PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. DaVinci Resolve Studio事例:新作映画「Soorarai Pottru」の場合
News

DaVinci Resolve Studio事例:新作映画「Soorarai Pottru」の場合

2021-02-15 掲載

Blackmagic Designの発表によると、インドのタミル語の新作映画「Soorarai Pottru」がDaVinci Resolve Studioを使ってグレーディングされたという。ベテランのカラリスト、スレーシュ・ラヴィ氏によりグレーディングされた同作は、第78回ゴールデングローブ賞外国語映画賞のカテゴリーで上映される10本のインド映画のうちの1本に選出された。

同作はスーダ・コンガラ氏がメガホンを取り、スリヤー氏が主演を務めた。スリヤー氏は自身が所有する2D Entertainment社でプロデュースにも携わっている。「Soorarai Pottru」は小説「Simply Fly : A Deccan Odyssey」から着想を得ている。ネダマラン・ラジャンガム、通称マアラは、友人や家族の助けと強い意思を武器に、すべてのインド人が飛行機に乗れるよう、世界で最も資本集約的な業界に戦いを挑んだ。同作は、2020年のディワーリー祭の前夜祭と同日にAmazon Primeで公開され、カンナダ語とマレーシア語の吹き替え版も同時に公開された。

カラリストのスレーシュ・ラヴィ氏はこれまでに20本以上の映画、そして150本以上のCMやミュージックビデオのカラーグレーディングを担当。「Soorarai Pottru」では撮影監督のニケス・ボミ氏と協力してルックとフィールを作成した。

ラヴィ氏:この物語は、主人公であるネダマラン・ラジャンガムを中心に進みます。様々な困難に直面した主人公は、怒り、重責、情熱などに向き合いますが、これらの要素をすべて視覚的に表現する必要がありました。これに関して、ニケスは最初から明確なビジョンを持っていました。

同作は2000年代初期が舞台。ストーリー展開とダイナミックなアクションシーンのために、多くのショットがハンドヘルドで撮影された。

年代設定を反映するために、温かみのある雰囲気を設定しました。この物語は15年近く前のストーリーです。必要なカラー、特にその時代の雰囲気を醸し出す色相の範囲は限定されていました。

同作は様々なロケーションと様々な気候で撮影されたため、一貫した温かいトーンを維持することは面白い挑戦でした。グレーディングの主な作業は、撮影中に取り除くことができなかったフレーム内の不必要なカラーを取り除くことでした。同作の雰囲気に必要なトーンを作成するために、この処理は非常に重要ですが、DaVinci Resolveが力を発揮しました。

多くのシーケンスでDaVinci ResolveのPower Windowを使用して、ダイナミックショットに深みを出しました。Resolveの柔軟性により作品に統一性を持たせることができ、ノードベースのワークスペースのおかげで、特にプロジェクトの書き出しの段階で時間を大幅に節約できました。また、DaVinci Resolveに内蔵されたノイズ除去プラグインは、カメラノイズの修正に大いに役立ちましたね。

2000年代初頭の雰囲気を作成するためのドラマチックなアクションシーンや、暖かみのあるカラーパレットに加え、同作では主人公の感情的なストーリーと成長を表現するする必要があった。主人公のマアラは、作中で、泣き、笑い、走り回り、感情を剥き出しにしている。制作陣は、DaVinci Resolve Studioを使ってコントラストを色々と試し、フッテージをよりシャープにすることで、汗と涙のシーンをより感情的に仕上げることができた。

また、同作には多くのVFXショットが含まれているが、DaVinci Resolve Studioがこの助けになったという。

DaVinci Resolveのおかげで、複数のワークフローをテストして、ポストプロダクションの早い段階でワークフローを確立できたので、時間を大幅に節約できました。特にブレンドツールは、スムーズに合成を行う上で重宝しましたね。実際、グレードで合成したショットもあります。

同作は多言語かつ様々な劇場用のプラットフォームで納品する必要があったので、ラヴィ氏は厳しい締め切りと配信用の要件を満たすために、DaVinci Resolve Studioのデリバー機能を活用した。

複数のプラットフォーム用に出力する必要がありましたが、DaVinci ResolveのダイナミックなデリバーUIでは、全体的なワークフローを変更せずに様々な設定でデリバーできるため、この作業を円滑に進めることができました。また、この作品は複数のカメラを使って、多様な設定で撮影しています。Resolveのパワフルなツールを使用することで、コンフォーミングとデリバーを効率よく行うことができました。

全体的に見て、DaVinci Resolveは複雑なシーケンスを最も効率的な方法で扱うためのツールを提供してくれます。Blackmagic Design製品のおかげで、「Soorarai Pottru」をスムーズかつ楽しく制作することができました。当時使用可能だった他のソフトウェアも試したのですが、非常に複雑だった上に、ビギナー用のセットアップには不向きでした。Blackmagic Designの包括的なアプローチは、私の習得過程において非常に役立ちました。DaVinci Resolveを選択して本当によかったと思います。今後カラリストを志す人たちにもお勧めです。


[ Category : ]
[ DATE : 2021-02-15 ]
[ TAG : ]

関連する記事

歯科インプラント教育施設「BITC」

Blackmagic Design製品事例:歯科インプラント教育施設「BITC」の場合

Blackmagic Designの発表によると、中国で最も高名な歯科インプラント教育施設のひとつであるBITC(Beijing-Citident Implant-Dentistr... 続きを読む

Phoenix Sessions

Blackmagic Design製品事例:ジミー・イート・ワールドのコンサート「Phoenix Sessions」の場合

Blackmagic Designの発表によると、ロックバンド、ジミー・イート・ワールドが世界配信したコンサートシリーズ「Phoenix Sessions」の撮影に、URSA Mi... 続きを読む

MixOne Sound

Blackmagic Design製品事例:MixOne Soundのライブ演奏収録およびライブ配信の場合

Blackmagic Designの発表によると、オーディオビジュアルおよびステージ演出を専門とするMixOne Soundが、ライブ演奏の収録およびライブ配信用にBlackmag... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:インディーズのスリラー映画「Outlier」の場合

Blackmagic Designの発表によると、インディーズ映画「Outlier(原題)」が、Blackmagic Pocket Cinema Camera 6Kで撮影され、ポス... 続きを読む

記事のタイトル

Blackmagic Design、roomsとファッション業界に向けた映像制作セミナー共催

Blackmagic Designは、2021年3月16日に、アッシュ・ペー・フランス株式会社rooms事業部と映像制作オンラインセミナーを共催する。 同セミナーでは、DRA... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. DaVinci Resolve Studio事例:新作映画「Soorarai Pottru」の場合