年から17年連続でシェア世界No.1、2019年9月にはレンズ交換式カメラEOSシリーズが累計生産台数1億台を達成している。


[ Category : ]
[ DATE : 2021-02-04 ]
[ TAG : ]

関連する記事

キヤノン体感型映像空間を構築メイン

キヤノン、世界文化遺産「百舌鳥・古市古墳群」を体感できる映像空間を構築

キヤノンの発表によると、自治体向けに、歴史・文化資源を活用して地域の魅力を発信する映像空間ソリューションの提供開始を発表した。第一弾として、大阪府堺市が2021年3月13日にオープ... 続きを読む

記事のタイトル

[CP+2021] キヤノン、出展概要を発表。特設サイト「Canon Imaging Channel」を開設し動画コンテンツ配信

キヤノンは、2021年2月25日よりオンライン開催される「CP+2021 ONLINE」に出展する。 同社は、「Catch your Moment. それぞれの一瞬をつかまえ... 続きを読む

EBIZO THEATER NPO法人設立記念公演 「Earth & Human」 by 1→10メイン画像

キヤノン、ボリュメトリック技術と伝統芸能がコラボした市川海老蔵主演・演出ライブ配信に協力

キヤノンは、2021年2月20日19時よりオンラインリアルタイム配信される市川海老蔵 主演・総合演出「EBIZO THEATER NPO法人設立記念公演「Earth & Human... 続きを読む

キヤノン、Canon Creator Society LIVEのアーカイブ配信開始

キヤノンは、2020年12月2日~3日に開催したCanon Creator Society LIVEのアーカイブ配信を開始した。 Canon Creator Soci... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. キヤノン、RF/EFレンズシリーズ累計生産本数1億5,000万本を達成