Blackmagic Designは、HyperDeck Studioの新シリーズを発売した。ラインナップと希望小売価格は以下の通り。

Hyperdeck Studio 4K Pro

同シリーズでは、デザインの改良とコーデックのアップグレードに加え、より多くの種類のメディアのサポートが追加された。全モデルは、ProRes、H.264、DNxHDファイルのいずれかで、PCMまたはAACオーディオを収録・再生可能。また、全機種でSDカードおよびUHS-IIカードに対応しており、ProシリーズではSSDをサポートしている。

HyperDeck Studioは、放送品質のビデオファイルを直接SDカードおよびSSDメディアに収録可能。全モデルは、H.264、Apple ProRes、DNxHDファイルのいずれかに、PCMまたはAACオーディオで収録できるとしている。

また、4KモデルはH.265ファイルにも対応。個別収録においては、タイムコードとリファレンスジェネレーターも内蔵しているため、複数のユニットを同期可能。このようなパワフルな機能を多数搭載しているため、HyperDeck Studioは放送、ライブプロダクション、複数画面のデジタルサイネージに最適としている。

Hyperdeck Studio 4K Pro

HyperDeck Studioレコーダーの新モデルは、再設計され、数十種類の新機能を搭載。高位機種は、新しい放送スタイルのフロントパネルコントロールを搭載しており、リアパネルの接続の数が増えているという。

HyperDeck Studioは4機種を展開しているため、あらゆるタイプの作業に対応可能。3G-SDIベースのHD Miniモデルは、H.264、ProRes、DNxHDファイルをSDカードに収録・再生でき、UHS-IIカードまたは外付けUSBディスクを使用する場合は1080、60PまでのSDおよびHDフォーマットをサポート。

Hyperdeck Studio HD Plus

HD Plusモデルは、トランスポートコントロール、フロントパネルヘッドフォンおよびスピーカー、フィル&キー出力に対応した6G-SDI、SDIモニタリングを搭載。1080の60PまでのH.264、2160の30PまでのProResおよびDNxHDに対応。

フルラック幅のHD Proモデルは、HD Plusモデルの機能に加え、2つのSSDスロット、およびクラッチ機能に対応した機械加工のサーチダイヤルを搭載している。4K Proモデルは、H.264、H.265、ProRes、DNxを2160p60までのSD、HD、Ultra HDで収録可能。

HyperDeck Studioは、従来のデッキスタイルのトランスポートコントロールを採用。ジョグ、シャトル、スクロールを実行できるサーチダイヤルなどを搭載している。LCDにはモニタリング用のビデオに加え、正確なオーディオレベルメーターが表示され、VUまたはPPMで切り替え可能。使い慣れたVTR式のコントロールと内蔵LCDスクリーンにより、HyperDeck Studioはすばやい操作が可能なだけでなく、操作方法も簡単に習得できるという。

Hyperdeck Studio HD Plus

HyperDeck Studioの全モデルは、一般的なSDカードおよびUHS-IIカードへの収録をサポート。高額なカスタムメディアは必要ないとしないとしている。Proシリーズは2つのSSDスロットも搭載しているため、2種類のメディアを使用可能。また、外付けUSBディスクにも収録可能。1TBのカードに、H.265では2160の60P Ultra HDで最長58時間、H.264では1080の59.94Pで最長157時間の収録が可能。1枚の1TBのカードにHDで6日間以上、収録可能。

HyperDeck Studioの全モデルはデュアル・メディアスロットを搭載しており、継続的な収録が可能。収録中のカードがフルになると、自動的に次のカードに収録が継続される。ホットスワップ可能なので、フルになったカードを空きカードに交換する間も別スロットで収録が引き継がれるという。

HyperDeck Studioはモデルによって、様々なビデオおよびオーディオインターフェースを搭載しており、3G-SDI、6G-SDI、12G-SDIなど、必要に応じて機種を選択可能。全モデルは、テレビやプロジェクターへの接続用にHDMIを搭載。また、ProおよびPlusシリーズにはSDIモニタリング専用の出力も搭載されており、オンスクリーンステータスにも対応している。ProおよびPlusシリーズは2つのSDI出力を搭載しているため、ProRes 4444ファイルを再生でき、ライブプロダクションスイッチャーでのキーイング用にフィルとキーを同時に出力可能。4Kモデルは10Gイーサネットを搭載しているため、ファイルをネットワークで高速にコピーできるという。

Blackmagic DesignのCEO グラント・ペティ氏は次のようにコメントしている。

HyperDeck Studioの新モデルで、今まで以上に優れたユーザーエクスペリエンスを提供できればと思っています。また、機種間での機能に一貫性を持たせました。HyperDeck Studio HD Miniは、リファレンスおよびタイムコードジェネレーター、H.264、ProRes、DNxでの収録、デュアルメディアスロット、USBディスクへの収録に対応しているため、低位機種であっても非常にパワフルです。非常にエキサイティングですね。